PierOnline:

ホーム > 収録誌

※2017年1月現在

収録誌

PierOnline収録誌のタイトルリストをExcel形式でダウンロードいただけます。
ぜひご活用ください。

Journal
Book

※2017年1月更新


癌と化学療法社

癌と化学療法
収録年:2004~
日本の癌研究に関するトップクラスの論文を掲載しています。癌化学療法に関心がある方にとって、この雑誌さえみていれば、癌化学療法に関して少なくとも大きな目こぼしはしないと言われる癌の専門誌です。
電子版のみでご購読いただけます。




Biotherapy
収録年:2007~2011
Biotherapy 学会の機関誌です。BRM関係者のみならず、医学臨床研究者、医学・薬学・生物学などの基礎研究者、生物科学、人間科学に関心のある人々にとって有用な情報が満載です。毎号特集が組まれ、総説、特集という構成で成り立っています。

電子版のみでのご購読が可能な雑誌です。


     
Liver Cancer
収録年:2006~2012
臨床・診断・病理による総合討論を加えた症例集です。

電子版のみでのご購読が可能な雑誌です。


     
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease
収録年:2014~
日本消化器内視鏡学会甲信越・北陸支部機関誌。


医歯薬出版社

医学のあゆみ
収録年:2002~
今日の医学動向を伝える総合医学週刊誌です。
医学に関する最新の情報を基礎、臨床の両方から幅広い視点で掲載しています。 論文の要旨だけではなく、内容を表すキーワードが表記されており、見やすい構成になっています。


最新医学社

最新医学
収録年:2003~
毎号ひとつのテーマの特集が組まれています。 原著論文はもちろんのこと、座談会形式での論文も掲載され、ひとつのテーマについて様々な方面からの論文を掲載しています。また、特集以外には、連載しているテーマもあります。


南江堂

外科
収録年:2001~
1937年創刊。外科領域の月刊誌では、いちばん長い歴史と伝統を誇っています。毎号特集が組まれ、外科領域全般にかかわる最新のテーマを選び最先端 の情報を充実した執筆陣により分かりやすい内容で提供しています。一般外科医にとって必要な知識をテーマした連載、そして投稿論文も多数掲載し、充実した誌面を構成しています。


胸部外科
収録年:2010~
1948年創刊。心臓と肺の外科治療、手術手技が中心のこの分野では最も長い歴史と伝統を持つ専門誌です。複数の編集委員(主幹)による厳正な査読を経た投稿論文を主体とした構成。 巻頭の「胸部外科の指針」は、投稿原稿の中から話題性、あるいは問題性のある論文を選定し、2人の討論者による誌上討論を行っています。年3回は胸部外科医にとって必須の特集テーマを設定。また、別途年1回の7月増刊号は、読者が手元においていつでも参照できるまとまった形の企画誌になっています。
その他、第一人者の手術における技術をわかりやすい図で示す「まい・てくにっく」など充実した内容を収載。


  
整形外科
収録年:2010~
1950年創刊。
整形外科領域でいちばんの伝統と読者を持つ専門誌です。読者と常に対話しながら企画・編集していくという編集方針のもとに、年間約300篇にのぼる論文を掲載しています。

その内容は、オリジナル論文、教育研修講座、基礎領域の知識、肩の凝らない読み物、学会関連記事まで幅広く、整形外科医の日常に密着したさまざまな情報を得ることができます。


  
別冊整形外科
収録年:2000~
整形外科領域における今日的なテーマを企画、公募によるオリジナル論文を掲載


内科
収録年:2010~
1958年創刊。
日常診療に直結したテーマを、毎号"特集"として掲載。「診断」「疾患のマネジメント」「治療の進歩」「検査、画像診断」「薬について」「トピックス」など、役立つ情報が多方面から構成されています。

座談会では、特集で話題になっているものを取り上げ、わかりやすく解説しています。また、好評連載は、研修医から経験豊富な先生方にも役立つように工夫した内容を網羅しています。


がん看護
収録年:1996~
がんの医学・医療的知識から経過別看護、症状別看護、検査・治療・処置別看護、さらにはサイコオンコロジーにいたるまで、臨床に役立つさまざまなテーマをわかりやすく解説し、最新の知見を提供するジャーナルです。施設内看護から訪問・在宅・地域看護などの看護の場と領域に特有な問題や、告知、インフォームド・コンセント、生命倫理、グリーフワークといった、患者・家族をとりまく今日の諸課題についてもアプローチをしています。


メディカルレビュー社

Pharma Medica
収録年:2005~
臨床医・薬剤師を対象に、各種疾患治療に関する最先端の臨床学の学術的トピックスを解説しています。医学・薬学の中間領域を目指す学術月刊誌です。 医師の薬学に対する理解を深め、薬剤師にも臨床の啓蒙となる雑誌を基本方針として、近年注目されている臨床薬理学分野からも 高い評価を受けています。誌面は主に、「特集」と「座談会」「対談」で構成されています。


ゲノム医学
収録年:2006~2009
すべての医家を読者対象に、ゲノム医学の最新研究成果から、未来的見地に立った医学的展望まで、ゲノム医学領域の情報を継続して提供いたします。リ レー連載では、テーマを変えながら、掲載しています。


ライフサイエンス出版

薬理と治療
収録年:2008~
創刊以来40年間にわたり医師・研究者から信頼されてきた医薬原著論文投稿雑誌です。各科臨床医、薬剤師、製薬企業の開発担当者および研究者を読者 対象にしています。
薬剤の最新プロファイル論文や疫学、使用法など、治療の実際に役立つレビュー論文ほか、新薬開発論文(非臨床~各相臨床試験)、市販後調査論文を掲載。特定保健用食品に関する、 基礎・臨床研究論文も収載対象としています。本誌はEMBASE、Chemical Abstract Service (CA)のスクリーニング対象誌です。


Therapeutic Research
収録年:2007~
医学、薬学の最新情報を提供する総合月刊誌です。
各科臨床医を読者対象にしています。巻頭では国内外における最新エビデンスの情報やオピニオンを紹介し、学会、研究会など各種シンポジウムの記録や座談会記録なども掲載して います。本誌はEM BASE/Excerpta Medica ならびにChemical Abstract Service(CA)のスクリーニング対象誌に指定されています。


治療学
収録年:2006~2010
内科とその周辺領域における治療理論を臨床に結び付ける総説雑誌です。
各科臨床医を読者対象としています。 毎号特集形式で、進展をとげる病因・病態論から臨床研究の最新知見までを網羅した内容になっています。治療の理論と実践を高い情報密度でまとめ 上げています。治療の位置付けや課題を平明に解説する座談会は好評をいただいています。


COREjournal循環器 CORE Journal循環器
収録年:2012~
臨床現場で生じた10の疑問について、日本の実情を考慮した実践的な方針を提示するオピニオン・ジャーナルです。 取りあげる疑問は、「いま」、「治療現場が直面する」、「未解決のテーマ」に厳選し、現時点での最良の対処法を提示します。 また、疑問の整形、文献検索、重要エビデンスを探し当てるまでの経過を会話形式で紹介しています。 読めば文献検索のコツがつかめ,専門家でなくても"自分で"的確な検索ができるようになります。 試験結果の解釈にとどまらず、「現場で」「具体的に」「どうするか」までの論理展開が分かります。


メディカ出版

ペリネイタルケア
収録年:2006~
お産のあり方が変化を余儀なくされている今こそ、周産期スタッフにはより幅広く深い知識と技術、そして母子に寄り添ったケアが求められています。『ペリネイタルケア』は、最新のトピックス とともに、読者のみなさまにより高度な知識と臨床技術を身に付けていただける特集・連載で構成されています。


ブレインナーシング
収録年:2006~
脳神経看護に関わる方に役立つ内容が写真や図を通して分かりやすく掲載されています。基礎から、最新情報まで幅広く掲載されています。ICUやSCUなどの超急性期看護にかかわるナースややオペナース、循環器疾患病棟のスタッフにもおすすめの一誌です。


オペナーシング
収録年:2006~
麻酔、器械出し、外回り、薬剤、器具・器械などの知識・手技、最新情報など、現場に即した内容を写真や図を用いて分かりやすく解説しています。ベテランナースから新人ナースまで手術の現場に携わる方に必須の一誌です。


ネオネイタルケア
収録年:2006~
新生児医療・看護に関する特集、連載をはじめとし、新生児看護の「今」にまつわる幅広い情報を網羅しています。看護の要点から、最新情報までNICU最前線の話題が満載です。


ハートナーシング
収録年:2006~
『ハートナーシング』は循環器ナースの皆様に必要な情報を「臨床の基礎から最前線まで」を合言葉に写真や図を用いて分かりやすく掲載しています。連載と特集が毎号掲載され、特集で は心疾患看護に役に立つ知識を掲載しています。心疾患看護を極めたい方を応援する一冊です。


     
エマージェンシーケア
収録年:2006~
プレホスピタルから院内まで救急の現場に関わるすべての医療従事者に読んでいただきたい一誌です。救急医療・看護に必須の基礎知識や技術から災害医療などの最新情報まで網羅してお届けしています。


     
インフェクションコントロール
収録年:2006~
病院感染対策は、医療全体にとって非常に重要なテーマであり、やりがいのある仕事です。インフェクションコントロールは病院感染対策に携わるすべての医療従事者を支える専門誌です。「最先端の知見」「確かな現場感覚」をキーワードに実践的で幅広い話題を、第一線で活躍する執筆陣が徹底的に解説しています。


     
透析ケア
収録年:2006~
透析スタッフが確実に身に着けておきたい透析看護手技から合併症対策などスタッフが直面する身近な問題を幅広く取り上げています。新人スタッフの知識向上からベテランスタッフの疑問解決まで臨床現場に寄り添って透析に関わるスタッフをサポートする内容です。


     
消化器外科ナーシング
収録年:2006~
消化器外科領域の病棟看護に携わるナースのための専門誌。現場の視点で必要な知識をカラーのイラストや写真で分かりやすく図解しています。基礎知識を押さえたい方にもステップアップしたい方にもご活用いただける一誌です。


     
泌尿器Care&Cure Uro-Lo
収録年:2006~
高齢社会の到来によりますますニーズが高まる泌尿器ケア。『泌尿器ケア』は術前・術後のケアから退院後のフォロー、在宅での排尿管理も含めて、泌尿器科領域をケアの側面から追求します。 泌尿器科の治療・ケアのベーシックな内容を取りあげる「特集1」とより専門的な知識を集めた「特集2」の2つの特集で、新人さんからベテランさんまでサポートします!


     
整形外科看護
収録年:2006~
新人ナースからベテランナースまでに必要な整形外科の看護に関する知識が掲載された雑誌です。1~2つの特集が組まれています。その他、バラエティに富んだ連載記事、教育講座など整形外科看護に関する幅広い知識が図や写真とともに見やすく掲載されています。


     
眼科ケア
収録年:2006~
『眼科ケア』は、眼科看護師や視能訓練士、眼科コメディカルなど、すべての眼科スタッフのレベルアップをサポートする専門誌です。現場に即した実践的な内容が分かりやすく記載されています。基礎知識から実践力が問われる業務のコツやポイントを「現場発」の視点でお届けしています。


     
眼科グラフィック
収録年:2012~
眼科専門医を目指す若手医師や開業医に向け、臨床で役立つ知識・技術を、豊富なカラー写真でわかりやすく解説。


     
呼吸器ケア
収録年:2006~
呼吸器ケアに関わるスタッフは急性期、慢性期を問わず、幅広く実践的な知識が求められます。今知りたい情報を分かりやすい解説で提供しています。呼 吸ケアスタッフに本当に必要な知識と技術をわかりやすく提供します。チーム医療に携わる幅広い職種の皆さまに最新の情報をお届けする月刊誌です。


糖尿病ケア
収録年:2006~
糖尿病患者様へよりよい指導を行うための知識や技術が満載です。現場での悩みを読者と共に考え、実践に活かせる内容を掲載しています。ベテランから新人まで、糖尿 病療養指導にかかわるすべての方をサポートするテーマが詰め込まれた雑誌です。


ナーシングビジネス
収録年:2007~
より良い病院運営を行うためにはマネジメント力、ビジネスマインドが欠かせません。チーム医療の時代に必要な看護マネジメントをサポートする雑誌です。看護師長や看護部長が現場で困ったことや、知っておきたい情報など、看護管理者に役立つコンテンツが満載です。


リハビリナース
収録年:2008~
リハビリテーション医療は、急性期を脱した患者さんにとってその後の生活の基礎となり、生活の質を左右する重要な役割を果たしています。リハビリナースでは、リハビリの現場で活かせる内容をカラーで図解をし、わかりやすく掲載しています。リハビリの現場に関わるスタッフに必要な基本的な知識から、現場の悩みを解決するヒントになるような内容まで幅広く深い知識と情報をお届けしています。


産業保険看護
収録年:2009~
職場のメンタルヘルス対策などで、人材を大切にする企業の要となる産業看護職が注目されています。しかしながら産業看護職は、企業に最低一人の配置で、孤立しがちです。『産業看護』は実践力を磨き、実務に役立てていただく内容で、一人職場のネットワークづくりや情報収集、自主学習をサポートします。企業の経営、日本の社会にも大きく貢献する産業看護職を支援する専門雑誌です。


脳神経外科速報
収録年:2006~
脳神経疾患治療に関わる全ての医療者が求める現在の第一線の知識と情報や、これからの未来に最も必要な実用・先端情報を分かりやすい図や写真とともにお届けする雑誌です。


バスキュラーラボ
収録年:2006~2013
血管診療に携わる医師や技師にとって、より的確な検査から診断へと導くためのプロセスを毎回、最新の知識とともにお届けしています。日常に役立つ知識や、生かせるテクニックを見やすい写真や、カラーの図解とともに掲載しています。


     
サーキュレーション・アップ・トゥ・デート
収録年:2006~2013
循環器治療における最新の知識や治療法について、写真を多く用い、分かりやすく編集している雑誌です。循環器専門医を目指す研修医から第一線で活躍する先生まで、臨床で活かせるような実践的で実用的な専門誌を目指しています。


     
ニュートリションケア
収録年:2008~
臨床における栄養療法の試行錯誤を掲載し、その試みを共有して蓄積する専門誌です。栄養管理の実践的な知識と技術、栄養ケアのアプローチを確立するための役立つ情報などが図や写真とともに分かりやすく編集されています。


     
スマートナース
収録年:2006~2010
臨床における看護の基礎知識や、現場の悩みを解決する内容が詰まった看護師をサポートする一誌です。その他には、看護師のキャリア・ライフを取り上 げた連載や、精神面でもハードな看護師にとって有用なメンタルに関する連載など幅広く役立つ情報が満載です。


     
プロフェッショナルがんナーシング
収録年:2011~
がん看護の初心者からベテランまで、そして、スペシャリストからジェネラリストまでがん看護に関わるすべての方の役に立つ雑誌です。正しい基礎知識を 図や写真を用いて見やすく分かりやすく掲載しています。また、基礎知識のみならず、最前線の知識をバランスよく得ることができます。その他にも臨床で活躍中の看護師が企画委員に参加 し、現場で求められる情報をタイムリーに提供しています。


     
整形外科サージカルテクニック 整形外科サージカルテクニック
収録年:2011~
整形外科領域の「手術」を徹底して取り上げる新しい専門誌『整形外科Surgical Technique』。教科書には載っていない手術のコツ、ピットフォール、リカバリー法が満載。図やカラー写真を多く使用しています。各手術のエキスパートの技と知恵を凝縮した「手術が見える・わかる専門誌」です。



UniBio Press

     
Current Herpetology
収録年:2005~
Current Herpetologyは、Japanease Journal of Herpetology の継続雑誌にあたります。国内外に分布するあらゆる爬虫両棲類を対象に、生態学、分類学、系統学、行動学、保全生物学などの幅広い分野を扱っており、最新の研究成果を厳密な審査制度を経て、原著論文、短報、総説として掲載しています。


     
Journal of Mammalian Ova Research
収録年:2005~
日本哺乳動物卵子学会の機関誌で、哺乳動物の卵子を中心に周辺領域を含めたテーマを扱う英文誌です。農学、獣医学、医学の各領域を横断し、卵子形成、受精、胚発生、着床、妊娠および遺伝に関する研究、さらには生殖補助医療分野に関する研究および総説を掲載しています。「Minisymposium 企画」では話題のテーマをいち早く取り 上げ、同一テーマに対する数編のレビューを掲載している注目の企画です。


     
Mammal Study
収録年:2005~
Mammal Studyは、日本哺乳類学会が発行する世界最高水準の哺乳類学雑誌です。年4回刊行され、形態学、生態学、保全生物学、遺伝学、分類学、進化学など、あらゆる領域を扱っています。日本哺乳類学会は、本誌をアジアの哺乳類学研究の中心として育ててきました。日本を含むアジア諸国では動物学は往々にして自然史学やマクロ生物学の価値観を欠いていますが、本誌はそうしたアジアの未成熟な動物学を、哺乳類学を通じて刷新するべく挑戦を続けています。


     
Ornithological Science
収録年:2005~
ORNITHOLOGICAL SCIENCEはアジアから世界への鳥類学の架け橋となるべく2002年に発刊された日本鳥学会発行の英文誌です。生態学、行動学、生理学、形態学、分子生物学、保全生物学など鳥類学のあらゆる分野を対象としています。厳密な審査制度によって年間2号約250ページが刊行され、アジアを初めとして世界各地から投稿されてきた最新成果についての質の高い論文が掲載されています。


     
Paleontological Research
収録年:2003~
日本古生物学会の公式雑誌で年4回、英文で発行されています。絶滅種を含む過去の生物だけでなく現世の生物も対象とし、進化、絶滅、分類、系統、生層序、古生態、古生物地理、古環境復元、地球生物学、生物地球化学サイクルなどを始めとする古生物学のすべての研究領域をカバーしています。前誌 Transactions andProceedings of the PalaeontologicalSociety of Japan 創刊以来、日本はもとよりアジア全般の化石生物相に関する分野をリードしてきた雑誌です。原著論文、短報、総説のほか、特集も掲載しています。


     
Zoological Science
収録年:1995~
動物学はいまや、包括的な自然科学の一分野として成長し、動物の多様性と進化の仕組みを様々な視点から追求しようとしています。このような背景にあって、新しいZOOLOGICAL SCIENCEは国際的学術雑誌として、新時代のアイデア、発見、技術、理論的モデルを駆使し、世界の動物学者に対してフォーラムを開くものです。最高級の出版技術と査読システムを通じ、ZOOLOGICAL SCIENCEは動物学の新しいスタンダードとなることを希求しています。


     
Species Diversity
収録年:2012~
日本動物分類学会(The Japanese Society of Systematic Zoology)が刊行する、系統分類学、体系学、種分化、生物地理学、生活史調査などの分野を様々観点から取り上げ、動物種多様性に関する国際的な情報交換の促進を目的とした英文誌です。