Faculty of 1000:

Faculty of 1000とは

全く新しい論文評価システム

Faculty of 1000は生物医学系の学術研究に対する画期的で新しい評価システムです。 Faculty of 1000 Biologyに続き、2006年からMedicineが加わりました。 Faculty of 1000では、全世界の約4000名の研究者がFacultyメンバーとして毎月読んだ論文で優れたものを推薦します。

Faculty of 1000 の大きな特徴

各分野の研究者は、同僚の評価した論文を知ることによって、データベース検索やレビュー誌に目を通すだけでは見つけることの難しい注目論文をすばやく知ることで、研究効率を加速させることができます。このような評価システムは、引用文献調査など時間のかかる評価を待つことなく、効果的に必要文献に接する機会を提供します。

【評価基準1】Ffa ( The F1000 Article Factor )

4000名のトップリサーチャーである評価者(F1000メンバー)が選んだ論文に、3段階のランキング付けをしています。 各論文の評価は下記の3つからなります。他のF1000メンバーが決定したFfa と合わせて数値が算出されます。

Rating

Value

Increment

  Exceptional

特別注目すべき論文を推薦します

10

3
  Must Read

分野にかかわらず必読文献を推薦します

8 2
  Recommended

各分野の専門家が専門的視点で推薦します

6 1

【評価基準2】カテゴリごとに分類

評価した論文をカテゴリごとに分類します。
Changes Clinical Practice

医療の現場で特別に必読論文と評価されるもの

Clinical Trial

事前定義されたプロトコル従った生物医学研究

Review

新しい洞察や仮説。(通常の文章をサマライズするようなreviewはこの中に含みません)

Technique 実践的/理論的に新しい技術もしくは既存技術が新しい方法で使われているものの紹介
 Novel Drug Target

新薬に関しての提案


評価基準3

端的にまとめられた評価コメントから、どういった点で論文が評価できるのか、その分野に与える影響はどうかということをスムーズに把握が可能です。

 

最新情報

Faculty of 1000 マニュアル

ご利用の際に便利なマニュアルをご用意いたしました。
お申込はこちらから(マニュアルをダウンロードするためのID/PWをメールでお送りいたします)

マニュアル(PDF)

Posted by tatemichi : 2013年2月21日