| RSS |
e-PortUpDate : e-Port UpDate No.32 2008年8月25日配信号《ProQuest》 "根拠に基づく実践(看護)" Evidence Based Practi
投稿日時: 2008-09-04 10:26:54 (2032 ヒット)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate No.32 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2008/8/25 ━━

●コンテンツ●
【 1 】《ProQuest》 "根拠に基づく実践(看護)" Evidence Based Practice
のKey Contents:
Joanna Briggs Institute (JBI)のご紹介
【 2 】《RefWorks》 August2008アップデート
【 3 】《医中誌Web》 2009年利用料金のご案内
【 4 】《JDreamII》 JMEDPlusファイルの更新が月4回になります、他
【 5 】《サンメディア》 Webライブラリーにてソリューションセミナーの
資料を公開しました
【 6 】《サンメディア》 再刊しました!「e-Port World Flash」


☆★∵∴
チーム・マイナス6%@サンメディア



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】《ProQuest》 "根拠に基づく実践(看護)" Evidence Based Practice
のKey Contents:
Joanna Briggs Institute (JBI)のご紹介
────────────────────────────────────
Evidence Based Practiceをキーワードに"根拠に基づく"診療・看護を実践
するために多くのコンテンツがリリースされています。
Joanna Briggs Institute (JBI)
http://www.joannabriggs.edu.au/about/home.php はオーストラリア、
アデレード大学を中心とする国際的な非営利団体で、
54以上の機関が共同で根拠に基づく看護を実践するためのコンテンツを
作成・提供しています。
JBIの対応分野は看護・助産・保健関連分野に特化しており、Evidence-Based
Healthcare の国際的なリーダーとして認識されています。

ProQuestの看護系データベース「ProQuest Nursing & Allied Health
Source」では独自に上記のJBIのコンテンツへのアクセス及び、EBN実践のため
のJBI独自のツール"RAPid"(Prpid Appraisal Protoco lnternet Database)と
"SUMARI"(System for the Unified Management, Assessment and Review of
Information)を使用することが可能です。

詳細のお問い合わせ、および無料トライアルは下記サンメディアe-Portまで
お願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】《RefWorks》 August2008アップデート
────────────────────────────────────
2008年8月にRefWorksの機能がアップデートされました。
内容は下記の通りとなります。
機能のアップデートにあたりプログラムをダウンロードしていただく等の作業
は必要ありません。アップデートが完了後にRefWorksにアクセスしていただく
だけで最新の機能でRefWorksをご利用いただけます。

■新機能、全般的なアップデート
●グローバル編集機能の拡張
特定のフィールドにデータを追加できる「グローバル編集」機能が、今回の
アップデートでさらにデータを移動したり、削除したり、置換したりできる
ようになりました。レコード一覧画面から「グローバル編集」ボタンを
クリックするだけで新たに追加されたオプションを利用することができます。

●非英語、複数の言語を扱う参考文献リストの生成について
RefWorksはすべてのレコードに「Output Language」という新しいフィールド
を追加しました。「Output Language」はデータベース内でそのレコードが
どの言語としてインポートまたは入力されたかを反映します。

この設定は「Output Language」フィールドのドロップダウンから選択
できます。または「ツール」→「カスタマイズ化」でデフォルトの「Output
Language」を設定することができます。これによりRefWorksは複数言語を扱う
参考文献リストのフォーマット作成において重要な別言語の出力フォーマット
を設定することが出来ます。
特定言語専用のフォーマットをレコード内の「Output Language」フィールド
に合わせて参考文献リスト、文中引用や脚注も含めて設定が可能です。
例えば同一論文内で英語の文献とドイツ語の文献を引用した場合、一つの参考
文献リストの中に英語文献、ドイツ語文献を異なる形式で表示することが
できます。

詳しくはヘルプの「Adding Alternate Languages to an Output Style」を
ご参照下さい。

■その他のアップデート
●詳細検索機能のアップデート
RefWorksの詳細検索について空欄のフィールドを検索する機能が追加
されました。キーワードボックスの隣にある「Search for Empty Field」の
ボックスにチェックを入れることによりフィールドが空欄のレコードを検索
することができます。
*ソースタイプ、記事タイプ、RefID、添付ファイル、著者、出版物、Output
Languageは空欄フィールド検索のオプションはありません。

●添付ファイル容量の拡大
レコードに添付できるファイルの容量は今まで1ファイルにつき最大5MBでした
が、今回のアップデートで20MBまで増えました。
また、1アカウントに付き最大5Gまで添付できます。

●「ユーザー」フィールド数の増加
ユーザーが独自に定義できるフィールドの数が5個から15個に増えました。
フィールド名も自由に変更できます。
これらのフィールドはすべてのレコードに対して有効で、カスタマイズした
出力フォーマットにも利用できます。
フィールド名は「ツール」→「カスタマイズ化」で変更できます。

その他のアップデート情報はサンメディアHPでご確認下さい。
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】《医中誌Web》 2009年利用料金のご案内
────────────────────────────────────
医中誌Webの2009年利用料金は据え置きとなります。

詳細はこちらをご参照ください
http://www.jamas.gr.jp/fee09.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】《JDreamII》 JMEDPlusファイルの更新が月4回になります、他
────────────────────────────────────
▼10月より更新頻度が、月2回から月4回になります

JMEDPlusファイルの更新回数は、現在月2回ですが、2008年10月より
月4回に増えます。これにより、収録に要する日数が最大で1週間早くなります。
また、ユーザSDIの検索頻度も"毎週(WEEKLY)"の選択が可能となります。
より速報性と利便性が向上するJMEDPlusをぜひご活用ください。

▼「活用事例のご紹介」が掲載されました

JDreamIIを活用されているユーザーの「生の声」がWeb上に掲載されました。
「どのような場面で活用しているか」「料金や時間などのメリット」
「頻度分析といったJDreamII独自機能の有効活用について」
製造業、製薬業、大学など、様々な業種のユーザー様から生の声を
お届けします。
すでにご活用いただいているユーザー様も、契約をご検討中のユーザー様も
ご参考にしていただける内容です。

「活用事例のご紹介」はこちら
http://pr.jst.go.jp/casestudy/jdream2.html

▼「JDreamニュース」が新しくなりました

JDreamニュースの内容が大幅にリニューアルされました。
お客様活用事例のご紹介や、無料のファイルを活用したパズル、
「JSTスタッフ紹介」など、お客様参加型でより親しみやすい誌面と
なりました。
従来どおり、最新の機能追加・改善情報や研修会のご案内も掲載されます。

このJDreamニュースは、メールでも配信しております。
最新号およびバックナンバーをテキスト形式でご覧いただけます。
配信を希望される場合は、以下のフォームよりお申込みください。
※どなたでもお申込みいただけます。
※「JDream NEWS ONLINE」を選択ください。

https://reg26.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=oer-obsb-22fad13cc614713245d3facba8aabbf1

JDreamニュース 2008年8月号(最新号)はこちら
http://pr.jst.go.jp/jdreamnews/html/200808/vol15.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】《サンメディア》 Webライブラリーにてソリューションセミナーの
資料を公開しました
────────────────────────────────────
今年6月から7月にかけて全国4ヵ所で開催しました「学術情報ソリューション
セミナー」の資料をサンメディアWebライブラリーにて公開いたしました。

各出版社様からの電子ジャーナル・データベースについてのご発表資料や、
サンメディアからのアップデート情報等を公開しております。

セミナーへご参加いただけなかった皆様は、各出版社様からの最新情報を
入手いただけます。ぜひご参照ください。

掲載出版社様
・ProQuest日本支社様
・カルガージャパン様
・NPG ネイチャーアジア・パシフイック様
・IOPP英国物理学会東京事務所様
・Thieme/RSC英国王立化学会様
・ワイリー・ジャパン様

※ご利用にはID/パスワードが必要です。
ご希望の方はこちらよりお申し込みください(無料です)。
http://www.sunmedia.co.jp/cgi-bin/weblib/index.cgi
〜以前ウェブライブラリーにお申込みいただいたお客様へ〜
ID/PW は共通となりますので、再度のお申込みは不要です。

サンメディアウェブライブラリー一覧
http://www.sunmedia.co.jp/modules/mydownloads/singlefile.php?cid=2&lid=46

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】《サンメディア》 再刊しました!「e-Port World Flash」
────────────────────────────────────
しばらく休刊しておりました「e-Port World Flash」を再刊いたしました。
「e-Port World Flash」は世界の学術情報の中から、弊社独自の視点から
選りすぐった情報を月に一回皆様にお届けいたします。

再刊した「e-Port World Flash No.16」(最新号)は8月18日(月)に
配信いたしました。
こちらが配信されておらず、今後の配信を希望される方は
以下フォームよりお申込みください。
https://ssl.formman.com/form/pc/qm5al3o92ihPZUGp/



☆∴☆★∴∵★☆∵∴☆★∵∴★☆∵∴☆★∵∴

チーム・マイナス6%@サンメディア

☆∴☆★∴∵★☆∵∴☆★∵∴★☆∵∴☆★∵∴

お店で簡単に購入できる野菜や飲料。
実は食料品には膨大なエネルギーが使われているのです。
季節はずれの野菜はハウス栽培され、
その暖房費で何倍ものCO2が排出されています。
食料品はフードマイレージという言葉もあるように、
生産・流通から消費まで、輸入に関わるCO2排出を含めると
排出量はトップクラスかもしれません。

私たち消費者に向け、食品に関わらず、製品の製造・流通から廃棄に
どのくらいのエネルギーを費やし、CO2を排出したかを表示する
「カーボンフットプリント」(炭素の足跡)が注目されはじめています。
商品にCO2排出量が表示されるので、
より排出量の少ない商品を選ぶことができます。

「カーボンフットプリント」はすでに欧州で導入が始まっています。
国内での導入はまだ先のことですが、
この商品はどこから運ばれてきたのか、ハウス栽培のものなのかなど
買い物の際に気にかけてみてください。

今月の目標「カーボンフットプリントに注目しよう!」



──────────────────────────────────── 
■担当より
図書館でのレファレンス事例を蓄積し、公開しているデータベース
を紹介します。
そのデータベースをほめまくるブログもあります。

▼「医学系レファレンス事例集」が公開されました(2008年7月16日より)。
http://plaza.umin.ac.jp/~literis/cgi-bin/fswiki/wiki.cgi?page=LITERISian%5FRefDB

国立国会図書館の「レファレンス協同データベース」や、雑誌等に掲載された
事例から、共有することが特に有意義と考えられるものを収集しています。

▼国立国会図書館「レファレンス協同データベース」
http://crd.ndl.go.jp/jp/public/

「データベース検索」に入り、カテゴリの「医学」から検索すると、
医学系のレファレンスを一覧で参照できます。

▼レファ協ほめまくり
http://d.hatena.ne.jp/nachume/
「レファレンス協同データベース」をほめまくるブログです。
------

質問内容も、回答プロセスも、それを共有する事業も、その事業を
ほめまくる人も、全部、興味深い!です。(前田)



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止をご希望の方はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/qm5al3o92ihPZUGp/
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2008 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘



カテゴリ表示[ニュース]
サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール