| RSS |
e-PortUpDate : e-Port UpDate-suppl.3 2006/9/21配信号 《NPG》 Immunology and Cell Biologyを発行へ!
投稿日時: 2006-09-21 15:28:00 (2317 ヒット)






***********************************************************
[サンメディア:e-Port UpDate-suppl.3]では、
NPG 「Immunology and Cell Biology」発行のお知らせをお送りいたします。
***********************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate suppl.3 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2006/9/21

《NPG》 Immunology and Cell Biologyを発行へ!
────────────────────────────────────

ネイチャー・パブリッシング・グループ(NPG)とオーストラレーシア免疫学会
(ASI)は、両者の提携によって、2007年1月からASIの主力ジャーナル誌Immun
ology and Cell Biologyを発行する点で合意したことを発表しました。
東京に駐在するデイビッド・スウィンバンクス(NPGパブリッシングディレク
ター)は、次のようにコメントしています。
「NPG・ネイチャー・アジア・パシフィックは、アジア太平洋地域で主要な科
学者や臨床医の学会との提携プログラムを進めていますが、今回、Immunology
and Cell Biologyという素晴らしいパートナーが加わりました。」


「質の高さでは十分に定評を得ている同誌をさらに発展させる事業をオースト
ラレーシア免疫学会と共同で行っていくことが決まり、とても喜んでいます。
」ASI会長フィリップ・ホジキン博士は、メルボルンで次のように語っていま
す。「今回の提携についてASI会員の大変な意気込みが感じられます。私たち
のジャーナル誌が、従来よりも幅広い読者の皆さんに読んでもらえるという大
きなチャンスの到来と受け止められているのです。」
Immunology and Cell Biologyのエディターを長い間つとめてきたクリス・パ
リッシュ教授は「今回の提携は、本誌とNPGが発行する免疫学や分子細胞生物
学関連のジャーナル誌が手を結ぶ素晴らしい機会と言えます。
これは、本誌の編集コンテンツを強化し、その国際的な評価を高める上で役立
つと思います」と語りました。
Immunology and Cell Biology (ICB) には、質の高い国際的な研究論文を掲
載し続けてきた75年間の輝かしい歴史があります。
同誌は、免疫学と細胞生物学の広範な領域に焦点を当てており、アジア太平洋
地域での生物学の基礎研究に関する一流ジャーナル誌の一つであることから、
NPGのジャーナル誌ポートフォリオに加わることは理想的だと言えます。今回
の提携は、NPG・ネイチャー・アジア・パシフィックの重要な新事業の一つで
す。同社は、NPGの新設事業部門で、東京、香港、メルボルンにそれぞれ事務
所を置き、地元の科学系学会との提携による質の高いジャーナル誌の制作を目
指しています。(詳細は下記のリンク先を参照してください。)
NPGの免疫学と分子細胞生物学関連ジャーナル誌であるNature Immunology、Na
ture Cell Biology、Nature Reviews Immunology、The EMBO Journal、Genes
and Immunityは高い評価を受けており、ここにICB誌が加わることになります。
この新たな提携関係は、ICB誌に掲載される論文の著者や同誌の読者にとって
も数多くのメリットがあります。
同誌に発表された論文は、現在、1カ月のダウンロードページ数が平均3,000万
ページのnature.comを通じて、幅広い読者層の目に触れることになり、報道の
機会が増え、オンライン先行発表などによって従来よりも迅速に発表されるよ
うになります。
ICB誌は、NPGの強みであるトップクラスの編集知識、先駆的技術、革新的なフ
ォーマット、世界で一流のプロダクションを活用して、国公立、私立の各機関
や政府関係機関に所属する研究者や教育者に最高レベルの情報を提供できるよ
うになります。
NPGのもう一つの重要な強みは、科学界との密接なつながりです。
科学者との共同作業において、その意見に耳を傾け、量より質を重視する姿勢
を貫くことで、NPGは、科学者の情報ニーズに対して革新的ソリューションを
発見できる科学出版のリーディングカンパニーとなっています。
それは、ネイチャーブランドの出版物だけでなく、ICB誌のような提携による
出版物についても言えることなのです。


ASIについて
オーストラレーシア免疫学会(ASI)は、オーストラリア免疫学会(1970年創
立)とニュージーランド免疫学会(1975年創立)が合流して、1991年に設立さ
れ、オーストラレーシア地域での免疫学研究の振興と支援を設立目的としてい
ます。同学会は、人間と動物の臨床免疫学、実験免疫学、細胞免疫学、分子免
疫学を対象とした裾野の広い学会です。
同学会は、オーストラリア、ニュージーランドやその他の国々での情報交換や
共同研究のためのネットワークとなっています。
詳しいことは、
www.wehi.edu.au/collegiate/ASI/index.htmlをご覧ください。

その他の詳細につきましては、サンメディア e-Port(e-port@sunmedia.co.jp)
までお問合せください。

--------------------------------------
NPG ネイチャー・アジア・パシフイック
E-mail : institutions@naturejpn.com
Tel : 03-3267-8769



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2006 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘



カテゴリ表示[ニュース]
サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール