| RSS |
  
投稿日時: 2007-03-13 15:15:00 (3257 ヒット)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate No.15 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2007/3/13


●コンテンツ●
【 1 】《カルガージャパン》Yearbook of Pediatric Endocrinology 2006
【 2 】《MyiLibrary Medical》新しいコンセプトの電子書籍 優待トライアル
のご案内
【 3 】《Evidence Matters》優待トライアルのご案内
【 4 】《Factiva》優待トライアルのご案内
【 5 】《Serials Solutions》 Central Searchに利用統計機能を追加!
【 6 】《医中誌Web》新機能のリリースと不具合修正のお知らせ
【 7 】《JDreamII》「お客様との集い」開催、JSTPatM試行サービス開始、他


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】《カルガージャパン》Yearbook of Pediatric Endocrinology 2006
────────────────────────────────────
話題の書 Yearbook of Pediatric Endocrinology 2006  (小児内分泌学年
報 2006版)
小児内分泌領域に関する最新知見の抄録を厳選の上提供する年報シリーズの最
新刊、全世界で好評発売中!

この年報(2006年版)は、2005年6月から2006年4月までに一流学術誌に発表さ
れた中から、臨床医や研究者にとって必須でインパクトの高いと思われる秀逸
で斬新な研究成果や文献を12人の責任編集者が分野別(全13分野)に分類・精
選してその抄録を掲載している。本シリーズは2006版で3巻目になるが、今で
は世界各国の関連領域の医師・研究者の間で簡便な情報集として人気を博して
いると共に精度の高い研究資料としても絶大な信頼を得ている。肥満や高血圧、
さらには最近話題のメタボリックシンドローム等内分泌異常や疾患に脅かされ
る小児・児童が急速に増えている日本においても本書は多くの小児科医等の臨
床や研究活動の一助となるであろう。

http://content.karger.com/ProdukteDB/produkte.asp?Aktion=showproducts&searchWhat=books&ProduktNr=232001
Endorsed by the European Society for Pediatric Endocrinology (ESPE)
Editor(s): Carel, J.-C. (Paris); Hochberg, Z. (Haifa);
Society/ies: European Society for Paediatric Endocrinology (ESPE),
X + 224 p., 3 fig., hard cover, 2006 ISBN-10: 3-8055-8110-6 / ISBN-13: 978-3-8055-8110-3

価格:CHF70.00 (円概価 9,000円) 

お問い合わせは(株)カルガージャパン TEL03-3815-1800 FAX03-3815-1802
E-mail publisher@karger.jp


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】《MyiLibrary Medical》新しいコンセプトの電子書籍 優待トライアル
のご案内
────────────────────────────────────
MyiLibrary Medicalは永久アクセス(Perpetual Access)と年間契約(Subscr
iptions)の契約形態があるユニークなオンライン書籍です。
約5000タイトルの中から書籍もしくは分野別のパッケージを選択してご契約い
ただけます。
Harrison's Principles of Internal Medicine, やOxford Handbook等主要な
書籍が収録されてます。

この度MyiLibrary Medicalの優待トライアルを募集いたします。

<優待トライアルの条件>
1.提供機関数は限定いたします。お申込みが多い場合は抽選にて決定いたしま
す。
2.通常よりも長期間(約3ヶ月)の無料トライアルを提供いたします。
3.トライアル終了後はアンケートにご協力をお願いいたします。
4.トライアル終了後正式にご契約いただける場合は、初年度ご契約時に特別デ
ィスカウントを適応します。

お申し込みはこちらから http://proquest.sunmedia.co.jp/trymyi/

詳細は下記e-Portまでお問い合わせください。
商品URL http://proquest.sunmedia.co.jp/myilibrary/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】《Evidence Matters》優待トライアルのご案内
────────────────────────────────────
Evidence Mattersは、インターネットで利用する最も新しいEBMのためのリフ
ァレンスツールです。
1)対象とする文献収集範囲の広さと深さ
2)非常に簡単な操作性
3)検索結果を視覚的に表示し直感的に結果を把握 
以上3点が大きな特徴です。
他のEBMツールに比べると、これまでにない広範なピアレビュー情報を対象と
していること、アップデートの速さと「Ask-a-Question Interface」、検索結
果のリアルタイムカスタマイズや詳細な臨床対象の個体特質の絞込みなど、ユ
ニークな特徴を持っています。
結果はグラフなどで視覚的にわかりやすく表示されます。

<優待トライアルの条件>
1.提供機関数は限定いたします。お申込みが多い場合は抽選にて決定いたしま
す。
2.通常よりも長期間(約3ヶ月)の無料トライアルを提供いたします。
3.トライアル終了後はアンケートにご協力をお願いいたします。
4.トライアル終了後正式にご契約いただける場合は、初年度ご契約時に特別デ
ィスカウントを適応します。

詳細は下記e-Portまでお問い合わせください。
商品URL http://proquest.sunmedia.co.jp/evidence_matters/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】《Factiva》優待トライアルのご案内
────────────────────────────────────
Factivaは、Fortune Global 500社の80%以上で利用されています。

このようなお悩みはありませんか?
○会社、業種、地域に関してのニュース情報を入手したい
○競合会社の株価を比較したい
○顧客情報、業界ニュースをタイムリーに知りたい
↓↓↓↓↓
ファクティバ・ドットコムが解決します。
会社、業種、地域に関する徹底した検索を可能にし、無料のウェブサイトでは
入手できない広範囲にわたるニュースとビジネス情報へのアクセスを提供しま
す。

<優待トライアルの条件>
1.提供機関数は限定いたします。お申込みが多い場合は抽選にて決定いたしま
す。
2.通常よりも長期間(約3ヶ月)の無料トライアルを提供いたします。
3.トライアル終了後はアンケートにご協力をお願いいたします。
4.トライアル終了後正式にご契約いただける場合は、初年度ご契約時に特別デ
ィスカウントを適応します。

お申込はe-Port(e-port@sunmedia.co.jp)まで
商品URL http://proquest.sunmedia.co.jp/factiva/index.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】《Serials Solutions》 Central Searchに利用統計機能を追加!
────────────────────────────────────
Central Searchに利用統計機能が追加されます!
Serials Solutionsの統合検索サービスであるCentral Searchに利用統計機能が追加されます。
これにより図書館員様は利用者がどのような検索パターンで利用しているか、
データベースが投資に見合った利用がされているかを確認できます。

<取得可能な統計例>
■Monthly Search Report
月単位での検索回数、利用回数の統計
■Daily Search Report
日単位での検索回数、利用回数の統計
■Hourly Search Report
時間単位での検索回数、利用回数の統計
■Database Activity Report
各データベースがCentral Search上で何回検索に利用されたか、
また検索に対するヒット件数の平均値のデータ
■Application Usage Report
利用者の検索行動に関する情報。例えば「基本検索と詳細検索
どちらの利用が多いか」、「エクスポート機能やソート機能の利用状況」
などの情報を取得できます。

データは表やグラフで視覚的な表示が可能で利用状況を直感的に把握すること
が出来ます。
アップデートは第二四半期を予定しています。

詳細については下記URLをご覧下さい(英語)
http://proquest.sunmedia.co.jp/ss/csreport.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】《医中誌Web》新機能のリリースと不具合修正のお知らせ
────────────────────────────────────
●2月13日(火)新たな機能がリリースされました。
「筆頭著者と最終著者に限定した検索が可能に」「副標目の直接検索が可能
に」といった各種機能が追加されました。

詳細はこちら
http://www.jamas.or.jp/ver4/v4_03.html#new

●不具合は随時修正されております。
新たな不具合を発見された方は、サンメディアまでご連絡ください。

現在修正中の不具合と修正済みの不具合
http://www.jamas.or.jp/ver4/v4_03err.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 7 】《JDreamII》「お客様との集い」開催、JSTPatM試行サービス開始、他
────────────────────────────────────
●「JDreamIIお客様との集い」が開催されます。
JDreamIIの機能改善等の説明会後、懇親会も開催されます。
皆様ぜひご参加ください。

【大阪】3月12日(月)15:00〜 大阪科学技術センター(終了しました)
【名古屋】3月15日(木)15:00〜 KKRホテル名古屋
【東京】3月22日(木) 15:30〜 学術総合センター 一橋記念講堂

詳細、お申込はこちら
http://pr.jst.go.jp/new/info20070213.html

●JSTPatMの試行サービスが開始されました
2007年3月5日(月)より、大学、大学共同利用機関、高等専門学校向けの特
許・文献統合データベース(JSTPatM)の試行サービスが開始されました。

詳細はこちら
http://pr.jst.go.jp/new/info20070305.html

●JAPICDOCの研修会スタート
JAPICDOCの研修会が3月より開始されます。
【3月開催日時】
3月23日(金)13:30〜16:00 東京

詳細はこちら
http://pr.jst.go.jp/training/jdream2.html

●J-STAGEサービス停止に関するお知らせ
2007年3月16日(金)〜3月18日(日)J-STAGEシステムメンテナンス作業実施のた
め、JDreamIIの各回答データから、JST Link Center経由でのご利用ができな
くなります。 ご迷惑をおかけ致しますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い
申し上げます。

詳細はこちら
http://pr.jst.go.jp/new/info20070301.html



──────────────────────────────────── 
■担当より
3月7日創刊の女性誌「AneCan」を買いましたが、その重さに驚きました(約2
.2kg)。本屋で袋はもらわないようにしているのですが、カバンに入れるのに
レジの前で苦労しました。

デジタル雑誌が最近登場していますが、広告を時間帯によって変えることがで
きる、動画も掲載できる、といったメリット以外にも、重くない、部屋で場
所を取らない、といったメリットもありますね。

◎無料で読めるデジタルマガジン
http://dima.jp/
ファッションやライフスタイル等8誌を無料で読めます。

◎デジタル雑誌@fujisan.co.jp
http://www.fujisan.co.jp/digitalmagazine.asp
「ダカーポ」等28誌のデジタル雑誌の販売他、フリーペーパー「R25」も読めます。(前田)



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2007-02-13 11:55:00 (2481 ヒット)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.2 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2007/2/13
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎コンテンツ◎

■出版社関連■
【 1 】Cenveo,Inc.、Cadmus Communicationsを買収
【 2 】STM、「権利者不在著作物」(Orphan Works)に関する声明発表
【 3 】Karger、著者のためにAuthor's Choiceサービスを開始
【 4 】Thomson Micromedex、A.D.A.Mとの提携で医療情報提供
【 5 】Thomson、EndNote WebとISI Web of Knowledgeの統合提供開始
【 6 】Thomson、論文投稿管理ツールを初公開
【 7 】Elsevier社の学会出版プログラム、2006年には24学会と提携
【 8 】Elsevier、ScienceDirectにFAST ESP採用
【 9 】Elsevier、個別の製薬に関するフルテキスト情報を索引化したデータ
ベース紹介
【 10 】Scopus、主要な協会、商業出版社と契約
【 11 】NPG、Clinical Practice誌上でPractice Point Articleをプリント版
以前に刊行
【 12 】IEEE、電子刊行物アーカイビングにPorticoと提携
【 13 】Wiley社、病院医療学会との提携でInfoPOEMs for Hospitalists誌を
刊行

■オープンアクセス関連■
【 1 】UK PubMed Central、1月からスタート
【 2 】WindowsのLive Search Books、Bowker社Global Books in Printを選択
【 3 】JISCとその他機関共同でEC委員会にオープンアクセスの嘆願書提出

■図書館関連■
【 1 】英国図書館(BL)、出版社のためにデジタル化サービス提供
【 2 】岡山大学、ProQuestと提携して機関リポジトリー公開
【 3 】米国国立医学図書館、Vivisimoを選択
【 4 】テキサス大学オースティン分校、Google Booksに参加

■インターメディアリー関連■
【 1 】「ProQuest CSA 」社スタート
【 2 】Knovel、AIAAと共同事業
【 3 】EBSCO、Live Search AcademicをEBSCO A-toZサービスに取り込み
【 4 】EBSCO、DynaMedデータベースを通じてCME修得提供
【 5 】Swets Information Services、2007年の学術雑誌価格増加率レポート
公開
【 6 】Ingenta、2006年に40出版社加入
【 7 】CSA、学術論文の表やグラフを索引化した商品公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■出版社関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】Cenveo,Inc.、Cadmus Communicationsを買収
http://www.cadmus.com/news/pdf.asp?newsID=79BF61C0-A43E-459A-BD53-8936A067CC3C&/Cadmus%20press%20release.pdf
Cadmus Communications Corporationsは1株$24.75の価格でCenveo,Incに合併
されることに合意した。この合併によりグラフィックコミュニケーション会社
として北米で第三の規模に及ぶことになる

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】STM、「権利者不在著作物」(Orphan Works)に関する声明発表
http://www.stm-assoc.org/documents-statements-public-co/
STM(Int. Assn. for Scientific Tech. Med Publishers)では権利者が不在の
著作物に関しての声明を出し、ユーザー側では利用前に念入りに調査をする必
要があること、調査のための基準や案内を作成しておき、調査記録等を残して
おくこと、作品引用には著者名を明記すること、さらにその後権利者が発覚し
た際には十分な報酬が与えられてしかるべきとしている

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】Karger、著者のためにAuthor's Choiceサービスを開始
http://content.karger.com/services/pdf/PR_Authors_Choice_12-21-06.pdf
Kargerでは1論文あたり$2,500で著者にオープンアクセス選択を与える新サー
ビスとしてAuthor's Choiceを開始した。現在、Author's Choiceの対象誌は以
下の8誌。
Cytogenetic and Genome Research
Dementia and Geriatric Cognitive Disorders
Dermatology
Developmental Neuroscience
European Neurology
Medical Principles and Practice
Neurodegenerative Diseases
Pathobiology

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】Thomson Micromedex、A.D.A.Mとの提携で医療情報提供
http://www.thomson.com/content/pr/tsh/160062?view=Print
Thomson MicromedexではA.D.A.M,Incと提携して医療機関に対して、一般消費
者向けの健康、医薬等の情報(Consumer Health Information )を提供するこ
とを決定したと発表。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】Thomson、EndNote WebとISI Web of Knowledgeの統合提供開始
http://www.thomson.com/content/pr/sci/164002
Thomson社では、そのリファレンスツールであるEndNote WebをISI Web of K
nowledge内で利用し、必要なリファレンスをオンライン上で保存しておくこと
ができるようになったと発表。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】Thomson、論文投稿管理ツールを初公開
http://scientific.thomson.com/press/2007/8360646/
ThomsonではScholarOneのManuscript CentralとWeb of Science、EndNoteを併
用して著者の論文投稿から査読に至るプロセスを簡易化できるツールセットを
初公開した。編集者や査読者はManuscript Centralを利用してクリックひと
つでWeb of Scienceにリアルタイムで連動した引用数、関連論文レコード等
にアクセスできる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】Elsevier社の学会出版プログラム、2006年には24学会と提携
http://www.reedelsevier.com/index.cfm?articleid=1991
Elsevier社では500以上もの学協会と提携してその刊行雑誌の出版をしている
が、2006年においては米国高血圧学会を含めた24学会がこのプログラムに参加
した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 8 】Elsevier、ScienceDirectにFAST ESP採用
http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_00590
Elsevier社はScienceDirectのサーチプラットフォームとしてFAST ESPを採用、
情報検索機能がさらに充実したと発表。Elsevier社ではScopusにもこれを利用
している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 9 】Elsevier、個別の製薬に関するフルテキスト情報を索引化したデータ
ベース紹介
http://www.info.emscopes.com/news/
Elsevierでは個々の医薬品に絞りそのフルテキスト情報を索引化したデータベ
ース、Emscopesを今年の2月から公開する予定。特定の製薬情報索引により、
フルテキスト中に存在する個々の製薬情報、副作用、製薬比較、投薬法や投薬
量に関する情報までを抽出することができる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 10 】Scopus、主要な協会、商業出版社と契約
http://biz.yahoo.com/prnews/070119/ukf010.html?.v=60
ScopusはSpringer、NPG、American Physical Society、American Insitute of
Physics等、主要な協会及び商業出版社と契約し、その刊行雑誌の1巻1号から
の書誌事項をインデキシングしその抄録も加えると発表した。これにより既存
の1500万件のレコード数に新たに700万件が加わる予定。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 11 】NPG、Clinical Practice誌上でPractice Point Articleをプリント版
以前に刊行
http://www.nature.com/press_releases/NCP_adds_AOP.pdf
Nature Publishing GroupではClinical Practice誌として8タイトルを刊行し
ているが、冊子版刊行以前にオンライン上でPractice Point Articlesと題し
た臨床実践に関する論文を公開すると発表した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 12 】IEEE、電子刊行物アーカイビングにPorticoと提携
http://www.portico.org/news/011607.html
IEEEはPorticoと提携して、137の雑誌と163の会議録の電子長期保存を行うこ
とを発表した。Porticoで出版社のソースファイルを標準的なアーカイブフォ
ーマットに変換して保存している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 13 】Wiley社、病院医療学会との提携でInfoPOEMs for Hospitalists誌を
刊行
http://www.wiley.com/WileyCDA/Section/id-301452,newsId-2287.html
http://www.infopoems.com/product/
Wiley社は病院医療学会(SHM)と提携して今年春からInfoPOEMs for Hospital
ists誌を隔月刊行し、Jounrnal of Hospital Medicine誌と一緒に送付される
予定。POEMはPatient-Oriented Evidence that Mattersの略称で、Wiley社は2
005年にInfoPOEM社を買収し、ウェブベースのサービスも提供している

■オープンアクセス関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】UK PubMed Central、1月からスタート
http://www.ukpmc.mimas.ac.uk/
PubMed CentralのミラーサイトとしてUK PubMed Centralが今年の1月から開始
の運びとなった。UKPMCはPMC International(PMCI)リポジトリネットワークの
一部をなし、米国国立医学図書館(NLM)とコンテンツを提供する出版社間の
共同事業の場である。UKPMCではUK Manuscript Submission Systemという論文
投稿(デポジット)の場を提供、UKPMCの資金援助グループから助成金を得た
研究者の論文がこれを通してデポジットされることになる。
UKの資金援助グループ機関は英国保健省、財団Wellcome Trust、医療審議会等
8機関からなり、マンチェスター大学でサーバーを管理、サービス自体は英国
図書館がその推進役となっている

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】WindowsのLive Search Books、Bowker社Global Books in Printを選択
http://www.bowker.com/press/bowker/2007_0116_bowker.htm
Microsoftでは著作権の切れた書籍をスキャンしてフルテキストを提供するサ
ービス、Live Search Books のベータ版を公開しているが、その書誌情報管理
としてBowkerのGlobal Books in Print データベースを選択した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】JISCとその他機関共同でEC委員会にオープンアクセスの嘆願書提出
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2007/01/news_petition.aspx
http://www.stm-assoc.org/home/eu-declines-stms-request-for-meeting.html
英国の情報システム合同委員会(JISC)は、オランダの高等教育支援機関(SU
RF)、ドイツ研究協会(DFG)、デンマークの電子研究図書館(DEFF)はSPARC E
uropeの支援を背後に、EC委員会に対してオープンアクセス方針に関する嘆願
書を提出した。この嘆願書は欧州共同体に対して、他の研究助成金団体の例に
ならってECが資金援助した研究成果としての学術論文を、一定の期間後にオー
プンアクセスアーカイブにデポジットすることを義務とするというもの。さら
に、ヨーロッパの研究結果をアクセス可能としそれに費やされた公的投資を最
大限に活用するための手段として、電子リポジトリ開発に関する欧州全体の方
針と実施も呼びかけている。
EC委員会では2006年1月に研究者、資金援助団体、出版社、図書館員との討議
の結果、今日における学術雑誌市場の分析レポートを刊行、その中で、「欧州
の研究開発の場にあって研究結果への流通とアクセスは欠かせない要素であ
る」とし、その改善のために幾つか勧告をしているが、今回の嘆願書はEC委員
会に対してその是認を迫ったもの。
これとは別に、STM(Int. Assn. of Scientific, Technical & Medical Publis
hers) のCEOであるMichael Mabe氏は、2月15−16日に開催されるEC主催の欧州
学術出版に関する会議に先駆けてEC委員会との会見を申し込んだが、委員会で
はこれを却下している。

■図書館関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】英国図書館(BL)、出版社のためにデジタル化サービス提供
http://www.bl.uk/news/2007/pressrelease20070103.html
英国図書館では学術雑誌のバックファイルのデジタル化を出版社に提供するサ
ービスを開始した。その顧客であるSAGE Publicationsは学術雑誌号数にして2
万冊、計200万頁のスキャンを去年から依頼しており、号数が増えた分だけ現
在では280万頁にも及んだ。出版社にすべてのバックファイルがあるとは限ら
ないので、BLに依頼すればすべて1箇所で処理できるというのがセールスポイ
ントになっている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】岡山大学、ProQuestと提携して機関リポジトリー公開
http://www.il.proquest.com/pressroom/pressrelease/07/20070112.shtml
岡山大学では2006年にProQuest と提携し、同社のサービスDigital Commonsを
利用した機関リポジトリーを公開し始めた。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】米国国立医学図書館、Vivisimoを選択
http://vivisimo.com/html/nlm-20070117
米国国立医学図書館(NLM)はその消費者向け医療情報サイトやMedlinePlusで
のサーチプラットフォームの十全化を図るためとしてVivisimoを選択。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】テキサス大学オースティン分校、Google Booksに参加
http://www.lib.utexas.edu/about/news/google/
Google Booksの図書館プロジェクトは2004年の12月に開始されたが、今回テキ
サス大学オースティン分校がこれに加わった。予定では同大学図書館から100
万冊がデジタル化される。著作権のある書物に関してはユーザー側では書誌情
報とともに所蔵先図書館或いはどこで購入できるかという情報をアクセスでき
る。デジタル化を希望しない著者ないし出版社はこの企画から除外される。

■インターメディアリー関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】「ProQuest CSA 」社スタート
http://www.il.proquest.com/promos/product/proquestupdate.pdf
ProQuest社とCSA社は、正式に合併し「ProQuest CSA」社としてスタートした。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】Knovel、AIAAと共同事業
http://www.knovel.com/knovel/mediakit/pressreleases/Knovel_AIAA_Final_Release.htm
Knovel社では顧客の要望に応じて、AIAA(Am. Inst. Of Aeronautics and Ast
ronautics)とそのコンテンツに関して共同事業をおこない、航空宇宙学分野
の情報強化に取り組むことになった。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】EBSCO、Live Search AcademicをEBSCO A-toZサービスに取り込み
http://www.ebsco.com/home/whatsnew/ebsco_inst.asp
EBSCOは顧客サービスとしてLive Search AcademicをOpenURLソースとして取り
込み、顧客側ではその検索結果らかリンクリゾルバーを通してそのオンライン
リソースにリンクできるようになったと発表

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】EBSCO、DynaMedデータベースを通じてCME修得提供
http://www.ebsco.com/home/whatsnew/physicians.asp
医療関係者の継続教育目的のため、EBSCOは医学継続教育(CME)をDynaMedデー
タベースを通して継続教育の履修獲得ができるようになったと発表した。この
CMEでは米国家庭医学学会(AAFP)と米国医学協会(AMA)提供のプログラムが選
択できるようになっている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】Swets Information Services、2007年の学術雑誌価格増加率レポート
公開
http://informationservices.swets.com/web/show/id=52169
Swetsでは雑誌刊行先を世界で12地域に分け、人文学、医学、科学、社会科学、
テクノロジーの5分野において2007年の雑誌価格増加率を割り出したレポート
を公開した。調査ではできる限り出版社導入の価格増加からその割合を出そう
としているが、為替相場もそれに関連すると記している。12地域の平均上昇率
は国内価格で6.63%、国外価格で6.66%、五分野において一番上昇率が高いの
はアメリカで次にイギリス…の順になっている

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】Ingenta、2006年に40出版社加入
http://www.ingenta.com/corporate/company/news/trade/double_signings.htm
IngentaはIngentaConnectに41社加入しており、すべてその提携契約を延長し
たこと、さらに、2006年には新たに40社が加わったと発表。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】CSA、学術論文の表やグラフを索引化した商品公開
http://www.csa-japan.com/
Illustrataは、学術文献に含まれているテーブル、写真、イラストレーション、
地図、グラフなどのイメージファイルを索引化して、Webでアクセスできるよ
うにした。



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.


投稿日時: 2007-02-01 15:14:00 (2472 ヒット)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate No.14 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2007/2/1

●トピックス●+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

最新の目次情報を自動収集!

PierOnline収載誌、Webで公開されている商業出版誌(130誌以上)の目次情報を
RSSで配信いたします。簡単な設定で、最新の目次情報を自動で収集すること
ができます。
↓↓↓ぜひご活用ください。↓↓↓(画面左下の「RSS ICON」をクリック)
http://www.pier-online.jp/
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


●コンテンツ●
【 1 】SerialsSolutions懇談会 Midwinterセミナーのご案内
【 2 】《RefWorks》CiNiiからのダイレクトエクスポートが実現!他
【 3 】《Serials Solutions》タイトルリストに「分野」情報が追加
【 4 】《医中誌Web》 サービス一時停止とVer.3クローズのお知らせ
【 5 】《JDreamII》 中国文献データベース(JSTChina)2007年2月5日スタート
/無料研修会 札幌開催のご案内
【 6 】《Loansome Doc》PubMedからの文献オーダーシステム


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】SerialsSolutions懇談会 Midwinterセミナーのご案内
────────────────────────────────────
SerialsSolutionsなどのリンクリゾルバーは、電子リソースを利用する際に、
なくてはならないツールとなりつつあります。
この度弊社では、ProQuest IL社よりLibrary Solutions Specialist(Serials
Solutions/Digital Commons担当)のRichard Levy氏を招き講演をしていただ
くことといたしました。その後の懇談会では、直接皆様よりご意見やご要望を
いただき、膝を交えた議論ができればと思っております。

リンクリゾルバー・統合検索・ERMS・機関リポジトリーなどにご興味がある方、
他のサービスをご利用中でもご興味がある方、最新情報を入手されたい方、皆
様ご参加いただけます。

ご多用中とは存じますが、是非本懇談会にご出席願えればと存じます。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

【東京会場】----------------------------------------------------------
◆日時:2007年2月7日(水)14:00〜17:00 (13:30より開場・受付開始)

◆内容:
  ○講演会 進化するSerialsSotlutions(仮)  
  Serials Solutions/Digital Commons担当 Richard Levy氏
  ○懇談会

◆会場:ベルサール三田 Room2
    東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館 1F
↓アクセスのご案内 
 http://www.sumitomo-rd.co.jp/building/kaigishitsu/bs_mita.html#annai


【大阪会場】----------------------------------------------------------
◆日時:2007年2月9日(金)14:00〜17:00 (13:30より開場・受付開始)

◆内容:
  ○講演会 進化するSerialsSotlutions(仮)  
  Serials Solutions/Digital Commons担当 Richard Levy氏
  ○事例報告 
       国立大学法人 岡山大学 学術情報部情報管理課電子情報係 北條充敏氏
  ○懇談会 

◆会場:千里ライフサイエンスセンター 902号室
↓アクセスのご案内 
    http://www.senri-lc.co.jp/access.html

大阪会場では岡山大学の北條様より、「SerialsSolutionsユーザー事例・機関
リポジトリの今後の展望について」の発表を予定しております。
北條様は2007年1月12日(金)にProQuestIL社の本社を訪問され、機関リポジ
トリのシステムであるDigital Commonsについてミーティングをされました。
その様子が、プレスリリースとしてご紹介されております。
是非ご覧ください!
プレスリリースhttp://www.il.proquest.com/pressroom/pressrelease/07/20070112.shtml
プレスリリース日本語訳http://proquest.sunmedia.co.jp/sun/midwinter_seminar/release.doc
---------------------------------------------------------------------

◆お申し込み
メール(e-port@sunmedia.co.jp)もしくはファックスでお受けしております。
下記をご記入の上でお申し込みください。

・会社名/ご所属
・ご芳名(複数の場合は、複数名ご記載ください)   
・ご連絡先
・SerialsSolutionsへのご意見、ご要望

東京会場申込用紙ダウンロードhttp://proquest.sunmedia.co.jp/sun/midwinter_seminar/tokyo.doc
大阪会場申込用紙ダウンロードhttp://proquest.sunmedia.co.jp/sun/midwinter_seminar/osaka.doc


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】《RefWorks》CiNiiからのダイレクトエクスポートが実現!他
────────────────────────────────────
2007年1月15日(月)CiNiiはシステム改修により、他のシステム(図書館OPAC、
リンクリゾルバ等)とのシステム間リンクが行いやすくなりました。

RefWorksもこちらのリンク先設定機能によりCiNiiの情報をクリック一つでイ
ンポートできるようになりました。
設定はCiNiiの管理機能で行います。
設定方法はこちらをご参照下さい。 http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/org_linksetting.html
ベースURL http://www.refworks.com/express/expressimport.asp
OpenURLのバージョンは、1.0を選択してください。
アイコンは弊社のダウンロードサイト
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/pdf/
でご用意しております。

RefWorksはOpenURLでのデータインポートに対応しております。
図書館システム、リゾルバーなどからのOpenURLでのデータインポートの構築
も可能です。
設定方法についてはお問い合わせ下さい。

現在Direct Export機能を備えたサービスは30を超えました。
リストはこちらをご覧下さい。
http://www.refworks.com/content/products/direct_export.asp

またCiNiiはRefer/BibIX形式で保存したデータもインポート可能です。
詳細はこちらをご覧下さい。http://www.csa-japan.com/support/rw/cinii_refer.pdf


★RefWorks活用Tips 管理者機能 「お気に入りリストの設定」

機関内で利用可能なインポートフィルターを任意のメニューでまとめて表示さ
せることができます。
データベースによってはダウンロード形式を選ばないといけないものもあるた
め、あらかじめデータベース名の横に形式も併記し、利用者にお知らせするこ
とが可能です。
例:医中誌Web[タグ付き形式]、JDream?[検索式つき]、CiNii[Refer/BibIX形
式] 等

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】《Serials Solutions》タイトルリストに「分野」情報が追加
────────────────────────────────────
Serials Soutionsの管理者画面(Client Center)からダウンロードできるタ
イトルリストのデータに、Journal Subject(分野)の情報が追加されまし
た!

Serials Solutionsに登録しているタイトルリストのデータをダウンロードし
て加工利用する際、分野毎の並び替えや抽出などが可能になり、大変便利にな
りましたので是非ご利用下さい。

Client Center(Data on Demand)からCSVレポートをダウンロードする際、Rep
ort Formatとして以下からレポートの出力形式を選択することが出来ます。

・Standard csv
・Csv with subjects in one column
・Csv with subjects in multiple columns

Standard csvは従来通りの分野情報が含まれないレポートです。Csv with sub
jects in one columnとCsv with subjects in multiple columnsはいずれも分
野情報を含んだレポートですが 形式が異なります。

分野が複数にわたる場合、Csv with subjects in one columnは一つの列にま
とめて表示し、
【例:Subject列に「Cytology;Biochemistry;Physiology」】
Csv with subjects in multiple columnでは複数の列に分けて表示します。
【例:Subject1列に「Cytology」、Subject2列に「Biochemistry」、Subject3
列に 「Physiology」】

今回のアップデートで以前よりご要望の多かった機能が実現いたしました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】《医中誌Web》 サービス一時停止とVer.3クローズのお知らせ
────────────────────────────────────
新シソーラスに対応したデータの入れ替えや、検索プログラム変更のため、下
記の日程でサーバーメンテナンスが行われます。作業中はサービスが停止いた
します。御迷惑をおかけ致しますが御了承のほどよろしくお願い申し上げます。

日時:2007年2月10日(日)0時〜12日(月)24時まで
※予定時刻より早く作業が終了した場合は、その時点でサービスが再開されま
す。

メンテナンス終了後は、Ver.3のみのご提供となります。
Ver.4の推奨環境以外でご利用の方は、Ver.3のクローズまでに移行してくだ
さいますようお願い申し上げます。
-----------------------------------------------------
「Ver.4」の推奨環境
-----------------------------------------------------
【Windows】
・Internet Explorer 5.5以上
・Netscape7.X以上
・Firefox

【Macintosh】
<推奨環境>
・OS:Mac OS X (10.4.4以降)
・ブラウザ:Safari (2.03)、Firefox (1.07)

<検証済環境>
・OS:Mac OS X (10.3.6以降)
・ブラウザ:Safari (1.2.4以降)
-----------------------------------------------------

サーバーメンテナンスについて医学中央雑誌刊行会からのお知らせはこちら↓
http://www.jamas.gr.jp/news.htm#1116

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】《JDreamII》 中国文献データベース(JSTChina)2007年2月5日スタート
/無料研修会 札幌開催のご案内
────────────────────────────────────
■JSTは、中国文献データベース(JSTChina)を2007年2月5日より無料にて提供いたします。

JDreamIIをご契約の方は、JDreamIIのデータベース選択画面より選択可能です。
(2/1現在は試行サービスとなります)
JDreamIIをご契約でない方も、
中国総合研究センター(http://crds.jst.go.jp/CRC/)のページより、アクセス
が可能です。
画面左の「中国文献データベース」よりアクセスしてください。

JSTシソーラス用語による検索が可能で、文献情報は日本語でも表示されます。
また中国語標記を別ウインドウで表示させることも可能です。

◎データベース概要(予定)
収録誌数:約740誌
収録件数:約10万件(年間)

◎JSTによる詳細なご案内はこちら↓
http://crds.jst.go.jp/CRC/monthly-report/200701/report2.html

■無料研修会 札幌開催のご案内
札幌にて無料研修会を開催いたします。
端末実習を含む入門コースです。JDreamIIを初めてお使いになる方にもご参加
いただけます。この機会にぜひご参加ください。

日時:平成19年2月21日(水曜日)13:00〜16:30
会場:札幌市産業振興センターセミナールームD
(案内図:http://sangyo.center.sec.or.jp/access/map.html)
交通:地下鉄東西線/東札幌駅から徒歩5分

お申し込みはこちら
http://pr.jst.go.jp/training/jdream2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】《Loansome Doc》PubMedからの文献オーダーシステム
────────────────────────────────────
Loansome DocはNLM(米国国立医学図書館)のドキュメントデリバリーシステ
ムです。
PubMedの検索結果から直接文献のオーダーが可能です。
実際のデリバリーは利用者の住まいに近いNLMの提携図書館から行われます。
送付方法も提供される図書館によって異なります。
日本からの利用は、米国以外の利用者向け指定オーダリングライブラリーであ
るCISTI(カナダ国立科学技術情報機関)を経由したサービスとなります。弊
社は国内のLoansome Doc利用者にために、CISTIとの提携した「LoansomeDoc b
y SUNMEDIA」サービスを行っております。このサービスにより、日本の利用者
も日本円での支払が可能となり、安心してご利用いただけます。
ご利用に際しての詳細はこちらをご覧下さい。http://pubmed.sunmedia.co.jp/



──────────────────────────────────── 
■担当より
時計やカレンダー等のツールをデスクトップに置いて自由にカスタマイズでき
るツール、Yahoo!ウィジェットを使ってみました。
http://widgets.yahoo.co.jp/
Google、Wikipedia、地図、辞書等を何かと検索するので、
検索窓「DictJuggler Mini」が便利でした。デスクトップに検索窓ができ、
”おまかせ”もしくは各種検索サイトを指定して検索することができます。
YouTubeやAmazonもあります。検索結果はブラウザに表示されます。透明度を
指定できるので、薄くして常に画面の前面に表示させています。(前田)



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2007-01-23 15:31:00 (1868 ヒット)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate suppl.6 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2007/1/23

***********************************************************

SerialsSolutions懇談会 Midwinterセミナーのお誘い

***********************************************************

現在電子ジャーナル・データベース導入の増加により、電子リソースの管理に
関して、関心が高くなっております。
SerialsSolutionsのArticle Linkerなどのリンクリゾルバーはそれら電子リ
ソースを利用する際に、なくてはならないツールとなりつつあります。

弊社では、皆様のSerialsSolutions商品のご利用に際して、ご要望や改良点な
どの提案を、代理店としてProQuest IL社・SerialsSolutinsにお伝えしてまい
りました。その中で、多くの改善や機能追加がなされてまいりました。しかし
皆様にとってのご要望は他にも多々あるかと存じます。

そこで皆様のご意見やご要望を、直接SerialsSolutionsへお伝えする場として、
ProQuest IL社よりLibrary Solutions Specialist(Serials Solutions/Digit al Commons担当)のRichard Levy氏を招き講演をしていただき、その後懇談会
を開催することといたしました。

ユーザー様同士の意見交換の場として、また、現在リンクリゾルバーをご利用
ではない方にも参考となるようなお話かと思いますので、
・現在SerialsSolutionsをご利用の皆様
・今後導入をご予定の皆様
・また他のリンクリゾルバーをご利用の皆様でSerialsSolutionsのご興味のあ
る皆様
・リンクリゾルバーと機関リポジトリーとの連携をお考えの皆様
・ERMS(電子的リソース管理)や異種データベースの統合検索をお考えの皆様
に広くご参加いただければと考えております。この懇談会では、次のようなテ
ーマにつきまして、皆様から率直なご意見やご要望をいただき、膝を交えた議
論ができればと思っております。

ご多用中とは存じますが、是非本懇談会にご出席願えればと存じます。
皆様のお越しをお待ち申し上げます。

【東京会場】----------------------------------------------------------
◆日時:2007年2月7日(水)14:00〜17:00 (13:30より開場・受付開始)

◆内容:
  ○講演会 進化するSerialsSotlutions(仮)  
  Serials Solutions/Digital Commons担当 Richard Levy氏
  ○懇談会

◆会場:ベルサール三田 Room2
    東京都港区三田3-5-27 住友不動産三田ツインビル西館 1F
↓アクセスのご案内 
 http://www.sumitomo-rd.co.jp/building/kaigishitsu/bs_mita.html#annai


【大阪会場】----------------------------------------------------------
◆日時:2007年2月9日(金)14:00〜17:00 (13:30より開場・受付開始)

◆内容:
  ○講演会 進化するSerialsSotlutions(仮)  
  Serials Solutions/Digital Commons担当 Richard Levy氏
  ○事例報告 
       国立大学法人 岡山大学 学術情報部情報管理課電子情報係 北條充敏氏
  ○懇談会 

◆会場:千里ライフサイエンスセンター 902号室
↓アクセスのご案内 
    http://www.senri-lc.co.jp/access.html

大阪会場では岡山大学の北條様より、「SerialsSolutionsユーザー事例・機関
リポジトリの今後の展望について」の発表を予定しております。
北條様は2007年1月12日(金)にProQuestIL社の本社を訪問され、機関リポジ
トリのシステムであるDigital Commonsについてミーティングをされました。
その様子が、プレスリリースとしてご紹介されております。
是非ご覧ください!
プレスリリースhttp://www.il.proquest.com/pressroom/pressrelease/07/20070112.shtml
プレスリリース日本語訳http://proquest.sunmedia.co.jp/sun/midwinter_seminar/release.doc
---------------------------------------------------------------------

◆お申し込み
このメール(e-port@sunmedia.co.jp)へのご返信もしくはファックスでお受
けしております。
下記をご記入の上でお申し込みください。
東京会場申込用紙ダウンロードhttp://proquest.sunmedia.co.jp/sun/midwinter_seminar/tokyo.doc
大阪会場申込用紙ダウンロードhttp://proquest.sunmedia.co.jp/sun/midwinter_seminar/osaka.doc

・会社名/ご所属
・ご芳名(複数の場合は、複数名ご記載ください)   
・ご連絡先
・SerialsSolutionsへのご意見、ご要望



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2007-01-15 15:12:00 (2072 ヒット)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate No.13 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2007/1/15

***********************************************************
新年のご挨拶

2007年最初の「e-Port UpDate」を発行することが出来ました。新春のお慶び
を申し上げるとともに、本年も「e-Port UpDate」をよろしくお願い申し上げ
ます。

2006年も学術情報の世界では多くの出来事がありました。オープンアクセスの
機運がヨーロッパを中心にさらに進展し、国内では機関リポジトリーへの取り
組みも一段と進みました。また一方で、ワイリーとブラックウェルやCSAとPro
Questなど学術出版者の大型の統合ニュースも飛び込んできました。

弊社ではこういった動きを紹介することを目的に、本年より「e-Port World F
lash」 という世界の学術情報流通の動きを紹介するニュースの配信を始めま
した。弊社は、今年も皆様に最適の学術情報ソリューションを提供する会社の
一つとして、皆様とご一緒に事業を展開して参ります。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2007年1月15日 e-Port 取締役部長 松下 茂
***********************************************************

●トピックス●+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
e-Portスタッフが社内休憩室改造について執筆した原稿が
「情報の科学と技術」 最新号に掲載されました。↓↓↓

馬淵沙織(株式会社サンメディア e-Port)
情報の科学と技術 2007;Vol. 57 No.1 :p.53 INFOSTA Forum (193)
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


●コンテンツ●
【 1 】《ProQuest》ProQuest Information and LearningのCIGによる買収と
CSAとの合併について
【 2 】《ProQuest》RSS機能のご紹介
【 3 】《Evidence Matters》 アップデート情報(対象疾病分野が9分野に)
【 4 】《医中誌Web》 2006年12月27日 CiNiiとの相互リンクスタート!
【 5 】《JDreamII》 2007年度より新設された固定料金サービスのご案内
【 6 】《今日の診療》 WEB版の無料トライアルが1ヶ月に延長されました


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】《ProQuest》ProQuest Information and LearningのCIGによる買収と
CSAとの合併について
────────────────────────────────────
すでにご存知のようにProQuest Information and LearningはCIGによる買収で
CSAと合併することとなりました。

http://www.csa.com/news/csa-pressrelease.php
http://www.proquest.co.uk/promos/product/proquestupdate.pdf
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=93447&p=irol-newsArticle&ID=942563&highlight=

この合併は、両者のユニークなコンテンツと活動がシナジー効果によって一層
強まり、これまで両者のサービスをご利用いただいてこられた皆様には、さら
にサービスの質が高まります。弊社も両者の代理店として、これまで以上に両
者のサービスのご利用者へのサポートを強くして参ります。なお、今回の合併
により両社の既存の契約事項や商談はそのまま進められますので、安心してご
利用ください。新会社の設立後に新しいご案内をさせていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】《ProQuest》RSS機能のご紹介
────────────────────────────────────
ProQuestではRSSによるアラートサービスをご提供しております。
ビジネス分野と学位論文のデータベースに対応したカテゴリーのRSSリストが
ございますのでRSS ReaderもしくはRefWorksのRSSフィードサービスに登録い
ただくことによって、ProQuestを検索しなくても直接記事にアクセスするこ
とができます。
各カテゴリーのアップデートは図書館、学部等のWEBページのコンテンツとし
てもご利用いただけます。

ProQuest RSS Feedsは下記のページからご利用ください。
http://www.proquest.co.uk/syndication/rss/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】《Evidence Matters》 アップデート情報(対象疾病分野が9分野に)
────────────────────────────────────
EBMリサーチデータベース「Evidence Matters」アップデート情報

対象疾病分野が追加され下記9分野となりました。
各分野のカテゴリー下にさらに細分化したカテゴリーが収録されています。
Cardiology
Endocrine and Metabolic disorders
Gastroenterology
Gynecology
Neurology
.Oncology
Orthopaedics
Respiratory
Urology

Evidence Mattersは毎日アップデートされます。
15000以上のOutcome、1400以上のTreatmentが収録されました。

上記のカテゴリーとOutcome、Treatmentの組み合わせで該当が無いものはグレ
ーで表示され、無駄なページにアクセスすることが無く、効率良く、早く情報
を捜すことができる、忙しい臨床現場のためのサービスです。

詳細はこちらまで。
http://www.evidencematters.com/emweb/
(機能の一部がお試しいただけます)

弊社日本語ページ http://proquest.sunmedia.co.jp/evidence_matters/

トライアル・お問い合わせは下記まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】《医中誌Web》 2006年12月27日 CiNiiとの相互リンクスタート!
────────────────────────────────────
2006年12月27日(水)より、医中誌WebとCiNiiとの相互リンクが開始されました。

■「医中誌Web」から「CiNii」へのリンク
・現在リンク件数は、約70万件で、そのうち約25万件については、フルテキス
ト(NII-ELS)の参照が可能です(NII-ELSは、フリーで閲覧可能な文献もありま
す)。

・フルテキストの有無により、表示されるアイコンが異なります。フルテキス
トが参照できる文献には、「本文あり」と記載されたアイコンが表示されます。

・アイコンはデフォルトでは表示「する」となります。非表示にしたい場合は、
管理者用画面にて設定変更をお願いします。

■「CiNii」から「医中誌Web」へのリンク
・「CiNii」の検索後、「医中誌」のアイコンをクリックすると、IP認証の場
合はダイレクトに、ID/PW認証の場合は入力画面を経て、抄録等の詳細が表示
されます。

・医中誌WebでOPAC設定を行っている場合は、CiNii→医中誌Web→OPACという
流れで、雑誌の所蔵確認などが可能となります。

・CiNiiから医中誌Webへリンクした際、抄録等詳細表示の段階では、医中誌We
bにログインしたとみなされず、「BASIC」や、「ADVANCED」などのタブをクリ
ックしたときに初めて、ログインしたとみなされます(同時アクセス数の消費
を防ぎます)。

■外部のサイトから「医中誌Web」の詳細表示へのリンク
・「医中誌Web」の文献番号によって、外部のサイトから「医中誌Web」の該当
文献の詳細表示にリンクを張ることが可能となります。
IP認証の場合はダイレクトに、ID/PW認証の場合は入力画面を経て、抄録等の
詳細が表示されます。

下記のURLにて、リンクが可能です。

【医中誌Webの詳細表示へのリンクURL】
http://search.jamas.or.jp/link/ui/[医中誌文献番号]
(例) http://search.jamas.or.jp/link/ui/2006000001

●これまでは登録ユーザ(個人・機関)のみ利用可能であった詳細画面が、原
則として登録なしでご利用いただけるようになったりと、CiNiiも、より一
層使いやすくなりました。
CiNiiリニューアルのお知らせ
http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/index.html#20061225
CiNiiとは?
http://ci.nii.ac.jp/cinii/pages/outline-j.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】《JDreamII》 2007年度より新設された固定料金サービスのご案内
────────────────────────────────────
2007年度より以下2つの固定料金サービスが新設されました。
(1)アカデミック新特約固定料金サービス
(大学等教育機関、国公立試験研究機関向け)
(2) ビジネス支援型Mini固定料金サービス

---------
(1) アカデミック新特約料金制度(大学等教育機関、国公立試験研究機関向
け)
・大学等教育機関・国公立試験研究開発法人で学術固定料金契約の御見積金額
が100万円以上のお客様が対象となります。
・契約料金は、前年度のJDream及び文献速報の契約金額の合算額を元に算出さ
れます。前年度契約金額が、100万円以上の場合、前年度契約金額と同額。
100万円以下の場合、100万円です。
・上記価格で2年間の利用が可能です(途中解約はできません)。
・3年目の契約更新金額は、1年目と2年目の実利用額の平均金額と契約金額
の1.1倍の低い方とします。
・契約料金が100万円の場合、同時アクセス数は「5」となり、追加アクセ
ス料金は30万円。同時アクセス数は「10」を限度とします。
・利用限度額はありません。

(2) ビジネス支援型Mini固定料金サービス
・企業、財団法人のお客様で、同一機関内でのJST製品(JDream)の前年度年
間ご利用料金が3万円以下のお客様が対象です。文献速報、SDIの未契約者
に限ります。
・ご利用機関の同一敷地(サイト)を単位とし、年間12万円の固定料金です。
・同時アクセス数は「1」
・利用上限額は、年間契約料金の3倍です。契約期間中に利用限度額に達した
場合は、契約金額を追加して頂きます。

詳細はこちらをご参照ください。
http://pr.jst.go.jp/pricelist2007/jdream2.html

★お見積もりをお受けしております。お気軽にご相談ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】《今日の診療》 WEB版の無料トライアルが1ヶ月に延長されました
────────────────────────────────────
これまで2週間だった「今日の診療WEB版」の無料トライアルが、皆様のご要望
にお答えし、1ヶ月に延長されました。

この機会にどうぞお気軽にお試しください。



──────────────────────────────────── 
■担当より
ようやく車の免許が欲しいという気になり、現在教習所に通っています。
学科を担当する講師が、みな教え方が上手いのに驚きます。
よどみない説明、 興味深い体験談、寝させない工夫(全員に答えを聞く等)。
なかでも、反応が薄いのに終始笑顔でノリノリで説明する講師は尊敬しました。
学科の内容よりも、教え方に注目して、教室の一番前でいつも聞いています。

◎やってみよう!あなたのプレゼンテーションは何タイプ?
プレゼンテーションパーフェクト度!チェック
(NPO法人国際プレゼンテーション協会)
http://www.npo-presentation.org/perfect_check/
私は「我流のプレゼンテーター」でした。

◎上記の結果に満足いかなかった方にうってつけのセミナーが無料!で開催
されます。
新春セミナー コミュニケーションスキルを磨く!
INFOSTA会員限定(申し込み時に入会される方を含みます)
プレゼンテーション講座
2007年1月19日(金)16:00〜18:30 
http://www.infosta.or.jp/
http://www.infosta.or.jp/seminar/semi070119.html
お申し込みは、お早めに!

(前田)



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


« 1 ... 18 19 20 (21) 22 23 24 25 »

カテゴリ表示[ニュース]
サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール