RefWorks:

« 2009年1月 | ホーム | 2009年5月 »

RefMobile

【RefMobile機能】

RefMobileはRefWorksのモバイルPC, 携帯電話、PDA用バージョンです。
日本製の携帯電話機器からもご利用可能です。*フルブラウザ機能対応機種に限る

RefMobileではレコードの閲覧、フォルダの管理とNotesフィールドへデータを追加することができます。
レコードにアクセス、管理するだけでなくRefMobileではSmartAdd機能を利用できます。
SmartAdd機能とはDOIやPubMed ID, ISSN/ISBN番号、著者名、出版年、表題の一部などの情報をもとにWEBを検索して文献情報を入手する機能です。
SmartAddによって見つかった文献情報はRefMobileを通じてあなたのRefWorksアカウントにインポートすることができます。
RefWorksユーザーは以下のURLからRefMobileにアクセスすることができます。

http://www.refworks.com/mobile/
*RefMobileへのアクセスにはグループコードが必要となります。
*現在はShibboleth認証、Athens認証は使用できません。


Posted by e-port : 2009年4月30日

2009年4月のアップデート情報

RefWorksアップデート - April 2009

2009年4月のRefWorksのアップデート内容は下記の通りとなります。
機能のアップデートにあたりプログラムをダウンロードしていただく等の作業は必要ありません。アップデートが完了後にRefWorksにアクセスしていただくだけで最新の機能でRefWorksをご利用いただけます。

■全般的な新機能とアップデート


【RefMobile機能】

RefMobileはRefWorksのモバイルPC, 携帯電話、PDA用バージョンです。
日本製の携帯電話機器からもご利用可能です。*フルブラウザ機能対応機種に限る

RefMobileではレコードの閲覧、フォルダの管理とNotesフィールドへデータを追加することができます。
レコードにアクセス、管理するだけでなくRefMobileではSmartAdd機能を利用できます。
SmartAdd機能とはDOIやPubMed ID, ISSN/ISBN番号、著者名、出版年、表題の一部などの情報をもとにWEBを検索して文献情報を入手する機能です。
SmartAddによって見つかった文献情報はRefMobileを通じてあなたのRefWorksアカウントにインポートすることができます。
RefWorksユーザーは以下のURLからRefMobileにアクセスすることができます。

http://www.refworks.com/mobile/
*RefMobileへのアクセスにはグループコードが必要となります。
*現在はShibboleth認証、Athens認証は使用できません。


【参考文献リストにOpenURLリンクの追加が可能に】

RefWorksに参考文献リスト中にOpenURLリンクを自動生成し書き出す新機能が追加されました。この新オプションは出力フォーマット編集画面で利用することができます。
「当タイプ用に指定されたフィールド」の選択肢の中にAdd OpenURL Linkが追加されています。
記事タイプに関わらずこのフィールドを追加するだけで (追加方法は他のフィールドと同様です)OpenURLリンクは自動的に参考文献リスト中にあなたの機関のOpenURL定義に従って書き出されます。


■その他の改善、変更点

【フォルダ作成に関する変更点】

新規フォルダを作成した後, 自動的にそれまで作業していたページに移動するように変更されました。いままではフォルダの新規作成ページに残ったままになっていましたが、今回の変更で、すぐにもとのページに戻れるようになったのでスムーズに作業を再開することができるようになりました。

Posted by e-port : 2009年4月28日