| RSS |
e-Port World Flash : e-Port World Flash No.14 2008年2月12日配信号
投稿日時: 2008-02-13 08:45:08 (2395 ヒット)


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.14 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2008/2/12

◎コンテンツ◎

■出版社関連■
【 1 】NEJM誌、オリジナル研究論文へのアクセスをOA化
【 2 】Neuroethics誌、2008−2009年刊行するすべての論文を無料公開
【 3 】AAP、NIHの論文投稿義務化を疑問視
【 4 】STMもNIHの新方針に不満の表明
【 5 】Nature誌のアーカイブがオンライン化
【 6 】Thomson Scientific、Journal Citationフォーラムの場を設置
【 7 】Thomson Scientific、研究者のためのResearcherID.comを開始
【 8 】Wiley-Blackwell、Cochrane Collaborationとの共同出版契約更新

■オープンアクセス関連■
【 1 】BioMed Central、Parasites & Vectors誌を新たに刊行
【 2 】マンチェスター大学、Googleに匹敵するサーチエンジン公開
【 3 】Google、科学者のためにデータストレージを提供

■図書館関連■
【 1 】Subito、論文の電子送信に関してSTM出版社と合意

■インターメディアリー関連■
【 1 】ProQuest、RefworksLLC社を買収
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■出版社関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】NEJM誌、オリジナル研究論文へのアクセスをOA化
http://www.library.yale.edu/~llicense/ListArchives/0712/msg00069.html
NEJM誌では2001年以来、オリジナル研究論文に関して刊行6ヶ月後にその
アクセスを無料化していたが、これまでは当ウェブサイトでの登録をする必要
があった。2007年12月19日付けで、登録なしでだれでも無料アクセスができる
ように方針を変更した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】Neuroethics誌、2008−2009年刊行するすべての論文を無料公開
http://www.springer.com/west/home/philosophy?SGWID=4-40385-70-173736907-0
Springer社刊行雑誌、Neuroethicsは神経障害症の新治療に関する倫理的
諸問題を主に扱っているが、2008年から2009年にかけては出版するすべての
論文を無料公開することに決定した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】AAP、NIHの論文投稿義務化を疑問視
http://www.publishers.org/main/PressCenter/NIHMandatoryPolicy.htm
アメリカ出版協会(AAP)は2008年度歳出予算案の一条項として制定されたNIH
アクセスポリシーの義務化を批判し、これが学術出版及び知的財産権に及ぼす
否定的効果に関する懸念を引き続き議会に訴え続けるつもりであると発表を
行った。同協会の行政法務課副社長であるAllan Adler氏は、このポリシーは
議会による審査過程なしに決定されたに過ぎない、と語っている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】STMもNIHの新方針に不満の表明
http://www.stm-assoc.org/home/stm-comments-on-u-s-national-institutes-of-health-unfunded-m.html
国際STM出版協会ではNIHの新方針に関して失望の意を表明し、当方針が出版社
が各論文草稿与えた付加価値を考慮しておらず、また、NIHによる長期期間
による組織的なアーカイブ化にかかる資金と維持費を割り当てていないこと、
さらに、著作権という知的財産をも損なうものであると批判した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】Nature誌のアーカイブがオンライン化
http://www.nature.com/press_releases/nature_archive.pdf
Nature誌は1869年にはじめて刊行されてから1949年にいたる80年間のすべての
論文のオンライン化を完了した。全4000号に及び約18万論文が記載されている
が、これにより同誌の全デジタル化をまっとうすることになった。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】Thomson Scientific、Journal Citationフォーラムの場を設置
http://scientific.thomson.com/press/2008/8428387/
Thomson Scientificでは学術雑誌の影響度を測る指標をあらゆる側面から議論
するオンラインプラットフォームとしてCitation Impact Forumを開始したと
発表した。当フォーラムでは議論の場を設定しただけでなく、書誌事項査定
学者や研究者、出版社など業界のリーダーたちとの会談やコメントも特集する
予定。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】Thomson Scientific、研究者のためのResearcherID.comを開始
http://scientific.thomson.com/press/2008/8429910/
Thomson Scientificでは研究者のための個人証明(ID)を作成する場として
ResearchID.comというウェブサイトを打ち立てたと語った。各研究者はその
個人証明番号を作成することにより、自己のホームページや履歴書、大学の
紹介ページなどに利用でき、この識別子をリンク化することで論文の引用
データやタグやキーワードのアップデートの自動化を可能にする。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 8 】Wiley-Blackwell、Cochrane Collaborationとの共同出版契約更新
http://www.blackwellpublishing.com/press/pressitem.asp?ref=1589
Wiley-Blackwell社はコクラン共同計画(Cochrane Collaboration)との契約
を更新し、Cochrane Libraryを継続して出版していくことを公表した。

■オープンアクセス関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】BioMed Central、Parasites & Vectors誌を新たに刊行
http://www.parasitesandvectors.com/info/about/
BioMed Centralでは寄生生物学を扱った雑誌、Parasites & Vectorsを新たに
刊行した。当オンライン雑誌に刊行されるすべての論文は無料公開されるが、
著者が各論文の著作権を保持している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】マンチェスター大学、Googleに匹敵するサーチエンジン公開
http://www.manchester.ac.uk/aboutus/news/display/?id=130085
Intuteオンラインサービスは英国情報システム合同委員会(JISC)と芸術・
人文科学研究会議(Arts & Humanities Research Council)が出資して4学術
部門にわたりウェブ上の情報を収集し教育機関に無料提供しているものだが、
当サービスの執行部門であるマンチェスター大学では1月末にGoogleに匹敵
するサーチエンジンを公開すると発表した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】Google、科学者のためにデータストレージを提供
http://www.searchenginejournal.com/google-to-offer-terabytes-of-free-database-storage-to-scientists/6273/
Googleでは科学者がその研究データをデポジットできるテラバイトものオンラ
インストレージを間もなく無料提供すると発表。当サービスは現在Palimpsest
として知られており、2007年8月にその意図が公表されていた。

■図書館関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】Subito、論文の電子送信に関してSTM出版社と合意
http://www.stm-assoc.org/home/stm-boersenverein-and-subito-agree-on-framework-for-electron.html
ドイツの図書館コンソーシアムであるSubitoはドイツ国内外のSTM出版社と
交渉を重ねた結果、ドイツ語圏内における学術論文コピーの電子送信に関して
合意を得るに至った。

■インターメディアリー関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】ProQuest、RefworksLLC社を買収
http://www.proquest.com/pressroom/pressrelease/08/20080118.shtml
Cambridge Information Group(CIG)の1部門であるProQuestはRefworks
LLC社を買収したと発表を行った。CIGは2001年5月以来RefWorksLLC社の1株主
であり続けたが、今回の買収により、RefWorksを同社の商品COS Scholar
Universeと統合して、世界中の学者があらゆる情報を収集、管理、シェア
できるネットワークを作りあげていくことが可能になった。



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止をご希望の方はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/qm5al3o92ihPZUGp/
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2008 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘



カテゴリ表示[ニュース]
サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール