参考文献リストの作成

参考文献を作成するには3つの方法があります。
・原稿からファイルを作成する方法
・レコード一覧から作成
・Write-N-Citeを使う(おすすめ)

 

【原稿からファイルを作成する方法】

1.
Wordで論文を作成し、引用文献に使用したいレコードのRefID を{{ }}で囲んだ形で記載する。

(例) ここに引用する。{{345;23}}

※RefIDを確認するためにあらかじめ「エクスポート」の機能からデータ一覧を出力しておくと便利です。
エクスポートの方法はこちら→ レコード書き出し

※RefWorks2.0をご利用の場合は、Word文書の保存名は必ず半角英数にしてください。

2.
メニューバーの「参考文献」(@)をクリックします。

3.
出力フォーマットをプルダウンから選択し(@)、「原稿ファイルから生成」(A)にチェックを入れます。
「参照」ボタン(B)をクリックして、1.で作成した原稿ファイル(Word)を選択します。
「参考文献の生成」ボタン(C)をクリックしますすると、参考文献リストが追加された状態で原稿ファイル(Word)がひらきます。

 

 

【レコード一覧から作成する方法】

1.
メニューバーの「参考文献」(@)をクリックします。

2.
・投稿先の雑誌の形式(出力フォーマット)をプルダウンから選択(@)します。
・「レコード一覧から生成」を選択(A)します。
・出力先のファイル形式をプルダウンから選択(B)します。
・出力するレコードを「すべてのレコード」「マイリスト」「フォルダ内のレコード(フォルダを選択)」から選択(C)します。
・ 「参考文献の生成」ボタン(D)をクリック します。

 

 

【Write-N-Citeを使う方法】(おすすめ)

1.
参考文献リストの出力先となる原稿ファイル(Word)をひらいておきます。
メニューバー「ツール」(@)→「Write-N-Cite」(A)をクリックします。
Write-N-Citeのダウンロードページが表示されますので、ダウンロード・インストールを行ってください。

2.
インストールが完了すると、Write-N-Citeのアイコンがデスクトップに作成されます。
ダブルクリックしてWrite-N-Citeを起動すると、ログイン画面が表示されますので
RefWorksのIDとパスワードを入力してログインします。

3.
Write-N-Citeの画面で引用する文献を探し「引用する」(@)をクリックします。
引用する文献の情報が、原稿ファイルに記号で張り付きます。

4.
Write-N-Citeのメニューバーから「参考文献」(@)をクリックします。

5.
参考文献の生成画面が開きます。
出力フォーマットをプルダウンから選択(@)します。
「参考文献の生成」ボタン(A)をクリックすると、原稿ファイルに参考文献リストが追加されます。




SUNMEDIA Co,Ltd RefWorks Manual