| RSS |
e-Port World Flash : e-Port World Flash No.10 2007年10月30日配信号
投稿日時: 2007-10-31 08:51:55 (2292 ヒット)



*************************************************
●第9回図書館総合展 11月7日(水)〜11月9日(金)に出展し、
セミナー、プレゼンテーションを開催いたします。
ぜひご参加ください。
http://www.sunmedia.co.jp/information/2007toshokanten.pdf

▼満員御礼▼
サンメディア主催フォーラム:
第4回図書館と著作権-利用者の立場から
「著作権法改正の最新動向について」は、お陰様で満員御礼となり
ました。これからのお申込みにつきましては、キャンセル待ちと
させていただきます。何卒ご了承くださいませ。
*************************************************

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.10 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2007/10/30

◎コンテンツ◎

■出版社関連■
【 1 】アメリカ出版協会、PRISM連合を結成
【 2 】Rockefeller University Press、PRISMを批判
【 3 】IMS Health、Wolter Kluwer Health、Verispan LLC、メーン州及びバ
ーモント州を相手に訴訟
【 4 】Springer、韓国の8学会と出版契約
【 5 】Springer社、レファレンス資料100冊目を刊行
【 6 】Annals of Oncology誌、2008年から日本臨床腫瘍学会刊行雑誌に

■オープンアクセス関連■
【 1 】DRIVER、LIVERと提携
【 2 】CIHR、オープンアクセスの新方針を開陳
【 3 】CARL、CIHRの新方針を歓迎
【 4 】Google Book、My Libraryの新機能を付与

■インターメディアリー関連■
【 1 】Swets、投資会社に売却
【 2 】Reprint Desk、NPGとPDFデリバリーの契約
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■出版社関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】アメリカ出版協会、PRISM連合を結成
http://www.publishers.org/main/PressCenter/PRISMLaunch.htm
http://www.springer-sbm.com/index.php?id=291&backPID=11954&L=0&tx_tnc_news=3665&cHash=0c955b5ca7
アメリカ出版協会(AAP)の専門・学術出版部会(PSP)ではPRISM連合(Partn
ership for Research Integrity in Science and Medicine)を打ち立て、ア
メリカ政府による学術出版への干渉政策に反対していく方針を固めた。同連合
の趣旨は政府の干渉により、これまで出版社が金銭的に肩代わりしてきた査読
システム、配給、アーカイブ化などを含めて学術出版のサイクルが危機に陥る
というもの。
Springer社でもPRISMの主張に沿った形で、NIHの「公共アクセス指針」(Publ
ic Access Policy)に反対する声明を発した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】Rockefeller University Press、PRISMを批判
https://mx2.arl.org/Lists/SPARC-OAForum/Message/3941.html
http://www.arl.org/bm~doc/issue-brief-aap-pr-prism.pdf
http://www.the-scientist.com/blog/display/53584/
アメリカ出版協会(AAP)のメンバーであるRockefeller大学出版の常務取締役
Mike Rossner氏は、PRISMが主唱する学術出版への政府干渉に関する声明に疑
問を投げかけ、これが必ずしも同協会、全メンバーの意見を反映していないと
異議をとなえた。氏が反対しているのは以下の点、1.オープンアクセスが現
行の査読システムの破壊に繋がるという主張、2.公共アクセスは政府の検閲
に等しい、3.政府は出版社の知的財産を剥奪せんとしている。
それに引き続き、米国研究図書館協会(Association of Research Librarie
s)でもこれに似た論旨で、PRISMの主唱に反対する声明を出した。
また、同様にPRISMの声明に不満のコロンビア大学出版、常務取締役のJames
D. Jordan氏が専門・学術出版部会(PSP)の幹部審議会を辞任、ケンブリッジ
大学出版の常務理事であるStephen Bourne氏もPRISMを公に批判した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】IMS Health、Wolter Kluwer Health、Verispan LLC、メーン州及びバ
ーモント州を相手に訴訟
http://www.wolters-kluwer.com/WK/Press/Product+Press+Releases/2007/Aug/pr_29Aug07a.htm
IMS Health、Wolter Kluwer Health、Verispan LLCの3社は共同で、メーン州
とバーモント州相手に訴訟したが、その理由は、両州において、患者に対する
医師の処方箋情報収集とその公開を禁じる新しい法令が2008年1月1日から有効
となるため。これらの法令はニューハンプシャー州の「処方箋情報拘束法」に
基づいているが、2007年4月に違憲判決を受けていた。原告側では、メーン州
とバーモント州の法は、医療機関とその実践に関する透明性へと向かっている
全国的な動きに反している、と主張している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】Springer、韓国の8学会と出版契約
http://www.springer-sbm.de/index.php?id=291&backPID=132&L=0&tx_tnc_news=3635&cHash=fb428d1b81
Springerでは今年前半にかけて、韓国の8学術協会とその雑誌の出版契約を結
んできたが、実際の刊行は2008年から開始される予定。提携した学会は、韓国
土木技師学会、韓国機械工学学会、韓国繊維学会、韓国薬剤学会、など。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】Springer社、レファレンス資料100冊目を刊行
http://www.springer-sbm.de/index.php?id=291&backPID=132&L=0&tx_tnc_news=3663&cHash=815afaddd2
Springer社のレファレンス資料刊行が100冊目に達した。レファレンスは、百
科事典、ハンドブック、その他の参考資料からなっており、冊子体とオンライ
ン版とがある。電子版のeReferencesは、今年のフランクフルト開催のブッ
ク・フェアにて展示される予定。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】Annals of Oncology誌、2008年から日本臨床腫瘍学会刊行雑誌に
http://www.oxfordjournals.org/news/2007/09/19/the_european_society_for_medical/the_european_society_for_medical.html
Annals of Oncology誌は欧州腫瘍学会を代表してOxford大学出版で刊行されて
きたが、2008年から刊行先は日本臨床腫瘍学会が行うことになった。これによ
り同メンバー全員にとって、この誌名へのオンラインアクセスが可能となる。

■オープンアクセス関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】DRIVER、LIVERと提携
http://www.driver-support.eu/multi/news.php?la=en
欧州委員会による、「欧州における研究のためのデジタルリポジトリ基盤ビジ
ョン」(DRIVER: Digital Repository Infrastructure Vision for European
Research)という率先運動は、新たに、ヨーロッパ研究図書館協会(LIBER、t
he Association of European Research Libraries)の賛同を獲得、欧州全体
で共有できるデジタルリポジトリとその基盤に向けて協力体制を構築していく
ことになった。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】CIHR、オープンアクセスの新方針を開陳
http://www.cihr-irsc.gc.ca/e/34851.html
カナダ保健研究所(CIHR)ではその助成金を得た研究者に対して、刊行後6ヶ
月以内に論文が無料公開しなくてはならないという新方針を明らかにした。こ
れが施行されるのは2008年1月1日以降。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】CARL、CIHRの新方針を歓迎
http://www.carl-abrc.ca/new/pdf/carl_press_release-cihr.pdf
カナダ研究図書館協会(CARL)はカナダ保健研究所(CIHR)のオープンアクセ
ス指針である、「研究結果へのアクセスに関する方針」を歓迎した。CIHRは、
カナダの医療研究基金面で責任のある主要な政府機関。CARLでは当方針履行に
向けてCARLと働き合い、他の助成金機関もこれに従うよう努力していくつもり
だ。CARLはカナダの研究図書館において指導的団体であり、そのメンバー図書
館として、27大学図書館、議会図書館、カナダ国立科学技術情報機関(CIST
I)が参加している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】Google Book、My Libraryの新機能を付与
http://www.google.com/intl/en/press/annc/booksearchlibrary.html
Google Bookではユーザーの需要に応え、My Libraryという新機能を新たに設
けた。エンドユーザーはこれを利用して、選択した書籍や論文をリスト化し、
これを評価したり他者とシェアすることができる。

■インターメディアリー関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】Swets、投資会社に売却
http://www.swets.com/web/show/id=46021/langid=42/contentid=182
Royal Swets & Zeitlinger社はその株主の了承を得て株式のすべてを投資信託
会社であるGilde社に売却することになったと発表。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】Reprint Desk、NPGとPDFデリバリーの契約
http://www.reprintsdesk.com/main/news.aspx
Reprint DeskではNature Publishing Group(NPG)と契約、これにより、NPG
で出版する冊子体、電子体ジャーナルから論文単位でのPDFデリバリーが可能
となった。



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止をご希望の方はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/qm5al3o92ihPZUGp/
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.



カテゴリ表示[ニュース]
サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール