RefWorks:

ホーム > 過去のアップデート情報 > 2006年1月 アップデート情報

2006年1月 アップデート情報

RSS Feeds
RefWorksはRSSリーダー機能を追加しました。これによりRSSフィードへのリンクを作成し、RefWorksへダイレクトにこれらのフィードをインポートすることが可能になりました。RSSフィードのページへはSearch(検索)からアクセスすることが出来ます。


PubMed Linking
RefWorksとPubMedの間にシームレスで自動化されたリンキング機能を作成しました。PubMedからインポートしたどんなレコードにもRefWorks上で「PubMed Links」アイコンといくつかのリンキングオプションが表示されます。
  View in PubMed―――PubMedで該当文献の情報を表示させます
  Related Articles―――PubMedで関連文献を検索します
  More by Author Name―プルダウンから著者名を選択し、PubMedで著者名検索を行うことが出来ます

PubMed Linksアイコンは全ての通覧形式(全てのレコード、フォルダ,検索結果など)で見ることが出来ます。

*PubMedリンキングはTool(ツール), Customize(カスタマイズ化)から表示/非表示を設定します。

Advanced PubMed Searching from within RefWorks
「オンラインカタログ・データベース」でPubMedを検索する場合クイックサーチボックスはPubMedのAdvanced tagged searchingをサポートしています。 その他のカタログやデータベースでは従来のクイックサーチ機能でのご利用となります。

Electronic and Print Designations
RefWorks全ての資料タイプにSource type(ソースタイプ)という新しいフィールドが追加されました。
ソースタイプはElectronicかPrintから選択し、資料データをより詳細に定義できるようになりました。
データの全てのフィールドがソースタイプと関連しているわけではないので、
資料をelectronic(電子資料)とPrint(プリント資料)から選択すれば最終的にどれがプリントされたものであるか判別するのに有用です。

Tools(ツール)→Customize(カスタマイズ化)でデフォルトのソースタイプを設定することが可能です。
インポートされた全てのレコードは自動的に指定したソースタイプとなります。

Note: 現在保存している全てのレコードはプリント資料となっています。

Output Style Editor(出力フォーマットエディタ)を利用する時、資料タイプとして使うフィールドに新しい設定項目が追加されました。
Field Settings(フィールド設定)で該当フィールドに下記から選択し、設定を行うことが出来ます。

  ・常に表示する
  ・プリントソースの場合のみ表示する
  ・電子ソースの場合のみ表示する
 

Global Editing of Electronic Resource Information Fields
レコードをインポートしたり、グローバル編集を行う際、Electronic Resource Information(データソース関連フィールド)オプションを利用できます。
この機能では データソースやデータベース名、リンク情報や検索日を1度に変更することが出来ます。

「カスタマイズ化」で「 インポート後、電子ソース関連フィールドのグローバル編集画面を表示させる 」を選択するとインポート完了画面に自動的に電子ソース関連フィールドの編集画面が表示されます。
データベンダーがインポートデータに何らかのデータベース情報を加えている場合は「検索された日付」のようにRefWorks上に表示されます。

さらにグローバル編集機能の新オプションとして電子ソース関連フィールドの4つのフィールドを一度に編集できる機能も追加されています。

Added Customization Options
RefWorksのCustomize(カスタマイズ化)で下記の項目が可能となりました。

 ・RefWorksにログインした時、自動的に指定した特定のフォルダを開くことが出来ます。
 ・デフォルトのレコードソート順を選択できます。
 

Miscellaneous Changes
Search(検索)→Online Catalog or Database(オンラインカタログ・データベース)でインポートした後、インポート完了画面が表示されます。
この画面から「最近インポートされたレコード」フォルダを見ることが出来、必要であればインポートログを見たり情報を追加することが可能です。

Administrative Tool Enhancements
・Administrator CentralとAdministrator Toolに新しい管理者用チュートリアルが追加されました。
・Administrator Centralにスクロールせず簡単に必要な項目にアクセスできるようショートカットを追加しました。
・RefWorksのオンラインヘルプの特定ページにリンクを貼る方法をHelpful Hintに追加しました。

Posted by e-port : 2006年1月 8日