| RSS |
  
投稿日時: 2009-04-30 18:18:15 (1851 ヒット)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.24 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2009/4/30


◎コンテンツ◎
【 1 】YouTubeなどニューメディアを駆使した資料公開を開始
【 2 】Springer社が売りに?
【 3 】Springer社売却、CEOが否定
【 4 】論文著者と読者を結ぶコミュニティーブログサイト公開−PLos One社
【 5 】研究方法を議論するためのソーシャルネットワークサイト
「Methodspace.com」提供開始 - 米Sage社 
【 6 】MIT教授会、学術論文のオープンアクセス化に賛同
【 7 】発展途上国の内科医に無料アクセスを提供−米UpToDate社
【 8 】ユネスコ(UNESCO)、米国議会図書館(LC)などが世界デジタル図書館の
協同構築へ
【 9 】英電子出版産業の2009年成長率16%の見込み - 英AOP調査結果


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】YouTubeなどニューメディアを駆使した資料公開を開始
http://www.loc.gov/today/pr/2009/09-055.html
米国議会図書館(Library of Congress)が動画やオーディオ資料のポッド
キャスティングサービスをまもなく開始する。資料はYouTube
www.youtube.com)やApple iTunes(www.apple.com/itunes)などで公開され、
幅広い層が利用できるようにする。トーマス・エジソン博士のスタジオで撮影
された100年前のフィルム、奴隷生活を経験した人物による音声録音、現代
作家のインタビュー、また独立宣言の草案、暗殺された夜にリンカーンの
ポケットに残されていたものなど、LCが保有する貴重な資料が公開される。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】Springer社が売りに?
http://www.guardian.co.uk/media/2009/mar/26/publisher-springer-put-up-for-sale
独Springer社を所有する英投資会社Candover and Cinvenが、同社を20億
ポンド(日本円で約2860億円)で売却しようとしているとの憶測が市場を
飛び交っている。売買が成立すれば、取引額としてはすべての産業を含めて
今年最大規模となるが、現在の経済危機の状況でこれだけの金額を支払える
企業は多くないとの見方が強い。C&C社は、2003年にベルテルスマンから10億
5千万ポンドで同社を買収し、その後、6億ポンドで買収していたKluwer社と
同社を合併している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】Springer社売却、CEOが否定
http://www.knowledgespeak.com/newsArchieveview.asp?intMonth=4&intYear=2009
(06 Apr 2009のニュース)
独Springer社最高経営責任者(CEO)のDerk Haank氏は、先日開かれたUKSG会議
で、同社を所有するCandover and Cinven社が増資に関して第三者企業と協議
に入っていることは認めたものの、同社売却に関する憶測は否定した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】論文著者と読者を結ぶコミュニティーブログサイト公開−PLos One社
http://everyone.plos.org/
米オープンアクセス出版社PLoS ONEが、論文著者と読者をつなげる
コミュニティーブログサイト「everyONE」 (http://everyone.plos.org)の
立ちあげを発表した。今年3月現在、同社は論文5,000件以上、著者3万人以上、
サイト月間訪問者数も16万人以上の規模に拡大し、このブログサイトは出版
著者以外でも参加することができる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】研究方法を議論するためのソーシャルネットワークサイト
「Methodspace.com」提供開始 - 米Sage社 
http://www.sagepub.com/repository/binaries/press/2009/methodspace.pdf
米国学術出版社SAGE社が、研究者がオンラインで研究方法について議論する場
として、ソーシャルネットワークサイトMethodspace.comを立ち上げた。登録
のみで利用でき、研究の手法などについて他の研究者からのアドバイスや
サポートなどを得たり最新の情報が入手できるほか、学会やイベント情報など
も掲載されている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】MIT教授会、学術論文のオープンアクセス化に賛同
http://web.mit.edu/newsoffice/2009/open-access-0320.html
マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授会は、市民が無料で同大学の研究成果
を利用できるようにするべきとして、学術論文のオープンアクセス化を全員
一致で支持した。今後、MIT所属の研究者による学術論文は図書館と
ヒューレットパッカード社によって共同開発されたリポジトリシステムDSpace
上で公開され、Googleなどの検索エンジンでも検索できるようになる。
オープンアクセスについてはすでにハーバード大やスタンフォード大等に
おいて学部レベルで義務化しているところはあるが、教授陣の投票により
全学的ポリシーを定めた動きとしては今回のMITの決定が北米初とされる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】発展途上国の内科医に無料アクセスを提供−米UpToDate社
http://www.wolters-kluwer.com/WK/Press/Latest+News/2009/Apr/pr07apr09.htm
米Wolters Kluwer Health社の一部門であるUpToDate社は、低・中所得の国々
(LMICs)に対し同社が提供する臨床的情報サイトUpToDateを無償で提供する
と発表した。医療情報が不足し、疾患率や死亡率の高い地域に必要な臨床情報
を提供することが目的。まずはアフリカの3カ所で無料トレーニングを含めた
2年間のパイロットプログラムを実行した後、プログラムの影響や現場の
フィードバックを踏まえた上でさらに範囲を拡大する予定という。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 8 】ユネスコ(UNESCO)、米国議会図書館(LC)などが世界デジタル図書館の
協同構築へ
http://portal.unesco.org/ci/en/ev.php-URL_ID=28484&URL_DO=DO_TOPIC&URL_SECTION=201.html
国連科学教育機関(UNESCO)と米国議会図書館(LC)など32の提携機関が協力して
構築した世界デジタル図書館(WDL, World Digital Library)が、ユネスコ本部
で4月21日から稼動する。世界各国の国立図書館や文化・教育機関から収集
された原稿、地図、貴重本、動画、版画、写真などのデジタル資料が提供され、
無料で一般公開される。アラビア語、中国語、英語、仏語、ポルトガル語、
露語、スペイン語で機能するが、掲載されるコンテンツはそれ以外の言語圏の
資料も多数含まれる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 9 】英電子出版産業の2009年成長率16%の見込み - 英AOP調査結果
http://www.ukaop.org.uk/cgi-bin/go.pl/news/article.html?uid=2366
英オンライン出版社協会(The Association of Online Publishers, AOP) が
例年行っているAOP調査結果を発表した。その結果によると、英国の
オンライン出版社は、今年16%の収益増加が見込んでいる。オンライン広告、
購読料、有料コンテンツ、e-commerce、スポンサー料、商業コンテンツなど。
経済的に不透明な状況にも関わらず、多くの企業が業界の長期的な将来に
ついて現実的な視野を持ちながら、63%が今年も電子サービスに増資を行うと
回答。投資を減らすと回答したのは7%のみに留まった。



┏〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜┓
編集後記
先週末、国連が定めた「地球の日」(アース・デー、Earth Day)記念イベント
が代々木公園で盛大に開催され、足を運んでみた。今や『エコ』グッズは巷に
溢れ、『エコ』生活実践は一種のトレンドにもなっている。市民一人ひとりが
意識して自らの生活習慣を見直し、努力することは素晴らしいけれど、こうし
た草の根の取組みは全体から見れば極々僅かな影響しか持ち得ない。
(ちなみに、先日訪れたお台場の某企業のショールームでも「エコな」
エアコンなるものが展示されていたが、本来のエコ生活であればエアコンなど
いらんだろう、と矛盾を感じるのは私だけか?)

話がそれるが、年末にコペンハーゲンで開かれるCOP15において、環境先進国
のデンマーク政府は会議開催による環境への影響を配慮し、同様の国際会議
などで通常参加者などに配られる記念品を廃止し、7,000万円程度に及ぶ予算
を気候変動研究に関する奨学金(修士2年間)に充てることを発表した。
羨ましい限り。

デンマーク政府プレスリリース
http://www.ambbratislava.um.dk/en/menu/ConsularServices/Residence+permits+for+students/COP15ClimateScholarship/
奨学金に関するサイト
http://www.studyindenmark.dk/climate
(S.S.)
┗〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜┛



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止をご希望の方はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/qm5al3o92ihPZUGp/
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2009 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2009-04-01 15:27:05 (1676 ヒット)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate No.39 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2009/4/1 ━━


---------------------------------------------------------------------
≪注目商品≫
◆国内医学薬学系電子ジャーナル「PierOnline」
https://www.pier-online.jp/index.php
医学・看護系学術誌の出版大手であるメディカ出版が発行する雑誌20誌が、
いよいよPierOnlineで提供されます。
同誌の中には、看護系で非常に根強い人気のある雑誌も含まれております。
トライアル、ご契約、その他お問い合わせにつきましては、
pier@sunmedia.co.jp までご連絡ください。

≪お知らせ≫
◆カエルのPC用壁紙を公開しました
お客様からの熱いご要望にお答えし、サンメディアのガムにも登場した
オリジナルキャラクターカエル(名前募集中)の壁紙を作成いたしました。
桜が舞う春らしいデザインです。
ダウンロードはこちら
http://www.sunmedia.co.jp/modules/bulletin0/article.php?storyid=107
---------------------------------------------------------------------


●コンテンツ●
【 1 】《行事のお知らせ》第5回 学術情報ソリューションセミナー開催!
【 2 】《SerialSolutions》統合検索サービス360SEARCHアップデート
【 3 】《SerialSolutions》管理者機能ClientCenterアップデート
【 4 】《ProQuest》Factiva.com インターフェイスアップデート
【 5 】《医中誌Web》「医学中央雑誌 収載誌目録 2009」が発行されました
【 6 】《JDreamII》活用事例のご紹介/医学・薬学予稿集DBレスポンス向上



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】《行事のお知らせ》第5回 学術情報ソリューションセミナー開催!
────────────────────────────────────
今年も「学術情報ソリューションセミナー」を元気に開催いたします。
今回は、第5回を迎える節目にあたりますので、新しい企画も盛り込んでの
開催です。

 今年のテーマ:「学術情報流通の現在と未来」

・昨年から今年にかけては、国際的な金融不安と景気後退によって、学術産業
も大きな影響を受けましたが、それでも複数の調査機関によればプラス成長
が続いているようです。この背景には、研究開発競争は景気に左右される
どころかますます競争が激化していることがあげられます。また、教育部門
への投資も大きく削ることが出来ないという各国の事情があります。
・しかしプラス成長と言ってもそれは実質的な成長というより、学術産業の
合併や価格の上昇に支えられている面も否めません。
・他方、学術産業内で競争やユーザーからの要望によって、学術情報を提供
する方法やそれを支えるツールも大きく進化しつつあるようです。
・そこで、今年は学術情報流通の現状を整理し、出版社や学術情報提供
ベンダー、利用者が考える将来はどのようなものかを考える場所にしていき
たいと思います。

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

≪開催日と場所≫
▼6月18日(木) 東京会場
 場所) 六本木アカデミックヒルズ49F タワーホール
 http://www.academyhills.com/forum/room/49/index.html#tower
 
▼6月22日(月) 福岡会場
 場所) 九州大学附属図書館視聴覚ホール
 http://www.lib.kyushu-u.ac.jp/libinf/central/libraryhall_loc.html
 
▼6月24日(水) 大阪会場
 場所) ヒルトンプラザ ウエスト8F カンファレンスルーム
 http://yb2-kaigi.com/outline/index.html
 
▼6月26日(金) 札幌会場
 場所) 札幌医科大学記念ホール
 http://web.sapmed.ac.jp/daigaku/haichizu.html
 
 *詳細のご案内は、
 「e-Port UpDate号外:学術情報ソリューションセミナー特集」(近日発行)
  でお知らせいたします。ご期待下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】《SerialSolutions》統合検索サービス360SEARCHアップデート
────────────────────────────────────
Serials Solutionsの統合検索(Federated Search):『360SEARCH』は多くの
学術コンテンツを効率的に利用するため、多くの機関での導入が進んで
参りました。

検索はHTTP、XML、Z39.50のプロトコル対応のデータベースに対応可能です。
2009年には主要な国内データベースへの対応を進め、より多くの機関でご利用
しやすいサービスを提供していきます。
またデザインもスタイルシートを利用し、柔軟に対応いたします(日本語対応
可能)。

デモ画像はこちら
http://www.serialssolutions.com/ss_360_search_demos.html

また契約機関様には無料でXML API が公開されており、独自のサイト構築も
可能です。
 
お問合せ・トライアルは下記サンメディアまでお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】《SerialSolutions》管理者機能ClientCenterアップデート
────────────────────────────────────
SerialsSolutionsでは各データへのアクセスや処理速度を軽減するために下記
の機能拡張を行いました。

▼View Data Summary リンクの追加
従来ClientCenterのトップページにあった Total Holdings、Total Unique
Titles、Total Databases のデータが別のページに移りました。
Data Managementで作業した変更点はData Summary に即時反映されます。

▼Data Management メニュー表示の変更
ページスクロール機能が追加されました。右上の"ShowAll"をクリックすると
従来どおりすべてのデータベースを一覧できます。

▼Database Details ページの変更
ハイパーリンク設定されたDefault URLとCustom URLのメニューが装備され
ました。

また契約情報管理ツール360Resource Managerコンソーシアムエディションに
新機能を追加しました。
コンソーシアム・複数機関での契約情報の運用に有用にご利用いただける機能
です。
データベース、コンタクト、ライセンス、ノート機能等を共有できます。
今回のアップデートにより共有情報のパーミッションの細分化、共有化機能の
強化を図り、より便利にお使いいただけるようになりました。

お問合せは下記サンメディアまでお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】《ProQuest》Factiva.com インターフェイスアップデート
────────────────────────────────────
Factiva.comは2009年3月9日にアップデートを行いました。

検索画面は下記のメニューが用意されました。
1.シンプルサーチ
2.サーチビルダー(キーワード検索と検索フォーム)
検索フォームはより詳細な設定が可能です。

またファクティバ・サーチ2.0の機能より、視覚化した検索結果を提供し、
より必要とする情報にすばやくアクセス・記事の内容を判断することが可能
となります。

<ファクティバ・サーチ2.0の特徴>
検索結果の上位100の記事から関連性の高い単語をグループ化して提供します。

検索結果のディスカバリーペインメニューより、最大過去1年の記事量の推移
をグラフにて提供するので、キーワードに対していつの時期によく報道されて
いるかを、一目で確認することが出来ます。
検索したキーワードに関連する企業、業種、トピック、情報ソースの上位10件
が表示されます。それぞれのグラフをクリックすれば、対象の記事を確認する
ことができます。

ヘッドラインの下には、文章の初めではなくキーワードを含む部分の抜粋が
表示されます。

お問合せは下記サンメディアまでお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】《医中誌Web》「医学中央雑誌 収載誌目録 2009」が発行されました
────────────────────────────────────
「医学中央雑誌 収載誌目録 2009」が発行されました。

医中誌Webをご契約頂いている機関様には、ご契約担当者様宛てに1部発送
されます(3月末または4月初旬予定)。

http://www.jamas.or.jp/user/database/mokuroku.html

ご購入をご希望のお客様は下記サンメディアまでお問合わせください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】《JDreamII》活用事例のご紹介/医学・薬学予稿集DBレスポンス向上
────────────────────────────────────
▼活用事例が追加されました

大日本住友製薬株式会社様、東京農業大学世田谷学術センター様の活用事例が
追加されました。

大日本住友製薬株式会社様では、用語が定まっていない新しい概念の用語辞書
としてもご活用いただいている事例が、東京農業大学世田谷学術センター様
では、検索結果に卒業生の名前が出ることで学生のモチベーションアップに
つながった事例などが紹介されています。

http://pr.jst.go.jp/casestudy/jdream2.html

▼医学・薬学予稿集全文データベースのレスポンスが向上しました

2009年3月8日に、医学・薬学予稿集全文データベースを搭載するサーバの
リプレイス作業が行われました。
これにより、検索から表示までのレスポンスが平均50%向上しました。

検索方法についての変更は殆どありませんが、その他の変更点はこちらを
ご参照ください。

http://pr.jst.go.jp/new/info20090309.html



──────────────────────────────────── 
■担当より
名古屋の商店街で、古本を集めてジャンル別に分け、飲食店に並べる計画が
始まったそうです。商店街全体を「図書館」にする計画だそうです。
http://www.asahi.com/business/update/0328/NGY200903280022.html
食べたいメニューと読みたい本が一致しない場合、どちらにするか迷ったり
するのでしょうか。(前田)



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止をご希望の方はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/qm5al3o92ihPZUGp/
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2009 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2009-03-23 19:23:56 (1940 ヒット)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.23 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2009/3/23


◎コンテンツ◎
【 1 】Elsevierが論文著者向け新サービス『CiteAlert』を開始
【 2 】医療系ウィキ「Medpedia Project」ベータ版が一般公開
【 3 】第一回国際オープンアクセス週間(2009年10月19日〜23日)が決定
【 4 】先進国におけるオープンアクセス出版の効果は限定的
【 5 】経済危機が出版と図書館の購読に及ぼす影響に関しARLが声明を発表
【 6 】国際科学技術会議(ICSTI)がオタワ市で開催予定
【 7 】欧州図書館がサイト更新
【 8 】欧州のSTM出版業界の成長率は頭打ち?
【 9 】北米研究図書館協会(ARL)がResearch Library Issuesを刊行
(電子版のみ、隔月発行)
【 10 】北米の主要協会が、研究成果のさらなる配信を求める共同声明を発表
【 11 】医学雑誌は製薬企業の委託を受けたインフルエンザワクチン研究
に偏りあり?


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】出版社がJISCのオープンアクセス報告書を非難
http://www.iwr.co.uk/information-world-review/news/2238083/publishers-denounce-jisc-ope
「オープンアクセス(OA)出版により高等教育セクターで数百万ポンド規模の
節約効果が見込める」と英国JISC (Joint Information Systems Committee)が
先月発表した報告書に対し、出版社側が「著者の試算に基づいた憶測」と
激しく非難している。この調査は、Johm Hougton (豪ヴィクトリア大)と
Charles Oppenheim(英ラフバラ大学)両教授によって率いられたもので、
3つのモデル(読者負担型、OA著者負担型、OAセルフアーカイビング型)を
基準に実施されたもので、JISC側は「元々、論議を刺激することが目的でも
あり、近く出版社側と話し合いたい」としている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】医療系ウィキ「Medpedia Project」ベータ版が一般公開
http://www.medpedia.com/press
医療コミュニティ向けオンライン百科事典「Medpedia Project」のベータ版が
一般公開された(www.medpedia.com)。昨年半ばにプロジェクト立ち上げが
発表されて以来、ハーバード大学、スタンフォード大学など著名大学の医学部
をはじめとする110以上の医療機関がサイト構築に貢献し、既に7,000件以上に
及ぶ項目がナレッジベースに登録されている。Medpediaは、ナレッジベース
のみならず、医学専門家・医療機関のディレクトリや医療従事者と一般市民が
テーマごとに症状や治療法、ライフスタイル選択等について情報共有できる
コミュニティサイトも用意されている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】第一回国際オープンアクセス週間(2009年10月19日〜23日)が決定
http://www.arl.org/sparc/media/09-0305.shtml
Scholarly Publishing and Academic Resources Coalition (SPARC)、
Public Library of Science (PLoS)、Students for Free Cultureは、2009年
10月19日〜23日を第一回国際オープンアクセス週間とすると合同発表した。
これは、昨年に27カ国、120以上のキャンパスにおいて成功を収めたオープン
アクセスデーを踏襲するもので、研究コミュニティや一般社会にオープン
アクセスについての理解を深めてもらうための様々なプログラムやツールが
用意される予定という。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】先進国におけるオープンアクセス出版の効果は限定的
http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/323/5917/1025
Science社調査報告
科学出版社Scienceが、オープンアクセス(OA)誌やその他の無料ジャーナル
への投稿が必ずしも論文の露出度や引用度に貢献するわけではないかも
しれないとする記事を出版している。シカゴ大学社会学助教授James A. Evans
博士と同大神経生物学専攻のJacob Reimer氏が何百万件の電子論文を分析した
調査によると、論文が冊子出版の一年後にオンライン化された場合の利用率の
上昇は、平均してオープンソース形式で8%、商業形式で12%とそれほど大差
が出なかったという。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】経済危機が出版と図書館の購読に及ぼす影響に関しARLが声明を発表
http://www.arl.org/bm~doc/economic-statement-2009.pdf
米 Association of Research Libraries (ARL)は、現在の世界的経済危機が
出版と図書館の購読に及ぼす影響に関する声明を発表した。学協会や学術出版
業者に向けられた声明は、先日国際図書館コンソーシアム連合(ICOLC)に
よる声明の要点のいくつかをさらに強調した上で、ARL加盟図書館の立場に
立った見解を示し、提言を行っている。声明の全文は、ARLサイトから
アクセスできる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】国際科学技術会議(ICSTI)がオタワ市で開催予定
http://www.icsti2009.org
国際科学技術情報会議 (ICSTI) は、「科学情報管理のための国際会議」と
年次総会をカナダ国立公文書館(オタワ市)で6月9日〜11日の期間、開催する
と発表した。NRC-CISTI主催で毎年開催されるこの国際会議は、科学的データ
や情報管理をめぐる研究や技術開発を牽引するものとして常に注目を集めて
いる。今年は、「データのライフサイクル」をテーマにプログラムが組まれる。
会議についての詳細情報は、ICSTIサイト上で閲覧できる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】欧州図書館がサイト更新
http://www.theeuropeanlibrary.org/portal/organisation/press/documents/press_TheEuropeanLibrary_visual_multilingual.pdf
欧州図書館(The European Library)が、新たなサイト
www.theeuropeanlibrary.org)のリリースを発表した。欧州38カ国、
47の国立図書館の目録の横断検索を可能にした本サイトは、今回の
リニューアルで利用者から特に要望の多かった多言語検索に対応したほか、
ナポレオン戦争に関する貴重な電子資料などを掲載したデジタル展示室
(www.theeuropeanlibrary.org/exhibition)やWeb 2.0 ツールも兼ね備えて
いる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 8 】欧州のSTM出版業界の成長率は頭打ち?
http://www.iwr.co.uk/information-world-review/news/2238077/stm-growth-takes-hit
IRN Research報告書
IRN Research社が発表した報告書によると、欧州のSTM出版市場の昨年の
前年比成長率は4.5%増を記録した。この数値は、同社が2001年に調査を開始
して以来成長率としては最も低い伸び率となり、昨年は2桁台を達成した主な
STM出版企業も、2009年は若干伸び率が減少するものと見られる。しかし、
元々STM市場は他の情報市場と比較して広告収入への依存度が低いことや、
今後も主要企業がサービスやコンテンツの統合や集中、企業の合併・吸収、
また電子書籍の拡大などを通じて継続的収入モデルを維持することで、市場が
回復基調に戻るのも早いと報告書は予測している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 9 】北米研究図書館協会(ARL)がResearch Library Issuesを刊行
(電子版のみ、隔月発行)
http://www.arl.org/news/pr/rli-5mar09.shtml
北米研究図書館協会(ARL)が、『Research Library Issues』を刊行した。
これまで発行してきた『ARL: A Bimonthly Report on Research Library
Issues』を改題したもので、これからは電子版のみの発行(隔月)となるが、
さらに幅広い読者層が見込めると共に口頭発表などの音声抜粋を取り込むこと
ができるなど、電子メディアならではの特徴があるとしている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 10 】北米の主要協会が、研究成果のさらなる配信を求める共同声明を発表
http://www.arl.org/bm~doc/disseminating-research-feb09.pdf
米国研究図書館協会(ARL)、北米大学協会(AAU)、ネットワーク情報連合 (CNI)、
全米州立大学・ 土地付与大学協会 (NASULGC)は、大学が学内で生み出された
学術研究成果を可能な限り幅広く社会に向けて配信していくことを求めた共同
声明「The University’s Role in the Dissemination of Research and
Scholarship」を発表した。これは、先の4団体が主催した座談会(学長、
学部長、情報責任者、図書館長、広報部長などが出席)で議論された成果を
まとめたもので、社会における大学の果たすべき役割や取るべき行動指針など
が提言されている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 11 】医学雑誌は製薬企業の委託を受けたインフルエンザワクチン研究
に偏りあり?
http://www.bmj.com/cgi/content/full/338/feb12_2/b354?maxtoshow=&HITS=10&hits=10&RESULTFORMAT=&fulltext=influenza+vaccine&searchid=1&FIRSTINDEX=0&fdate=10/1/1840&tdate=3/31/2009&resourcetype=HWCIT
BMJ報告書
British Medical Journal (BMJ)が、インフルエンザワクチン研究に関する
レビュー記事を掲載し、「企業の支援を受けたワクチン研究は、研究の質が
低くとも医学雑誌に好意的に取り上げられるケースが多い」と指摘している。
Tom Jefferson博士(伊)らがワクチン研究に関する274点の論文の質を
方法論的な面において調査したところ、研究の質、一流ジャーナルでの出版、
またそれに続く非引用数には相互関連性が見当たらず、それらの尤も重要かつ
唯一の決定要因は製薬業界からの助成金の有無のみであったという(また、
報告書は調査対象となった研究の大部分は質が低く、中でもワクチンに好意的
な結論を出しているものについては方法論的にかなり低質としている)。製薬
企業は、自社製品の後ろ盾として研究論文のリプリント(多言語への翻訳など
を含む)を発注したり雑誌の広告スペースを購入することが多く、一流雑誌に
論文を掲載できるかどうかはスポンサーの財政規模に因るところが大きいと、
調査は結論付けている。 このレビュー記事についての詳細は、
http://www.BMJ.com または
http://www.NVIC.org で閲覧できる。



┏〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜┓
編集後記
最近、自宅にいると専ら'Facebooking'(Facebook:米国を中心に世界中で
爆発的勢いで広がっているSNS)している事が多く、読書の時間が確実に
減っている。世界中に散らばる友人らとチャットしたり、写真やふと
思いついたことを簡単に共有できるこのサイトは、ネット上の非現実世界に
生きるというよりも現実(に存在する友人や人付き合い)の延長上に存在する
バーチャルコミュニケーションツールとして多いにメリットを実感している。
「他者とコミュニケーションを取りたい」という人間の根本的な欲求を満たす
Facebook。PCの前に座っている時間が以前にも増して増えつつあることに多少
後ろめたさを感じながらも、多くの人が自虐的に「Facebook中毒者」と自ら
呼ぶのも分からなくはない(ちなみに、Facebookは先の米国大統領選に
おいて、草の根のオバマ支持者をまとめあげ、政治的ツールとしても多いに
威力を発揮したことが証明されている)。とはいいえ、読書や一人で思索に
耽る時間はもちろんのこと、実体験は真の教師。缶チューハイを片手に
ぶらっと裏の公園に出掛けるのが楽しみな時期になってきたことだし、さあ、
今日も本を持って町へ出よう。(S.S.)
┗〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜┛



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止をご希望の方はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/qm5al3o92ihPZUGp/
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2009 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2009-03-04 18:40:34 (1941 ヒット)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□■ サンメディア:e-Port UpDate No.38 ■□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2009/3/4 ━━

●コンテンツ●
【 1 】《PierOnline》メディカ出版 20誌がPierOnlineで提供開始!
【 2 】《SerialSolutions》Data on Demand追加機能リリース
【 3 】《ProQuest》看護系データベースに動画情報が追加されました
【 4 】《RefWorks》RefWorks January2009アップデートのご案内
【 5 】《医中誌Web》医学中央雑誌ユーザー会のご案内
【 6 】《JDreamII》無料研修会のご案内



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】《PierOnline》メディカ出版 20誌がPierOnlineで提供開始!
────────────────────────────────────
医学・看護系学術誌の出版大手であるメディカ出版〔大阪府吹田市〕が発行
する雑誌20誌が、いよいよPierOnlineで提供されます。同誌の中には、看護系
で非常に根強い人気のある雑誌も含まれております。

 メディカ出版 http://www.medica.co.jp/
PierOnline http://www.pier-online.jp/

●提供雑誌は下記となります。

# ペリネイタルケア (0910-8718)
# ブレインナーシング (0910-8459)
# オペナーシング (0913-5014))
# ネオネイタルケア (1341-4577)
# ハートナーシング (0914-2819)
# エマージェンシー・ケア (1349-6557)
# インフェクションコントロール (0919-1011)
# 透析ケア (1341-1489)
# 消化器外科ナーシング (1341-7819)
# 泌尿器ケア (1349-6549)
# 整形外科看護 (1342-4718)
# 眼科ケア (1344-8293)
# 呼吸器ケア (1347-7285)
# 糖尿病ケア (1348-9968)
# ナーシングビジネス (1881-5766)
# リハビリナース (1882-3335)
# 脳神経外科速報 (0917-1495)
# バスキュラー・ラボ (1349-4023)
# サーキュレーション・アップ・トゥ・デート (1881-3585)
# ニュートリションケア (1882-3343)

●トライアル開始

トライアルは、2009年4月より開始されます。

●お問い合わせ

トライアル、ご契約、その他お問い合わせにつきましては、下記のメールまで
ご連絡下さい。

  pier@sunmedia.co.jp

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】《SerialSolutions》Data on Demand追加機能リリース
────────────────────────────────────
従来まではジャーナル情報のダウンロードのみでしたが、Bookのデータも
ダウンロードすることができるようになりました。
「Type」のフィールドが追加され、「Journal]と「Book」の分類が可能です。
ダウンロードフィールドも追加され、「ISSN」 「eISSN」 「ISBN10」
「ISBN13」等 に対応しております。

お問合せは下記サンメディアまでお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】《ProQuest》看護系データベースに動画情報が追加されました
────────────────────────────────────
看護系データベース「ProQuest Nursing and Allied Health Source」および、
全分野をカバーする「ProQuest Central」にMedcom incが提供する
「Video Training Programs Collection」が追加されました。
看護のトレーニングに利用できる約300件の動画コンテンツを利用できます。
動画はフラッシュ形式となっており、ダウンロードも可能です。
Medcom incの提供する動画は理論と実作業の間をつなぐ有用なコンテンツです。
今後もデータが追加される予定です。

利用するにはキーワード検索結果から「ビデオ」のタブを選ぶか、出版物検索
で「Medcom」で検索を行ってください。

お問合せは下記サンメディアまでお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】《RefWorks》RefWorks January2009アップデートのご案内
────────────────────────────────────
2009年9月にRefWorksの機能がアップデートされました。
内容は下記の通りとなります。
機能のアップデートにあたりプログラムをダウンロードしていただく等の作業
は必要ありません。アップデートが完了後にRefWorksにアクセスしていただく
だけで最新の機能でRefWorksをご利用いただけます。

■全般的な新機能とアップデート
【検索式の保存機能】
詳細検索(ツールバーの「検索」→「詳細検索」)において検索式の保存が可能
になりました。
繰り返し使用する検索式を簡単に保存することができます。
詳細検索画面で検索式を作成し、名前(Search Name)をつけて「Save」ボタン
をクリックするだけです。

【日本語情報のソート機能の改善について】
改善のご要望を多数いただいておりました日本語のソート機能が一部改良され
ました。Windows上でRefWorksをお使いのユーザーは日本語の一部(ひらがな、
カタカナ)のソート機能をご利用いただけます。
現在Language/Locale【*日本語インターフェースではデフォルト言語(地域)】
を日本語に設定している方はツールバーの「ツール」→「カスタマイズ化」で
一時的にデフォルト言語を日本以外に設定し、再度設定を日本語に直す必要が
あります。

【OpenURLリンクリゾルバー文字化け問題の解消】
Internet Explorerを使用してRefWorksからリンクリゾルバー等のOpenURLで
書誌情報を書き出す際、日本語の情報が文字化けする問題が発生しておりまし
たが、今回のアップデートで文字化けが解消されました。


■RefShareのアップデート
-共有フォルダ/データベース上からリンクリゾルバーを利用

RefShareへアクセスしてきたユーザーの所属機関がWorldCat Registryに参加
していれば図書館を通じて提供される全文記事やその他利用可能なオンライン
情報にアクセスすることができるようになります。

この機能はフォルダやデータベースの共有設定をしているユーザーなら誰でも
利用可能です。所属機関が他のOpenURLリンクリゾルバーを利用しているか
どうかなどは関係なくご利用いただけます。
「共有フォルダのオプション」画面にあらたに「OpenURL」というドロップ
ダウンから選択する項目が追加されていますので、そちらからNo OpenURL,
Site Defined OpenURL, WorldCat OpenURL Providerのいずれかから選択して
設定します。

参考)
No OpenURL−リゾルバー設定なし
Cite Defined OpenURL−所属機関がRefWorksに設定しているOpenURLリンク
リゾルバー

その他のアップデート情報はサンメディアHPでご確認下さい。
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/refworks/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】《医中誌Web》医学中央雑誌ユーザー会のご案内
────────────────────────────────────
医学中央雑誌刊行会主催の、ユーザー会が4年ぶりに開催されます。
今後の医中誌Webのサービス展開についてのご案内や、またユーザー会終了後
には懇談会も開催されます。

当日の詳しいご案内やお申込み方法につきましては、医中誌Webホームページ
や、ご契約担当者の方へは電子メールなどで追ってご案内されます。
「e-Port UpDate」でも随時ご案内いたします。

開催日時、場所は下記の通りです。

東京大阪会場では、医療情報の提供について造詣の深い先生による講演を予定
しております。

皆様、ぜひご参加ください。

<東京>
日時:平成21年7月3日(金)13:30〜17:00
会場:ホテルグランドパレス
講演:門川俊明先生 (慶應大学医学部内科)
http://www.grandpalace.co.jp/access/top.html

<名古屋>
日時:平成21年7月8日(水)14:30〜17:00
会場:名鉄ニューグランドホテル
http://www.meitetsu-gh.co.jp/ngh/access/index.html

<札幌>
日時:平成21年7月10日(金)14:30〜17:00
会場:札幌アスペンホテル
http://www.aspen-hotel.co.jp

<福岡>
日時:平成21年7月15日(水)14:30〜17:00
会場:ホテルセントラーザ博多
http://www.centraza.com/html/access/index.html

<大阪>
日時:平成21年7月16日(木)13:30〜17:00
会場:新大阪ワシントンホテルプラザ
講演:讃岐美智義先生(広島大学大学院医歯薬学総合研究科)
http://shinosaka.wh-at.com/access/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】《JDreamII》無料研修会のご案内
────────────────────────────────────
2009年3月、4月の無料研修会のお申込みを受け付けております。
(主催:科学技術振興機構)

東京、大阪以外にも、名古屋、岡山でも開催されます。
一人一台のPCをご用意し、実習形式の開催となります。

すでにご利用の方も、これからのご利用をご検討中の方も、この機会に
お気軽にご参加ください。

http://pr.jst.go.jp/training/jdream2.html



──────────────────────────────────── 
■担当より
モスバーガーのトレーに乗っているクロスワードパズルを、食べながら解くの
が好きです。
じつはJDreamIIにもクロスワードパズルがあります。
「「糖尿病」をシソーラス用語で頻度分析して2番目に出てくるのは?」など、
マニアック(?)な質問が並んでいます。よく出来ているな〜と感心してしまい
ます。ハンバーガー片手に仕事の息抜きを…とはならず、
真剣にハマってしまうかもしれません。

JDreamニュース No.018
http://pr.jst.go.jp/jdreamnews/html/200902/vol18.html#06

JDreamニュース バックナンバーはこちら
http://pr.jst.go.jp/jdreamnews/
(前田)



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止をご希望の方はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/qm5al3o92ihPZUGp/
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2009 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


投稿日時: 2009-02-16 19:02:01 (1982 ヒット)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.22 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2009/2/16


◎コンテンツ◎
【 1 】Elsevierが論文著者向け新サービス『CiteAlert』を開始
【 2 】JSTORとIthakaが合併
【 3 】EBSCOがSalem Press社を買収
【 4 】ケンブリッジ大学出版会が印刷事業の見直しを発表
【 5 】デジタルリポジトリサービスに於ける図書館の役割についての報告書
が公表
【 6 】STM出版市場の2008年成長率3.8%を記録
【 7 】科学者のソーシャルメディア利用状況の実態
【 8 】Nature Publishing Groupがオープンアクセス出版対象誌を拡大
【 9 】オープンアクセス出版は経済的
【 10 】BioOneが新たなプラットフォームを公開


+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】Elsevierが論文著者向け新サービス『CiteAlert』を開始
http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_01115
一年間の試験運用を経て、Elsevier社が論文著者向け新サービス
『CiteAlert』の運用を開始した。同社が提供するScopusに採録されている
著者が対象で、研究者は自著論文が同社ジャーナル上で新たに引用された際に
自動アラート(毎週配信)を受信できるようになる。試験運用に参加した著者
のうち半数近くが、「自著論文を引用した論文は初めて知るもので、研究
テーマも関連する」と応えており、運用開始後の反応は概ね良好という。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】JSTORとIthakaが合併
http://www.ithaka.org/about-ithaka/announcements/ithaka-and-jstor-merge-uniting-efforts-to-serve-the-scholarly-community
JSTOR (www.jstor.org)とIthaka (www.ithaka.org)が合併を発表した。合併後
の組織名は『Ithaka』となる。JSTORは1995年にAndrew W. Mellon財団に
よって設立され、IthakaはJSTOR創立者であるKevin Guthrie氏により、Mellon
財団を初めとする各種団体の支援を受けて2003年に立ち上げられた。設立背景
や活動理念を共有し、AlukaのJSTORへの統合など共同プロジェクトをすでに
開始している両社の合併は、両社共に「自然な流れ」としている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】EBSCOがSalem Press社を買収
http://www2.ebsco.com/EN-US/NEWSCENTER/Pages/ViewArticle.aspx?QSID=268
EBSCO Publishing(www.ebscohost.com)が、Salem Press社
(http://salempress.com)の買収を発表した。Salem Press社は、"Magill
Choice"や"Masterplots"シリーズなど質の高い参考図書やデータベースの
出版で知られ、同社が作成するコンテンツはこれまでにもEBSCOHost上で長年
提供されてきている。今回の買収により、EBSCO社はSalem Press社が強みと
する文学、歴史、消費者の保健や健康に関する分野をさらに強化するものと
みられる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】ケンブリッジ大学出版会が印刷事業の見直しを発表
http://www.knowledgespeak.com/newsArchieveview.asp?intMonth=1&intYear=2009
(27 Jan 2009)
ケンブリッジ大学出版会(CUP)が、同社の欧州市場における印刷事業を担う
Cambridge Printing Services,Ltd (CPSL)のリストラ策を発表した。採算が
厳しいCPSLの約3分の2を削減し、英国の教育出版事業においても同様の
リストラ策が予定されている模様。今年の図書予算減少を見込んでの同様の
動きとして、オックスフォード大学出版会が全米の従業員数8.5%にあたる
60名の人員削減を発表している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】デジタルリポジトリサービスに於ける図書館の役割についての報告書
が公表
http://www.arl.org/news/pr/repositories-3feb09.shtml
米ARLタスクフォース 米研究図書館協会(ARL)の下に組織された
"デジタルリポジトリ問題に関するタスクフォース"が最終報告書
『The Research Library's Role in Digital Repository Services』を発表
した。報告書は、リポジトリに関わる技術やコンテンツではなく、むしろ
リポジトリ開発をめぐる傾向や取り組み、またARLや加盟館が率先して果たす
べき役割や活動などリポジトリをめぐる動向の全体像について述べている。
報告書は、http://www.arl.org/bm~doc/repository-services-report.pdf
から入手できる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】STM出版市場の2008年成長率3.8%を記録
http://www.knowledgespeak.com/newsArchieveview.asp?intMonth=2&intYear=2009
Simba Information社報告(02 Feb 2009)
情報・メディア産業の調査・分析を行うSimba Information社
(http://www.simbainformation.com/)が、市場レポートを発表した。報告書は、
昨年のSTM出版業界全体の成長率は3.8%(前年比-1.5%)で総額160億USドル
を記録し、特にA&I/オンラインサービスが他のコンテンツ部門と比べて著しく
成長した(+6.1%)としている。また同報告書によると、医学系出版部門は2006-
2008年で+4.1%拡大しているものの、昨年末に下落、世界的不況を受けて今後
も低成長率が続くと予測している。今回の分析は学術出版業界市場全体を対象
とした調査の一環として行われたもので、調査結果は"Global Legal &
Business Publishing2008-2009"と"Global Professional Publishing 2008-
2009"に収められており、同社ウェブサイトから購入できる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】科学者のソーシャルメディア利用状況の実態
http://www.researchandmarkets.com/reportinfo.asp?cat_id=0&report_id=682479&q=The%20Brave%20New%20World%20of%20Scientific%20Publishing&p=1
Research and Markets社報告
アイルランドの市場調査企業Research and Markets社が『The Brave New
World of Scientific Publishing』と題する報告書を発表している。元来、
学会など同類の研究者の集うコミュニティとの繋がりを求めてきた科学者が、
今ではディスカッションボードやブログ、wikis、ビデオやポッドキャスト
など様々なソーシャルメディアを活用して横との繋がりを広げようとしている。
今や情報業界の標準となった『Web2.0』と総称される現象に研究者が何を求め、
期待しているのか。報告書は、昨年5月末に1,500人以上の科学者を対象に
BioInformatics社が実施したオンラインアンケート調査に基づき、その実態を
浮き彫りにしている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 8 】Nature Publishing Groupがオープンアクセス出版対象誌を拡大
http://www.nature.com/press_releases/greengold.html
オープンアクセス出版に関し、Nature Publishing Group
(NPG; www.nature.com)が2009年からさらに門戸を広げている。今年1月より
新たにMolecular Therapy、Cancer Gene TherapyなどNPGジャーナル11誌に
オープンアクセス出版の選択肢(Green: セルフアーカイビング、またはGold:
出版費負担)が設けられるようになった。合わせてセルフアーカイビングを
手助けするツールとしてNPGが提供しているManuscript Deposition Service
も現在では43誌にまで拡大している。(参加ジャーナルの一覧は
www.nature.com/authors/author_services/deposition.htmlで閲覧可能)

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 9 】オープンアクセス出版は経済的
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2009/01/houghton.aspx
英国JISC調査
英国のJoint Information Systems Committee (JISC)が、学術論文における
新たな出版モデルの経済・社会的意義を調査する研究プロジェクトを立ち上げ、
その結果を報告した。調査はJohm Hougton(豪ヴィクトリア大)、Charles
Oppenheim(英ラフバラ大学)両教授によって率いられ、3つのモデル(読者
負担型、OA著者負担型、OAセルフアーカイビング型)を基準に実施された。
調査結果として、オープンアクセス(OA)出版によってさらに多くの研究成果が
共有されれば、高等教育セクターだけでも何百万ポンドもの大金が節約できる
と試算している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 10 】BioOneが新たなプラットフォームを公開
http://www.bioone.org/action/showStoryContent?doi=10.1637%2Fnews.2009.01.28.28
数々の新機能を取り揃えたBioOneプラットフォーム(www.bioone.org)が新規
公開された。今回新たに追加されたMy BioOneと呼ばれる機能では、検索式や
お気に入りジャーナルの保存、アラート、論文記事や雑誌レベルでのRSS Feed、
関連記事・著者検索、無料リンクなど、ユーザーが様々な個人設定を行える
ようになっている。



┏〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜┓
編集後記
米国の現代文学を代表する作家ジョン・アップダイク氏が死去した。代表作
として知られる『走れウサギ』を読んだのは10年以上前。お気楽身分の学生
には、中産階級の日常的悲哀を描いた作品で知られる同氏の小説を味わうには
まだ蒼かったけど、今読み直せば少しは楽しめるか・・・。そう思うと、読む
時代や心理状況に応じて同じ本を何度も味わうことのできる読書とは誠に経済
的な活動だ。出版社には嬉しくない客だけど。 ところで、J.D.サリンジャー
はまだ生きているのか。どなたかご存知であれば教えてください。(S.S.)
┗〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜┛



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止をご希望の方はこちら
https://ssl.formman.com/form/pc/qm5al3o92ihPZUGp/
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2009 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.
────────────────────────────────────┘


« 1 ... 8 9 10 (11) 12 13 14 ... 25 »

カテゴリ表示[ニュース]
サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール