| RSS |
  
投稿日時: 2007-01-11 11:57:00 (2341 ヒット)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.1 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2007/1/11

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
創刊にあたって

学術情報流通の世界では、新しい商品やシステムの開発、流通インフラや出版
者・流通業者の再編、出版者と著者との関係の変化、著作権のあり方について
の新しい考えや動き、図書館の役割の変化など絶えず大きな変化を遂げながら
発展しつつあります。

「e-Port World Flash」は、こういった学術情報流通の世界での動きをサンメ
ディアの視点から収集し、利用者の皆様にお知らせすることを目的に創刊され、
毎月メールニュースとして配信いたします。
お届けするニュースは、論説を加えずに出来る限り客観的な事実の報道を行う
という観点で編集されています。また、ニュースの内容についての責任は弊社
では負いませんので、各ニュースに明示されたソース先にて詳しい内容をご確
認ください。

「e-Port World Flash」がみなさまのご関心やお仕事、研究に役立つことを願
っております。

株式会社サンメディア e-Port 取締役部長 松下 茂

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎コンテンツ◎

■出版社関連■
【 1 】Oxford University Press、SIMIDと提携
【 2 】Science誌、投稿論文の虚偽防止のための査読手順上の変更を提案
【 3 】Oxford Journals、メタデータ収集にOAI-PMHの機能提供
【 4 】Wiley、過去のBook Seriesのデジタル化を2007年に着手
【 5 】Lippincott Williams & WilkinsのJournal Legacy Archive、Journals
@Ovidからアクセス可能
【 6 】Oxford Journals、PubMed Centralとの提携
【 7 】Mary Ann Liebert社、世界エイズデーにちなんで2雑誌無料公開
【 8 】Thomson Micromedex、PDAを通して医薬情報提供
【 9 】NPG、2オンラインリソースを無料提供
【 10 】Scirus、香港大学と提携
【 11 】Nature誌、Open Peer Review実験中断に決定

■オープンアクセス関連■
【 1 】BioMed Central、Chinese MedicineをOA刊行
【 2 】カナダ保険研究機構(CIHR)のオープンアクセス方針草稿
【 3 】BioMed Central、オンライン査読雑誌、Journal of Medical Case Rep
ortsを2007年より刊行予定
【 4 】アメリカ心理学会、刊行雑誌のアーカイブ化にPorticoと契約

■図書館関連■
【 1 】TIB、FIZ Chemieと協力してマルチメディアのアーカイブ化を目指す
【 2 】JISCとBecta、英国アクセス管理連盟を確立
【 3 】米国図書館協会会長、12月14日の国家顧問委員会会議でEPA図書館閉鎖
の影響について言及
【 4 】Information Access Alliance、Wiley社のBlackwell Pulblishing買収
に異議申し立て
【 5 】大英図書館、Gowers Review of Intellectural Propertyの見解に賛同

■インターメディアリー/アグリゲーター関連■
【 1 】ProQuest社、Information & Learning部門(PQIL)を売却。CIG、ProQue
st Information & Learning を220億ドルで買収
【 2 】IngentaConnect,さらに8出版社と契約
【 3 】Ex Libris社、CCS GmbH社と提携して図書館のデジタルコレクションに
貢献
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■出版社関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】Oxford University Press、SIMIDと提携
http://www.oxfordjournals.org/news/2006/11/23/document_delivery_oxford_univer/document_delivery_oxford_univer.html
https://www.simid.org/smdshop/home.do
Oxford University PressではスイスのアグリゲータであるSIMIDと提携して、
幾つかの医学雑誌からのフルテキストをSIMIDから提供することを決定した。
SIMIDでは提携医学出版社からの雑誌論文書誌事項の無料サーチができ、エン
ドユーザーは各論文の要約をみて、それを購入するかどうかの選択ができる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】Science誌、投稿論文の虚偽防止のための査読手順上の変更を提案
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2006-11/aaft-cro112806.php
Science誌に掲載された韓国ソウル大のファン・ウソク教授のクローン卵子由
来の幹細胞に関する記事捏造といった問題が今後生じないようにと、肝細胞の
トップ研究者、Science誌、Nature誌の編集者6名からなる委員会が結成された。
その結果、1.リスクの高い論文を見分ける手順の確立、2.著者及び共著者
全員の役割と貢献を明確にすること、3.1次データをもっと出版すること、
4.Nature誌のような著名な雑誌と協力して或る基準を設けること、が助言さ
れた。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】Oxford Journals、メタデータ収集にOAI-PMHの機能提供
http://www.oxfordjournals.org/news/2006/11/27/oxford_journals_offers_faster_an/oxford_journals_offers_faster_an.htmlOxford
Journalsでは出版する180誌名対象に、その抄録やメタデータはメタデータ・
ハーベスティング・プロトコル(The Open Archives Initiative Protocol fo
r Metadata Harvesting (OAI-PMH))を利用して収集できるようになったと発
表を行った。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】Wiley、過去のBook Seriesのデジタル化を2007年に着手
http://www.wiley.com/WileyCDA/Section/id-101310,newsId-2281.html
John Wiley & Sons社ではWiley Interscienceプラットフォーム上で、21に
わたる書籍シリーズ、全750巻を2007年にデジタル化する意図を表明した。そ
の理由は同社が提供するOnlineBooksのフルテキストダウンロード数が劇的に
増加しているためである。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】Lippincott Williams & WilkinsのJournal Legacy Archive、Journals@Ovidか らアクセス可能
http://www.ovid.com/site/about/press_release2006-11-28.jsp?top=42&mid=52
LWW Journal Legacy Archiveは同社刊行の雑誌、1巻1号から1999年まで計3万5
千号数からの100万論文をデジタル化したものだが、Journals@Ovid.を通じて
アクセスできるようになった。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】Oxford Journals、PubMed Centralとの提携
http://www.oxfordjournals.org/news/2006/11/28/new_open_access_agreement_for_ox/new_open_access_agreement_for_ox.html
これまでOxford Openに参加した著者の論文はセルフアーカイブか機関リポジ
トリにデポジットされるだけだったが、今回NLMとの契約の結果、Oxford Jour
nalsから直接PubMed Centralに出版後まもなくデポジットされることに変更さ
れた。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】Mary Ann Liebert社、世界エイズデーにちなんで2雑誌無料公開
http://www.liebertpub.com/prdetails.aspx?pr_id=538
12月1日の世界エイズデーにちなみ、Mary Ann Liebert社では同社が刊行する
エイズ関連2誌、AIDS Patient Care and STDsとAIDS Research and Human Ret
rovirusesをオンライン上で12月一杯無料公開すると発表した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 8 】Thomson Micromedex、PDAを通して医薬情報提供
http://www.thomson.com/content/pr/tsh/Launch_of_TCX
Thomson MicromedexではPDA(携帯情報端末)用に開発したソフトC
linical Xpertを無料提供し、同社が提供するPDR(Physician's Des
k Reference)からの医薬情報に医療関係者が自由にアクセスできる
ことを実現した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 9 】NPG、2オンラインリソースを無料提供
http://www.nature.com/press_releases/NPG_gateways_launches.pdf
Nature Publishing Groupでは学術機関と協力の上、今回、ふたつのオンライ
ンリソースの無料提供を開始した。ひとつは糖鎖科学コンソーシアムとの提携
で打ち立てたThe Functional Glycomics Gateway、もうひとつは米国国立癌研
究所との協力によるPathway Interaction Database

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 10 】Scirus、香港大学と提携
http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_00579
Scirusでは香港大学と提携して、その学位論文オンライン(HKUTO)とオンライ
ンフルテキスト12,000を含む機関リポジトリを索引化することになった。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 11 】Nature誌、Open Peer Review実験中断に決定
http://www.nature.com/nature/peerreview/debate/nature05535.html
Nature誌では今年の6月1日から実験としてOpen Peer Reviewを試みてきたが、
少数を除いて参加者が少なかったため、その試みを中断することに決定した。

■オープンアクセス関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】BioMed Central、Chinese MedicineをOA刊行
http://www.biomedcentral.com/info/about/pr-releases?pr=20061123
BioMed Centralでは国際中国医学協会と提携して、その公式刊行雑誌であるCh
inese Medicineをオープンアクセス、査読誌として出版することを公表した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】カナダ保険研究機構(CIHR)のオープンアクセス方針草稿
http://www.cihr-irsc.gc.ca/e/32326.html
http://www.medicalnewstoday.com/medicalnews.php?newsid=57671&nfid=rssfeeds
カナダ保険研究機構(CIHR)が作成したOA方針草稿を、SPARCとCARL(カナダ研
究図書館協会)が指示する表明を行った。この方針に拠れば、CIHRが資金援助
した研究結果としての査読論文は、刊行後すぐにPubMed Cenralや機関リポジ
トリ等にデポジットする必要があるというもの。出版社のアクセス禁止期間は
6ヶ月以内であれば、許容できるとしている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】BioMed Central、オンライン査読雑誌、Journal of Medical Case Rep
ortsを2007年より刊行予定
http://www.biomedcentral.com/info/about/pr-releases?pr=20061206
BioMed Centralでは2007年より新しい査読雑誌、Journal of Medical Care Re
portsを刊行する予定だが、この雑誌は症例報告に出版が限られ、世界ではじ
めての試みとなる

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】アメリカ心理学会、刊行雑誌のアーカイブ化にPorticoと契約
http://www.portico.org/news/120506.html
アメリカ心理学会(American Psychological Association)では、同学会が出
版する雑誌のアーカイブ化のためにPorticoと契約を行った。APA雑誌を加える
と、Portocoアーカイブの雑誌数は5,300誌名に及んだことになる

■図書館関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】TIB、FIZ Chemieと協力してマルチメディアのアーカイブ化を目指す
http://www.fiz-chemie.de/en/aktuelles/pm/2006-11-23.html
TIB(German National Library of Science and Technology)とFIZ Chemie(G
erman Chemistry Information Centre)は、マルチメディアのアーカイブ化の
協力体制を行っていくことに決定した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】JISCとBecta、英国アクセス管理連盟を確立
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2006/11/news_federation.aspx
イギリスのJISCとBecta では共同で英国アクセス管理連盟を確立し、コンテン
ツプロバイダーごとのIDとパスワード設定を単一化できるユーザー認証シス
テムであるShibbolethを、高等教育機関(HE)と継続教育機関(FE)に導入し
ていくつもりであることを表明した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】米国図書館協会会長、12月14日の国家顧問委員会会議でEPA図書館閉鎖
の影響について言及
http://www.ala.org/Template.cfm?Section=pressreleases&template=/contentmanagement/contentdisplay.cfm&ContentID=144749
米国図書館協会会長であるLeslie Burger女史は、12月14日開催の国家顧問委
員会会議の場で、EPA図書館が閉鎖がもたらす影響力について語る予定だ。200
7年度の予算案では、EPA図書館ネットワークはこれまでの予算額の80%である2
億ドルがカットされることになり、いくつかのEPA図書館は閉館を余儀なくさ
れている

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】Information Access Alliance、Wiley社のBlackwell Pulblishing買収
に異議申し立て
http://www.informationaccess.org/wiley.blackwell.pdf
SPARCを筆頭に、米国を代表する7図書館協会からなるInformation Access Al
lianceでは、Wiley社のBlackwell社買収によりSTM雑誌価格が高騰化するとし
て、米国司法省への異議申し立て書簡を公開した

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】大英図書館、Gowers Review of Intellectural Propertyの見解に賛同
http://www.bl.uk/news/2006/pressrelease20061207.html
大英図書館では英国での知的財産権に関する独立調査団がまとめた報告書であ
るGowers Review of Intellectural Propertyに対して賛同の意を表した。大
英図書館では以下の6ポイントに関してもっと具体的な勧告を期待している。
1.デジタルだからといって変わりはないこと、2.フェアユース、3.アー
カイブする権利、4.コピーライトの期限、5.著作権者不明の作品、6.未
出版作品

■インターメディアリー/アグリゲーター関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】ProQuest社、Information & Learning部門(PQIL)を売却。CIG、ProQue
st Information & Learning を220億ドルで買収
http://www.csa.com/news/csa-pressrelease.php
http://www.proquest.co.uk/promos/product/proquestupdate.pdf
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=93447&p=irol-newsArticle&ID=942563&highlight=

ProQuest社はそのInformation & Learning 部門を、Cambridge Scientific Ab
stracts社(CSA)の親会社であるCambridge Infromation Groupに222億ドルで売
却することになったと発表。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】IngentaConnect,さらに8出版社と契約
http://www.ingenta.com/corporate/company/news/trade/new_pubs_nov06.htm
IngentaConnectでは四半期に入りさらに8出版社と契約したと発表。今年の
トータルでは契約を交わした出版社数は28に及び、2005年と比較して50%も伸
びている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】Ex Libris社、CCS GmbH社と提携して図書館のデジタルコレクションに
貢献
http://www.exlibrisgroup.com/newsdetails.htm?nid=503
Ex Libris社は自社が提供するデジタルコンテンツのアーカイブツールであるD
igiToolを、CCS GmbH社と提携してコンテンツを高品質のデジタルフォーマッ
トに変換する商品であるdocWORKSと統合化して、図書館にサービスしていくと
発表した。



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.


投稿日時: 2006-12-08 15:10:00 (2473 ヒット)






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate No.12 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2006/12/8

***********************************************************
11月20日(月)〜22日(水)パシフィコ横浜にて図書館総合展が開催されました。
弊社主催のフォーラム、プレゼンテーション、ブースにお越しいただいた皆様、
誠にありがとうございました。
***********************************************************

●トピックス●+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
◆RSSとは?
RSSとは何か、RSSの利用方法について簡潔にご紹介。
↓↓↓RSSへのはじめの一歩に一読ください。↓↓↓

衣笠美穂(株式会社サンメディア e-Port). RSSとは.
医学図書館 2006;Vol.53 No.3 : 306-308.
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


●コンテンツ●
【 1 】「とくとくとぴっく」更新終了のお知らせとPierOnline RSSサービスご利用の ご案内
【 2 】《ProQuest》ProQuestプラットフォームUpDate
【 3 】《コンソーシアム取りまとめのご案内》 JMLA/JPLA
【 4 】《Oxford Journals》 第36回日本免疫学会総会出展【12/11〜13】
【 5 】《医中誌Web》 2006年12月CiNiiとの相互リンクスタート! 他
【 6 】《JDreamII》 検索ガイド改訂と2007年度料金発表のお知らせ 他

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】「とくとくとぴっく」更新終了のお知らせとPierOnline RSSサービスご利用の ご案内
────────────────────────────────────
1994年より10年間、みなさまに親しまれてまいりました臨床和雑誌特集記事デ
ータベース「とくとくとぴっく」は、2006年12月をもって新規データの更新を
中止いたします。 医中誌WebやJDreamIIのデータ更新が早くなり、特集記事検
索も可能となっておりますので、「とくとくとぴっく」の役割も終えることに
なりました。このユニークな名称の名付け親である、聖路加国 際病院図書室
の河合様と及川様にはあらためてお礼を申し上げます。

なお弊社では引き続き無料の学術支援サービスといたしまして、PierOnlineサ
イトを通じて国内の学術系サイトで唯一の「国内電子ジャーナルPierOnline R
SS」および「国内商 業誌目次ページ更新RSS」の二つをご用意いたしておりま
す。どうぞご利用いただけますようお願い申し上げます。

○「とくとくとぴっく」
(2006年12月で更新終了。※サイトは引き続きご利用いただけます)
http://www.sunmedia.co.jp/database.html
(PubMed便利ツールは、今までどおりサービスを行っております!)

↓いますぐご登録ください!
●「PierOnlineのRSS」 http://www.pier-online.jp/
●「国内商業誌目次ホームページ更新RSS」 http://www.pier-online.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】《ProQuest》ProQuestプラットフォームUpDate
────────────────────────────────────
ProQuestのプラットフォームが次回のメンテナンス時にアップデートされる予
定です。
今回のアップデートでResource Linking(リソース・リンキング)という機能
が追加されます。Resource Linkingはある特定の論文がProQuestでフルテキス
トを閲覧できない時、ユーザーが図書館内の他のリソースで該当論文のフルテ
キストを利用できるかどうかを表示する機能です。
ユーザーが検索を行うと同時に、リンクリゾルバーのように図書館がフルテキ
ストを提供できるかどうかを調べて表示します。
フルテキストへのリンクをクリックするとProQuestの抄録から他ベンダーが提
供するフルテキストへシームレスに移動できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】《コンソーシアム取りまとめのご案内》 JMLA/JPLA
────────────────────────────────────
日本医学図書館協会/日本薬学図書館協議会コンソーシアム取りまとめのご案


下記のサービスの申込みの御取りまとめをいたします。
お見積もり等・トライアルはお早めにご用命くださいませ。

・PierOnline 【12月31日】 特別ディスカウント設定期限
・Faculty of 1000 【12月31日】

お問い合わせはサンメディア e-Port(e-port@sunmedia.co.jp)までお願いいた
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】《Oxford Journals》 第36回日本免疫学会総会出展【12/11〜13】
────────────────────────────────────
●第36回日本免疫学会総会に出展します【12/11(月)〜13(水)】
12月11日〜13日まで大阪国際会議場にて開催される第36回日本免疫学会総会に
て、例年通りOxford Journals展示スタンドをご用意いたします。開催中には、
Oxford University Press発行の国際的定評ある一般書: Oxford Companions
to Wine (2nd edition, September 2006)等を対象としたくじびきも開催いた
します。第36回日本免疫学会総会には、他関連Oxford Journalsも展示いたし
ます。どうぞお気軽にお立ち寄りください。


▼International Immunology
www.intimm.oxfordjournals.org
日本免疫学会公式英文誌
インパクトファクター4を初めて超えた日本発学術誌。来年で創刊19年を迎え
る当誌は 国際的声価を確かなものとし、<日本からの発信>の最成功例とし
て後発誌の模範と なっています。また、International Immunologyは
HighWireからの完全電子版を日本 学術誌として初めて発行し、そのヒットは
莫大な数に上っています。

"Outstanding Merit Award" (International Immunology編集事務局・Oxford
University Press共催)
http://www.oxfordjournals.org/our_journals/intimm/awards_outstandingmerit.html)

既にご存知の通り、 International Immunology掲載論文中、際立って質が高
く注目に 値すると評されたものに"Outstanding Merit Award"が授賞されてい
ます。 Editorial BoardおよびEditor-in-Chiefによる厳選の末、以下の論文
が2005年 International Immunology "Outstanding Merit Award"に輝きまし
た。 "Outstanding Merit Award"は、今年も授与されます。奮ってご投稿くだ
さい。

"Association of SIGNR1 with TLR4/MD-2 enhances signal transduction by
recognition of LPS in Gram-negative bacteria "
Koji Nagaoka, Kazuhiko Takahara, Kay Tanaka, Hideo Yoshida, Ralph M,
Steinman, Shin-ichiro Saitoh, Sachiko Akashi-Takamura, Kensuke Miyake,
Young Sun Kang, Chae Gyu Park, Kayo Inaba Vol17, No.7 (P.827-836) 
*当論文は、Featured Articleとして無料公開されています*

▼Rheumatology
リウマチ学において、トップレベル論文を掲載する屈指の国際誌
http://rheumatology.oxfordjournals.org/

▼JNCI
米国国立がん研究所(NCI)誌 - 癌分野のインパクト・ファクター、トップを持
続( 2005 Impact Factor: 15.171)
ご希望の方には、現在のスタイルを変えた2007年オンライン版を3ヶ月無料ト
ライアル 購読頂けます。(12月15日までに、'e-Port'をご覧なった旨ご連絡
ください。)
http://jncicancerspectrum.oxfordjournals.org/

▼Human Molecular Genetics
人類分子遺伝学のスタンダード誌
http://hmg.oxfordjournals.org/

▼Glycobiology
生化学最後のフロンティア糖鎖の生物学に挑む
http://glycob.oxfordjournals.org/

お問い合わせ
------------------------------------------------
オックスフォード・ジャーナル 奥田 恵美子
(emiko.okuda@oupjapan.co.jp)
www.oxfordjournals.org/japan/
www.oxfordjournals.org
------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】《医中誌Web》 2006年12月CiNiiとの相互リンクスタート! 他
────────────────────────────────────
●CiNiiとの相互リンク
2006年12月下旬にCiNiiとの相互リンクがスタートします。
CiNiiは、学会誌や大学の紀要、引用情報、NDL雑誌記事索引のデータベースを
統合し、提供するデータベースです。本文まで閲覧できる論文もあり、中に
は無料で閲覧できるものもあります。
↓CiNiiトップページ
http://ci.nii.ac.jp/cinii/servlet/CiNiiTop#

●「医学用語シソーラス」が改訂されます
2007年1月に「医学用語シソーラス第6版」が発行されます。
冊子体(2冊組1セット)が、2007年1月末にご契約機関様には無料で送付され
ます。
「医中誌Web」のすべてのデータと、検索システムに内包されるシソーラスも2
007年1月以降、第6版対応に切り替わります。

●論文種類が追加されます
「座談会」「Q&A」「レター」「症例検討会」の論文種類が追加されます。
従来「解説」「一般」等に分類されていた論文を、「Q&A」「レター」「症例
検討会」に分類します(新たにこれらの論文が採択対象となるわけではありま
せん)。また1991年より採択が中止されていた「座談会」を、再度採択対象と
し、「座談会」に分類します。

※上記についての詳細はニュースレター「医中誌News No.4」に掲載されています。
医中誌刊行会のホームページからPDFでもご覧いただけます。
↓クリックするとPDFファイルが開きます。
http://www.jamas.or.jp/pdf/Newsletter_No04.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】《JDreamII》 検索ガイド改訂と2007年度料金発表のお知らせ 他
────────────────────────────────────
●JDreamII検索ガイド改訂
機能追加・改善にともない検索ガイドの改訂が行われました。
(Ver.3 → Ver.3改訂版/2006年10月23日公開)
「正誤表および改善点」や、すでに検索ガイドをお持ちの方対象の「差し替え
版」のPDFも用意されています。

●JDreamII活用テキスト
以下のトピックスで、活用テキストがPDFで公開されています。
・ 近接演算を活用する
・ 著者名検索のポイント
・ 特定の機関の文献を網羅的に検索するには

近接演算を使ってみたい、著者名や機関名の検索がうまくいかないといった場
面でぜひご活用ください。

※上記検索ガイドは、以下のページよりPDFでダウンロードが可能です。
http://pr.jst.go.jp/jdream2/manual.html

●2007年度のご利用料金が発表されました。
オフライン出力料金と研究室単位の固定料金制度を除き、全般的にご利用料金
は据置となります。
↓料金の詳細はこちらをご覧下さい
http://pr.jst.go.jp/new/info20061128.html

●ISBN桁数変更対応について
2007年1月よりISBNの桁数が13桁になります。
↓各種情報提供サービスでのご対応の詳細はこちらをご覧ください。
http://pr.jst.go.jp/jdream2/improvement_info/i20061201001.html

●メンテナンス情報
サーバメンテナンスのため、下記の日時にJDreamIIサービスが停止いたします。
ご確認ください。
日時:2006年12月10日(日) 9:00〜21:00



──────────────────────────────────── 
■担当より
11月の図書館総合展でお配りしたボールペンは、e-Portスタッフが色の組み合
わせとロゴを熟考し、海外発注したオリジナルです。
メーカーはもちろん、「ボールペンといえばbic」のbicです。色のバリエーシ
ョンは3種類です。
サンメディアのロゴ入りガムも「おもしろい」と大変好評でした。
今回手に入れられた方もそうでない方も、また次の機会にぜひ!
(前田)



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2006 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2006-11-15 15:33:00 (1889 ヒット)






***********************************************************
[サンメディア:e-Port UpDate-suppl.5]は、
図書館総合展特集をお送りいたします!
***********************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate suppl.5 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2006/11/15

第8回図書館総合展がいよいよ来週 開催されます。
サンメディアもフォーラム、プレゼンテーション、ブース展示を行います。
ぜひ、ご参加ください。

●第8回 図書館総合展●
日時:2006年11月20日(月)〜11月22日(水)
場所:パシフィコ横浜 展示ホール(入場無料)
http://www.j-c-c.co.jp/lf08.html

サンメディア主催フォーラムの詳細はこちら↓
(会場までのアクセスもご確認いただけます)
http://www.sunmedia.co.jp/forum2006.pdf

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
■■■ フォーラム

日時:11月22日(水)10:30〜12:00
会場:第3会場 
 
テーマ:第3回図書館と著作権-利用者の立場から
「著作権法改正、著作権行政の現状を語る」

講師:西村 泰雄氏(文化庁長官官房 著作権課 著作物流通推進室室長補佐)
コーディネーター:長縄 友子氏(味の素(株)ライフサイエンス研究所)

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会では、現行の著作権法改正に向けて
国民からの意見募集などをもとにした課題の検討を行っています。本年1月に
文化審議会に報告された権利制限の拡大を含む著作権法改正課題は、法改正案
として今臨時国会に上程されました。このような中で、フォーラムでは文化庁
著作権課の西村様に著作権法改正や著作権行政についての基本的な考え方や方
向性についてご講演を頂きます。また、参加者の皆様からも著作権法改正につ
いてのご意見やご質問もお受けする予定です。たくさんの皆様のご出席をお待
ち申し上げます。

※当初予定しておりました著作権課長甲野様のご講演は、国会での著作権法
改正審議のご準備のために、変更となりました。
お知らせとお詫びを申し上げます。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
■■■ プレゼンテーション

日時:11月21日(火) 16:00〜16:40
会場:出展者プレゼンテーションルーム

下記商品の最新情報をご紹介いたします。

学術ソリューションの新しいトレンド・・・RefWorks、SerialsSolutions
先進のオンラインブック・・・MyiLibrary

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
■■■ ブース展示

出展会場ではサンメディアが取り扱う図書館向け電子商品の紹介を中心に出展
とデモンストレーションを行います。
今年のサンメディアのカラーはピンクです。どうぞピンクのブースを目指してお越し下さい。

★ブースにお越しいただいた方には、気分転換の一枚!?プレゼント!
(詳細はお楽しみに)

━━主な取扱商品━━
【PierOnline】国内の医学・薬学系電子ジャーナル TOCアラートサービス、
RSSで目次配信サービス、全文検索機能、OpenURL対応、PubMed
とのリンクアウトなど便利な機能を搭載
【Serials Solutions】メンテナンス不要でカスタマイズ自由自在の電子ジャ
ーナル総合管理ポータル。アクセス可能な全ての学術
論文へのアクセスを提供するリンクリゾルバー。重複
調査や統合利用統計など、便利な機能を搭載。
【RefWorks】学術情報・研究成果の収集と管理、共有、情報発信を支援するウ
ェブサービス
【MyiLibrary Medical】究極の保健医療電子書籍データベース
【ProQuest】人文社会科学から、ビジネス、自然科学に至る幅広い分野をカバ
ーした世界最大の全文データベース
【医中誌Web、JDreamII、今日の診療】

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
★フォーラム、プレゼンテーションへのお申込を受け付けております。
参加ご希望の方は以下の項目をご記入の上、
event@sunmedia.co.jp までご連絡下さい。

・ご所属
・氏名
・参加人数
・ご連絡先
・参加を希望する催し(プレゼンテーション・フォーラム)

※定員になり次第締め切らせていただきます。
参加ご希望の方はお早めにお申込ください。



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2006 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2006-11-07 15:09:00 (1982 ヒット)






***********************************************************
[サンメディア:e-Port UpDate-No.11]をお届けいたします。

●第8回図書館総合展開催 11月20日(月)−11月22日(水)  http://www.j-c-c.co.jp/lf08.html
弊社も出展いたします!(チェリーピンクのブースが目印です)
●フォーラム「図書館と著作権 著作権法改正の動きについて」
(講演:文化庁著作権課、司会:長縄友子氏 味の素(株))
●プレゼンテーション「学術情報ソリューションコンテンツ・ツールのご案内」
(RefWorks、SerialsSolutions、MyiLibraryなど)

○お申し込みは、event@sunmedia.co.jp まで
***********************************************************
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate No.11 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2006/11/7

【 1 】《PierOnline-1》最新号・特集記事情報!
【 2 】《PierOnline-2》 新たに4誌が追加されます!
【 3 】《コンソーシアム取りまとめのご案内》 JMLA/JPLA
【 4 】《RefWorks》 アップデート情報 WEBページのキャプチャー機能 他
【 5 】《NPG》 EMBO Journal & EMBO Reports 新価格体系
【 6 】《JDreamII》 10月23日(月)検索機能が追加・改善
【 7 】《今日の診療WEB版》VoL.16 リリース! 4書籍が追加され全12書籍に
【 8 】《INFOPRO2006》 第3回情報プロフェッショナルシンポジウムのご案内


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】《PierOnline-1》最新号・特集記事情報!
────────────────────────────────────
最新医学 61巻11号 (2006) 
【特集】肺癌治療−新たな治療体系確立への展開−
https://www.pier-online.jp/0370-8241/contents_detail.php?serial_no=61110&year=2006&
※11月10日よりご覧いただけます

癌と化学療法 33巻10号(2006)
特集【皮膚科悪性腫瘍の治療の進歩】
https://www.pier-online.jp/0385-0684/contents_detail.php?serial_no=33100&year=2006&

外科  68巻10号(2006)
特集【十二指腸乳頭部腫瘍の治療戦略】
https://www.pier-online.jp/0016-593X/contents_detail.php?serial_no=68100&year=2006&

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】《PierOnline-2》 新たに4誌が追加されます!
────────────────────────────────────
2007年より下記4誌が新たにPierOnlineに収録されます!

「ゲノム医学」 メディカルレビュー社
「Pharma Medica」 メディカルレビュー社
「Biotherapy」 癌と化学療法社
「Liver Cancer」 癌と化学療法社

■ゲノム医学■
ゲノム医学の最新研究成果から、未来的見地に立った医学的展望まで、ゲノム
医学領域の情報を継続して提供いたします。

■Pharma Medica■
臨床医・薬剤師を対象に、各種疾患治療に関する最先端の臨床学の学術的トピ
ックスを解説。医学・薬学の中間領域を目指す学術月刊誌。医師の薬学に対す
る理解を深め、薬剤師にも臨床の啓蒙となる雑誌を基本方針として、近年注目
されている臨床薬理学分野からも高い評価を受けています。

■Biotherapy■
Biotherapy誌はOFFICIAL JOURNAL OF JAPAN SOCIETY FOR BIOLOGICAL THERAPY
「日本バイオセラピィ学会」の機関誌として、日本はもとより外国においても
関心を持たれており、BRM関係のみならず医学臨床研究者、医学・薬学・生
物学など基礎研究者、生物科学、人間科学に関心のある人々にとっての情報誌
です。

・Embargoなしで電子ジャーナルをご利用いただけます
・1誌毎の契約で必要なものだけをリーズナブルに選ぶことができます
・RSSで簡単に必要な情報を入手!
・OpenURL対応
・直感的な把握が可能なインターフェイス
・医中誌Web/JDream?からのダイレクトリンク
・管理者機能からの利用率把握
・PPVでPDFを手元にダウンロード

★PierOnlineはJPLA/JMLAのコンソーシアムを提案しております。
お問い合わせはサンメディア e-Port(e-port@sunmedia.co.jp)までお願いいた
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】《コンソーシアム取りまとめのご案内》 JMLA/JPLA
────────────────────────────────────
日本医学図書館協会/日本薬学図書館協議会コンソーシアム取りまとめのご案


11月となりまして各種出版社及びいくつかのサービスについては年内に申込み
の御取りまとめをいたします。
お見積もり等・トライアルはお早めにご用命くださいませ。
近々の取りまとめ予定のサービスについては下記の通りです。

・電子書籍サービス MyiLibrary WHOパッケージ及びDoody'sパッケージ
【11月30日】 ※個別タイトルについては引き続きご案内しております。
・RefWorks 【12月1日】(新規お申込み分)
・PierOnline 【12月31日】 特別ディスカウント設定期限
・Faculty of 1000 【12月31日】

お問い合わせはサンメディア e-Port(e-port@sunmedia.co.jp)までお願いいた
します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】《RefWorks》 アップデート情報 WEBページのキャプチャー機能 他
────────────────────────────────────
RefWorksは2006年10月、以下の通りバージョンアップしました。
アップデート内容は自動的にご利用中のRefWorksに反映されます。

■■一般プログラムアップデート

▼新機能RefGrab-It
RefWorksにWEBページの情報を簡単にキャプチャーできる新機能が追加されま
した。使い方は情報を入手したいWEBページを閲覧中にお気に入りに登録して
いる「RefGrab-It」をクリックするだけです。RefGrab-Itのウィンドウが立ち
上がりWEBページに関する情報(URL、タイトル、作成日、最終更新日など)を
読み取って表示しますので後は「インポート」ボタンをクリックすればRefWor
ksに該当のWEBページの情報をインポートすることが出来ます。
また、RefGrab-ItはWEBページ上のISBN,PubMedID,DOIの情報から関連する文献
情報を捜してきて表示します。もちろんこれらの文献情報はシームレスにRefW
orksにインポートすることが可能です。
RefGrab-Itの設定方法ですが、RefWorksのメニューバー「ツール」→「RefGra
b-It」をクリックしてください。ご利用のブラウザ別にリンクが用意されてい
ますので 「RefGrab-It」と表示されたハイパーリンクにカーソルを合わせて
右クリックし、 「お気に入りに追加」をクリックしてください。あとは情報
を入手したいWEBページを閲覧中にお気に入りに登録している「RefGrab-It」
をクリックするだけです。ブラウザのツールバー上にリンクとして表示させて
利用することも出来ます。

▼EndNote10ライブラリからRefWorksへダイレクトインポートが可能になりま
した。

▼タームアシスタント機能を「ツール」→「カスタマイズ化」で無効に設定す
ることが出来ます。


■■RefShareのアップデート情報

▼共有フォルダ/データベースにRSSフィードを作成
共有フォルダ上で新しいオプションが使えるようになりました。フォルダまた
はデータベースを共有するためにRefShareを利用するユーザーのためのオプシ
ョンです。
この機能でRefShare訪問者に好きなRSSフィーダーを追加できるようにRSSアイ
コン付きのRSSフィードを作成できます。RefShareユーザーはフィードに含め
るレコードの量 (10,20または50)とタイプを指定します。

▼個別文献へ簡単なリンキング
共有フォルダ/データベースの全てのレコードはページオプションへのリンク
を持っています。そこで自動的にレコード独自のURLが生成されますのでブッ
クマークやコピーアンドペーストをしてご活用下さい。
この機能は各レコードのビューリンクをクリックすると見つかります。

▼任意の文献レコード集や検索結果にリンク
現在著者名、ディスクリプタなど共有フォルダ/データベースにあるどんな単
語へのリンクでも作成できます。これにより毎回検索しなくても検索結果にア
クセス出来ることになります。
外部のWEBページからRefShare内のレコード群へリンクさせたり、研究グルー
プ内で特定のレコード群を共有するといった方法でこの機能をご活用下さい。
カスタムURLの作成方法についてはオンラインヘルプをご覧下さい。


■■管理者機能アップデート

▼管理者用チュートリアルがアップデートされました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】《NPG》 EMBO Journal & EMBO Reports 新価格体系
────────────────────────────────────
Nature Publishing Group(NPG)では、2007年度よりEMBO Journal & EMBO Rr
eportsの販売方針を一部変更いたします。

今までは、プリント版購読の際サイトライセンス購読も同時にされる必要があ
りましたが、2007年度からはプリント版のみでのご購読が選択可能となります。
また、昨年度に引き続きプリント版ご購読の際のサイトライセンス部分の割引
やサイトライセンスのみでのご購読も可能です。

下記3種類のEMBO Journal & Reports のご購読方法をご確認ください。

・EMBO Journal & Reports : プリントのみのご購読
・EMBO Journal & Reports : プリント版 + サイトライセンスでのご購読
             (サイトライセンス部分が廉価になります。)
・EMBO Journal & Reports : サイトライセンスのみのご購読

引き続き、EMBO Journal & EMBO Reportsをご愛顧いただけますよう、
よろしくお願い申し上げます。

本件の詳細及び価格等については
サンメディア e-Port(e-port@sunmedia.co.jp)までお問い合せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】《JDreamII》 10月23日(月)検索機能が追加・改善
────────────────────────────────────
●10月23日(月)に、JDreamIIの検索機能が追加・改善されました。
英文標題フィールドでの前方一致検索や、複数語を並べての近接演算子の利用、
近接演算子(NOTA)の利用などが可能になりました。

機能詳細やその他の追加機能は以下をご確認ください
http://pr.jst.go.jp/jdream2/improvement_info/index.html

●JST情報事業本部のサイトがリニューアルされました。
http://sti.jst.go.jp/

ReaD,J-STORE,J-STAGEの一括検索や、カテゴリやキーワードからJSTサービス
を探すことができます。

●お客様成果事例紹介のページが追加されました。
http://pr.jst.go.jp/example/index.html

防災科学技術研究所の研究員2名の活用事例を、インタビュー形式で掲載。辞
書代わりにJDreamIIを利用するなど、実際の検索画面とあわせて紹介されてい
ます。

●メンテナンス情報
サーバメンテナンスのため、下記の日時にJDreamIIサービスが停止いたします。
ご確認ください。
日時:2006年11月12日(日) 9:00〜21:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 7 】《今日の診療WEB版》VoL.16 リリース! 4書籍が追加され全12書籍に
────────────────────────────────────
11月1日(水)今日の診療WEB版法人サービス Vo.16 がリリースされました。
新たに4書籍が追加され、全12書籍のご利用が可能になりました。

(1)今日の治療指針 2006 
(2)今日の治療指針 2005 
(3)今日の診断指針 第5版
(4)今日の整形外科治療指針 第5版
(5)今日の小児治療指針 第14版
(6)今日の皮膚疾患治療指針 第3版 【★NEW!】
(7)救急マニュアル 第3版 *今日の救急治療指針 に替わり収載
(8)医学書院 医学大辞典 【★NEW!】
(9)新臨床内科学 第8版 【★NEW!】
(10)内科診断学 【★NEW!】
(11)臨床検査データブック 2005-2006
(12)治療薬マニュアル 2006

図表、写真など約12000点を収録。全12書籍を一括検索、書籍間のリンクの充
実等、書籍にはない使いやすさを備えています。

サービス詳細やパンフレットのダウンロードはこちら
http://top.islib.jp/shop/mt-ks_houjin.html

※価格の変更はございません。

★2週間の無料トライアルが可能です。
サンメディア e-Port(e-port@sunmedia.co.jp)までお問い合せください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 8 】《INFOPRO2006》 第3回情報プロフェッショナルシンポジウムのご案内
────────────────────────────────────
11月16日(木)、17日(金)の二日間にわたり「INFOPRO2006 第3回情報プロ
フェッショナルシンポジウム」が日本科学未来館にて開催されます。このシン
ポジウムは、社団法人情報科学技術協会と科学技術振興機構が別々に行ってい
た情報科学のシンポジウムを一つにまとめて行われるもので、今年で3回目を
迎えます。

本年は、16日に慶應義塾長・情報処理学会会長である安西祐一郎氏による「情
報社会の本質的な変化」と題する特別講演、17日の「学術情報の流通・利用と
著作権」と題したトーク&トークがメイン企画となり、多くのセッションが開
催されます。

<詳細及びお申し込みホームページ>
http://www.infosta.or.jp/
http://www.infosta.or.jp/symposium/infopro2006sankabosyu.html



──────────────────────────────────── 
■担当より
Internet Explorer 7(IE7)の日本語版が正式に公開されました。
新機能の一つ、RSSリーダーについてご紹介いたします。
これまでRSSを利用するには、リーダーソフトをインストールする必要があり
ましたが、IE7にRSSリーダー機能が搭載されたため、その必要がなくなりまし
た。登録も簡単にでき、登録後は、IE7のツールバーより簡単にRSSを確認する
ことができます。

IE7のダウンロードはこちら
http://www.microsoft.com/japan/windows/ie/downloads/default.mspx

ダウンロード後、下記PierOnlineのRSSの表示&登録をお試しください。
http://www.pier-online.jp/rss_2005.09.26.xml
http://www.pier-online.jp/rss_2005.10.03.xml

お気に入りのブログなども登録してぜひご活用ください。 (前田)



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2006 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2006-10-17 15:30:00 (2119 ヒット)






***********************************************************
[サンメディア:e-Port UpDate-suppl.4]では、
NPGアカデミック・ジャーナルのオープンアクセスに関するお知らせ
をお送りいたします。
***********************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate No.4 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2006/10/17

《NPG》 NPGアカデミック・ジャーナルのオープンアクセスに関するお知らせ
────────────────────────────────────

サイトライセンス購読機関のアクセスコンテンツを明確にする為の新たな方針
をお知らせいたします。

Nature Publishing Group(NPG)にて出版を行っているアカデミック・ジャー
ナルは、一部のジャーナルを除いて2003年以前のアーカイブコンテンツをオー
プンアクセスとしてウェブ上で開放いたします。
この為、2007年1月以降はアカデミック・ジャーナルのアーカイブコンテンツ
に無料でアクセス可能となります。

【オープンアクセス予定ジャーナル】
2007年1月以降、下記アカデミック・ジャーナル(全25誌)はカレント+過去4
年分のコンテンツへのアクセスを提供し、2003年以前のアーカイブコンテンツ
はオープンアクセスとなります。
<Free Logo>のマークがオープンアクセス可能なコンテンツには表示されま
す。

・British Dental Journal
・Bone Marrow Transplantation
・Cancer Gene Therapy
・Cell Research
・Clinical Pharmacology & Theapeutics(新タイトル、2007年1月)
・European Journal of Clinical Nutrition
・Evidence-Based Dentistry
・Eye
・Genes and Immunity
・Gene Therapy
・Immunology & Cell Biology(新タイトル、2007年1月)
・International Journal of Impotence Research
・International Journal of Obesity
・Journal of Exposure Analysis and Environmental Epidemiology
・Journal of Human Hypertension
・Journal of Perinatology
・Kidney International
・Leukimia
・Molecular Psychiatry
・Molecular Therapy(新タイトル、2007年1月)
・Oncogene and Oncogene Reviews
・Phamacogenomics Jouranl
・Prostate Cancer and Prostatic Diseases
・Spinal Cord
・Vital

【オープンアクセス対象ジャーナル】
下記ジャーナル(9誌)は、すでにオープンアクセスとして、出版後12ヶ月が
経ったコンテンツがウェブ上で随時無料公開され、どなたでもアクセスできま
す。

・British Journal of Pharmacology
・Cell Death and Differentiation
・The EMBO Journal & Report
・European Jouranl of Human Genetics
・Neuropsychophamacology
・Heredity
・Journal of Investigative Dermatology
・Laboratory Investigation
・Modern Pathology

【オープンアクセス未予定のジャーナル】
下記ジャーナル(全2誌)は、今回の方針に影響されなかったジャーナルです。
サイトライセンス購読時は、フルアーカイブにアクセス可能ですが、
オープンアクセス化は予定されていません。

・British Journal of Cancer  
・Journal of Cerebral Blood Flow and Metabolism  


◆ジャーナル一覧 はこちら ↓
http://www.nature.com/siteindex/index.html


その他の詳細につきましては、サンメディア e-Port(e-port@sunmedia.co.jp)
までお問合せください。

--------------------------------------
NPG ネイチャー・アジア・パシフイック
E-mail : institutions@naturejpn.com
Tel : 03-3267-8769



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2006 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


« 1 ... 19 20 21 (22) 23 24 25 »

カテゴリ表示[ニュース]
サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール