RefWorks:

ホーム > 過去のアップデート情報 > 2007年3月 アップデート情報

2007年3月 アップデート情報

General Enhancements

■ユーザー定義フィールドのリネーム機能 この新しいカスタマイズ機能でユーザーは 5 つあるユーザー定義フィールド(コメント 1 ~ 5 )の名前を変更することが出来るようになりました。変更されたフィールド名はレコードを閲覧、編集および詳細検索のドロップダウン、出力フォーマットの編集時に表示されます。フィールド名の変更は「ツール」→「カスタマイズ化」で行ってください。 これによりユーザーはさらに分かりやすく各文献情報に個人的なメモなどの情報を追加し、管理することが出来るようになります。

■ 上級者篇 チュートリアルの項目追加
「ヘルプ」→ 「 RefWorks チュートリアル上級者篇」で以下 の項目を含む機能のチュートリアルをご覧いただけます。
- レコードの閲覧、印刷、ソート
- 複数レコードの一括編集
- 詳細検索および著者名、キーワード、ジャーナル名検索
-RefGrab-It
-Officeオフライン作業について

■ローカル日付とタイムスタンプ
RefWorks では自動的にあなたのパソコンに設定されている日付 / 時刻設定をデータ作成日付、最終更新日などに反映させます。その都度レコードに日付のデータを入力する必要がなくなりました。

■ Word2007 ドキュメント
ユーザーは、Word2007 のファイルを「 .doc 」拡張子で 「参考文献」の「原稿ファイルから生成」へ アップロードし、 フォーマット化 することが出来ます。ただし 現時点では Write-N-Cite では Word2003(.doc) として保存して利用する必要があります。 Word2007 にも対応した新しい Write-N-Cite の リニューアルは今年後半を予定しています。

RefShare Enhancements

■ RefShare チュートリアルのアップデート
RefShare のチュートリアルがアップデートされ、 RSS フィードやコメント追加 に関する項目が追加されました。

Miscellaneous Enhancements

■ RefGrab-It 使用時の検索日付
RefGrab-It を使用して WEB ページからレコードをインポートする際、検索した日付が自動的にインポートするデータの中に加えられます。

■ Word ファイル上の改行の扱いについて
Word のファイルから RefWorks に改行を含むテキストをコピー & ペーストすると、RefWorks上でも正常に 表示されるようになりました。

■出力フォーマットの編集
出力フォーマットの編集に関する 説明書が「参考文献」の生成エリアから利用できるようになります。このPDFファイルには既存の出力フォーマットの編集、および出力フォーマットの新規作成に必要な基本的な情報 が記載されています。

Posted by e-port : 2007年6月13日