| RSS |
  
投稿日時: 2007-03-26 11:54:00 (2230 ヒット)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.3 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2007/3/26
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎コンテンツ◎

■出版社関連■
【 1 】ロンドン王立協会、CrossRefにバックファイルの登録
【 2 】McGraw Hill、AccessEmergencyMedicineサービス開始
【 3 】FDC Reports、PharmAsia Newsを無料公開
【 4 】Wiley社、会社創立200年記念を迎える
【 5 】Springer、eBook数15,000冊目に到る
【 6 】Wiley社、ニューヨーク公共図書館にオンライン査読雑誌公開
【 7 】STM出版社連盟でブリュッセル宣言
【 8 】NPG、AstraZeneca共同でNature Chinaを発足
【 9 】AAP、著作権侵害に関するレポート提出
【 10 】Reed Elsevier、Harcourt Education部門を売却の姿勢
【 11 】非営利出版社連盟が、政府の関与に反対の表明

■オープンアクセス関係■
【 1 】英国図書館、米エネルギー省と協力
【 2 】欧州委員会のオープンアクセス政策支援に1万人以上がサイン
【 3 】ASCB、「学術文献公共アクセスに関する声明書」発表

■図書館関係■
【 1 】プリンストン大学図書館、Googleの図書館プロジェクトに参加
【 2 】CISTI、eBookローンサービス今年の冬から開始予定
【 3 】英国図書館、予算カットの可能性

■中間業者関係■
【 1 】CSA、Proquest Information & Learningの買収を終え、新会社設立
【 2 】Thomson Scientific、Dialog Classic刷新
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■出版社関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】ロンドン王立協会、CrossRefにバックファイルの登録
http://www.crossref.org/01company/pr/press012207.htm
世界で最も古い学会であるロンドン王立協会(The Royal Society)では同学
会出版雑誌バックファイルのすべてをCrossRefに登録終了したと発表した。El
sevier、Springer、Sage、Kluwer、Wileyも同様にジャーナルアーカイブすべ
てをCrossRefに登録済みだ。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】McGraw Hill、AccessEmergencyMedicineサービス開始
http://www.accessem.com/public/about_aem.aspx
McGraw HillではAccessMedicineシリーズの一つとして、AccessEmergency Med
icineのオンラインサービスを開始した。当サービスを通じて同社が刊行する
参考図書にアクセスできる他、イラストやイメージなどはマルチメディアを応
用している。またこのサービスでは救急部における具体的な臨床手続き等の教
育ビデオも利用できる

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】FDC Reports、PharmAsia Newsを無料公開
http://www.fdcreports.com/pr/pr012507_pan.htm
http://www.pharmasianews.com/
FDC Report,Incではアジアの製薬や薬事行政ニュースの場であるPharmAsia Ne
wsのベータ版を無料公開した。このサイトでは中国、インド、日本における主
な開発のアップデートやニュース要約が週ごとに提供される。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】Wiley社、会社創立200年記念を迎える
http://www.wiley.com/WileyCDA/Section/id-301452,newsId-2290.html
Wiley社は数々の戦争を経て今年に至り会社創立200周年記念を迎えたと発表した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】Springer、eBook数15,000冊目に到る
http://www.springer-sbm.de/index.php?id=291&backPID=132&L=0&tx_tnc_news=3107&cHash=3dd90813ca
Springer社では2006年末でeBook数が15,000冊に達したと発表。同社のeBookコ
レクションは2006年のロンドンオンラインでBest STM Information Productの
賞を授与している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】Wiley社、ニューヨーク公共図書館にオンライン査読雑誌公開
http://www.wiley.com/WileyCDA/Section/id-301452,newsId-2293.html
ニューヨーク公共図書館ではすでにWiley InterScienceの68誌をオンライン購
読していたが、今回新たに239誌を追加契約することになった。Wiley InterSc
ienceの提供は北米ではほぼ大学と企業図書館に限られていたため、今回の試
験的提供を通じて、ジャーナルコンテンツがどんな利用者層にどの程度アクセ
スされるのか統計をとる予定。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】STM出版社連盟でブリュッセル宣言
http://www.stm-assoc.org/home/publishers-launch-brussels-declaration.html
2月15日から16日にかけて欧州委員会主催による会議「欧州研究領域における
学術出版―デジタル時代におけるアクセス、流通、保存」が催されるが、それ
に先立って35出版社と8出版社協会連盟によりSTM学術出版に関する10原則が
宣言された。それらを要約すると、1.ビジネスモデルは自己維持ができるも
のでなくてはならない、2.査読過程の維持、3.学術コミュニティーのため
の雑誌出版、4.出版社ライセンスにより研究成果へのアクセス向上、5.著
作権による著者と出版社の権利を保護、6.アーカイブは権利が保護されたも
のでなくてはならない、7.未加工の研究データは無料公開されてしかるべし、
8.どんな形態の出版であれコストは付きもの、9.出版社受領草稿の機関リ
ポジトリでの公開は出版社の購読収入を損なう、10.『One size fits all』
(全てに画一的な基準を設ける)ような方法は、学術出版にそぐわない。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 8 】NPG、AstraZeneca共同でNature Chinaを発足
http://www.nature.com/press_releases/Nature_China_launches.pdf
http://www.nature.com/nchina/index.html
Nature Publishing GroupとAstraZeneca社共同にて今回Nature Chinaというウ
ェブサイトを公開したが、目的は、中国本土と香港で出版された科学全般並び
に医学関連の研究成果を、1ポータルサイトに集中して焦点を当てようという
もの。Nature Chinaの編集者は最新の研究成果からベストのものを選択しその
要約を提供する。ThomsonのISIデータベースに拠れば中国が産出する論文数過
去10年間では年間1万から8万に達し、イギリスや日本レベルになったとのこと。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 9 】AAP、著作権侵害に関するレポート提出
http://www.publishers.org/press/releases.cfm?PressReleaseArticleID=371
http://www.iipa.com/
知的財産関連の米国業界団体IIPA(International Intellectual Property Al
liance)の1メンバーであるAAP(Associatio of American Publishers)では他
の6メンバーと共同で米国通商代表部に対して、世界における著作権侵害のレ
ポートを提出した。米国通商代表部では毎年春に世界における著作権保護に関
する検閲をする法的義務があり、このレポートはそれに先駆けて準備されてい
る。同レポートでは著作権侵害率の高い61ヶ国及び領土に焦点を当て、その内
47ヶ国をウォッチリストに含めるよう勧告。その中でとりわけ優先順位が高い
17ヶ国として、中国、インド、ロシア、メキシコ、エジプト、サウジアラビア、
タイ、トルコ、カナダなどを挙げている。企業規模での複写、違法印刷、テキ
ストの不法な翻訳とCD焼付けにより、AAPでは、アメリカの書籍出版社の200
6年損害額は5億8250万ドルと推定している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 10 】Reed Elsevier、Harcourt Education部門を売却の姿勢
http://today.reuters.com/news/articleinvesting.aspx?view=CN&storyID=2007-02-15T093919Z_01_L15692771_RTRIDST_0_REED-RESULTS-UPDATE-3.XML&rpc=66&type=qcna
http://www.reedelsevier.com/index.cfm?articleid=2010
2006年の収益の予備結果を出したばかりのReed Elsevierでは、その教育部門
であるHarcourt Educationを売却する意向であることを表明、その理由は市場
が急速に伸びている法律関係とSTMの電子出版に集中するため。Kluwer,
Thomsonに次いで、学術出版社の教育部門売却が相次いでいる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 11 】非営利出版社連盟が、政府の関与に反対の表明
http://www.dcprinciples.org/press/2.htm
非営利出版社75連盟は、公的資金補助による研究成果を6ヶ月以内に無料公
開すべしというFRPAA法案(Federal Research Public Access Act)に対して、
そのような法的義務により伝統的な出版社の役割、出版の財政的な維持と情報
の散布の微妙なバランスを崩すことになると反対表明を行った。

■オープンアクセス関係■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】英国図書館、米エネルギー省と協力
http://www.bl.uk/news/2007/pressrelease20070125.html
米国エネルギー省と英国図書館は協力して、全世界のサイエンスゲートウェイ
のポータルサイトを開発する契約を交わした。これにより全世界の科学情報を
ひとつのサイトに集約するのが目的。各国にその参加を呼び求めている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】欧州委員会のオープンアクセス政策支援に1万人以上がサイン
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2007/01/news_ecpetition.aspx
欧州委員会のオープンアクセス政策を公的に採用する必要があるとして、世界
から1万人以上の科学者からそれを支持するサインが寄せられた。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】ASCB、「学術文献公共アクセスに関する声明書」発表
http://www.taxpayeraccess.org/media/Advisory07-0206.html
ASCB(Am Soc Cell Biology)は、2001年からその刊行雑誌Molecular Biology o
f the Cellで発行後2ヶ月経過後にすべての論文を無料公開しているが、同学
会では「学術文献公共アクセスに関する声明書」を出し、公的資金による研究
成果は6ヶ月以内に無料で提供されるべきだと呼びかけている

■図書館関係■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】プリンストン大学図書館、Googleの図書館プロジェクトに参加
http://www.dailyprincetonian.com/archives/2007/02/06/news/17198.shtml
Googleの図書館プロジェクトに新たにプリンストン大学図書館が参加。6年契
約にて約100万冊書籍のフルテキストがGoogle Book Searchを通して得られる
ようになる予定。ただしスキャンするのは著作権が切れたものに限られる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】CISTI、eBookローンサービス今年の冬から開始予定
http://cisti-icist.nrc-cnrc.gc.ca/media/press/ebooks_e.html
CISTIではMyiLibraryとの提携により、今年の冬からCISTIのカタログ上で確認
できたMyiLibraryの電子書籍のローンサービスを行う。価格は$25.00で借り
てから30日後にリンクが自動消滅する仕組み。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】英国図書館、予算カットの可能性
http://www.ala.org/ala/alonline/currentnews/newsarchive/2007/february2007/britcuts.cfm
1億ポンドの年間予算から7%カットが予測される英国図書館では、史上初めて
閲覧室利用に料金を徴収する可能性があると発表。加えて、開館時間の短縮、
公的展示や教育プログラムの停止、書籍や雑誌購入費用削減も提案されている。

■中間業者関係■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】CSA、Proquest Information & Learningの買収を終え、新会社設立
http://www.csa.com/news/csa-pressrelease.php
http://www.il.proquest.com/promos/product/proquestupdate.pdf
Cambridge Information GroupではProQuest Information and Learningの買
収を完了し、CIGの子会社でありメリーランド州に本拠地があるCSAとミシガン
州ベースのProQuest Information and Learningを合併して新たにProQuest-CS
Aという新会社を設立した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】Thomson Scientific、Dialog Classic刷新
http://www.dialog.com/pressroom/2007/0214207_dialogclassicweb.shtml
Thomson ScientificではDialogClassicウェブ版のインターフェイスを刷新
したと発表した。具体的に、テンプレートを用いた簡易な事後データ処理とワ
ードやエクセルでのレポート作成、グラフィックインターフェイスのアップデ
ート、サーチ・セーブ、アラートなど編集のための空欄利用、雑誌論文
等のフルテキストへのリンクサポートなど。



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.


投稿日時: 2007-02-13 11:55:00 (2491 ヒット)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.2 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2007/2/13
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎コンテンツ◎

■出版社関連■
【 1 】Cenveo,Inc.、Cadmus Communicationsを買収
【 2 】STM、「権利者不在著作物」(Orphan Works)に関する声明発表
【 3 】Karger、著者のためにAuthor's Choiceサービスを開始
【 4 】Thomson Micromedex、A.D.A.Mとの提携で医療情報提供
【 5 】Thomson、EndNote WebとISI Web of Knowledgeの統合提供開始
【 6 】Thomson、論文投稿管理ツールを初公開
【 7 】Elsevier社の学会出版プログラム、2006年には24学会と提携
【 8 】Elsevier、ScienceDirectにFAST ESP採用
【 9 】Elsevier、個別の製薬に関するフルテキスト情報を索引化したデータ
ベース紹介
【 10 】Scopus、主要な協会、商業出版社と契約
【 11 】NPG、Clinical Practice誌上でPractice Point Articleをプリント版
以前に刊行
【 12 】IEEE、電子刊行物アーカイビングにPorticoと提携
【 13 】Wiley社、病院医療学会との提携でInfoPOEMs for Hospitalists誌を
刊行

■オープンアクセス関連■
【 1 】UK PubMed Central、1月からスタート
【 2 】WindowsのLive Search Books、Bowker社Global Books in Printを選択
【 3 】JISCとその他機関共同でEC委員会にオープンアクセスの嘆願書提出

■図書館関連■
【 1 】英国図書館(BL)、出版社のためにデジタル化サービス提供
【 2 】岡山大学、ProQuestと提携して機関リポジトリー公開
【 3 】米国国立医学図書館、Vivisimoを選択
【 4 】テキサス大学オースティン分校、Google Booksに参加

■インターメディアリー関連■
【 1 】「ProQuest CSA 」社スタート
【 2 】Knovel、AIAAと共同事業
【 3 】EBSCO、Live Search AcademicをEBSCO A-toZサービスに取り込み
【 4 】EBSCO、DynaMedデータベースを通じてCME修得提供
【 5 】Swets Information Services、2007年の学術雑誌価格増加率レポート
公開
【 6 】Ingenta、2006年に40出版社加入
【 7 】CSA、学術論文の表やグラフを索引化した商品公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■出版社関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】Cenveo,Inc.、Cadmus Communicationsを買収
http://www.cadmus.com/news/pdf.asp?newsID=79BF61C0-A43E-459A-BD53-8936A067CC3C&/Cadmus%20press%20release.pdf
Cadmus Communications Corporationsは1株$24.75の価格でCenveo,Incに合併
されることに合意した。この合併によりグラフィックコミュニケーション会社
として北米で第三の規模に及ぶことになる

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】STM、「権利者不在著作物」(Orphan Works)に関する声明発表
http://www.stm-assoc.org/documents-statements-public-co/
STM(Int. Assn. for Scientific Tech. Med Publishers)では権利者が不在の
著作物に関しての声明を出し、ユーザー側では利用前に念入りに調査をする必
要があること、調査のための基準や案内を作成しておき、調査記録等を残して
おくこと、作品引用には著者名を明記すること、さらにその後権利者が発覚し
た際には十分な報酬が与えられてしかるべきとしている

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】Karger、著者のためにAuthor's Choiceサービスを開始
http://content.karger.com/services/pdf/PR_Authors_Choice_12-21-06.pdf
Kargerでは1論文あたり$2,500で著者にオープンアクセス選択を与える新サー
ビスとしてAuthor's Choiceを開始した。現在、Author's Choiceの対象誌は以
下の8誌。
Cytogenetic and Genome Research
Dementia and Geriatric Cognitive Disorders
Dermatology
Developmental Neuroscience
European Neurology
Medical Principles and Practice
Neurodegenerative Diseases
Pathobiology

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】Thomson Micromedex、A.D.A.Mとの提携で医療情報提供
http://www.thomson.com/content/pr/tsh/160062?view=Print
Thomson MicromedexではA.D.A.M,Incと提携して医療機関に対して、一般消費
者向けの健康、医薬等の情報(Consumer Health Information )を提供するこ
とを決定したと発表。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】Thomson、EndNote WebとISI Web of Knowledgeの統合提供開始
http://www.thomson.com/content/pr/sci/164002
Thomson社では、そのリファレンスツールであるEndNote WebをISI Web of K
nowledge内で利用し、必要なリファレンスをオンライン上で保存しておくこと
ができるようになったと発表。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】Thomson、論文投稿管理ツールを初公開
http://scientific.thomson.com/press/2007/8360646/
ThomsonではScholarOneのManuscript CentralとWeb of Science、EndNoteを併
用して著者の論文投稿から査読に至るプロセスを簡易化できるツールセットを
初公開した。編集者や査読者はManuscript Centralを利用してクリックひと
つでWeb of Scienceにリアルタイムで連動した引用数、関連論文レコード等
にアクセスできる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】Elsevier社の学会出版プログラム、2006年には24学会と提携
http://www.reedelsevier.com/index.cfm?articleid=1991
Elsevier社では500以上もの学協会と提携してその刊行雑誌の出版をしている
が、2006年においては米国高血圧学会を含めた24学会がこのプログラムに参加
した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 8 】Elsevier、ScienceDirectにFAST ESP採用
http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_00590
Elsevier社はScienceDirectのサーチプラットフォームとしてFAST ESPを採用、
情報検索機能がさらに充実したと発表。Elsevier社ではScopusにもこれを利用
している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 9 】Elsevier、個別の製薬に関するフルテキスト情報を索引化したデータ
ベース紹介
http://www.info.emscopes.com/news/
Elsevierでは個々の医薬品に絞りそのフルテキスト情報を索引化したデータベ
ース、Emscopesを今年の2月から公開する予定。特定の製薬情報索引により、
フルテキスト中に存在する個々の製薬情報、副作用、製薬比較、投薬法や投薬
量に関する情報までを抽出することができる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 10 】Scopus、主要な協会、商業出版社と契約
http://biz.yahoo.com/prnews/070119/ukf010.html?.v=60
ScopusはSpringer、NPG、American Physical Society、American Insitute of
Physics等、主要な協会及び商業出版社と契約し、その刊行雑誌の1巻1号から
の書誌事項をインデキシングしその抄録も加えると発表した。これにより既存
の1500万件のレコード数に新たに700万件が加わる予定。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 11 】NPG、Clinical Practice誌上でPractice Point Articleをプリント版
以前に刊行
http://www.nature.com/press_releases/NCP_adds_AOP.pdf
Nature Publishing GroupではClinical Practice誌として8タイトルを刊行し
ているが、冊子版刊行以前にオンライン上でPractice Point Articlesと題し
た臨床実践に関する論文を公開すると発表した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 12 】IEEE、電子刊行物アーカイビングにPorticoと提携
http://www.portico.org/news/011607.html
IEEEはPorticoと提携して、137の雑誌と163の会議録の電子長期保存を行うこ
とを発表した。Porticoで出版社のソースファイルを標準的なアーカイブフォ
ーマットに変換して保存している。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 13 】Wiley社、病院医療学会との提携でInfoPOEMs for Hospitalists誌を
刊行
http://www.wiley.com/WileyCDA/Section/id-301452,newsId-2287.html
http://www.infopoems.com/product/
Wiley社は病院医療学会(SHM)と提携して今年春からInfoPOEMs for Hospital
ists誌を隔月刊行し、Jounrnal of Hospital Medicine誌と一緒に送付される
予定。POEMはPatient-Oriented Evidence that Mattersの略称で、Wiley社は2
005年にInfoPOEM社を買収し、ウェブベースのサービスも提供している

■オープンアクセス関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】UK PubMed Central、1月からスタート
http://www.ukpmc.mimas.ac.uk/
PubMed CentralのミラーサイトとしてUK PubMed Centralが今年の1月から開始
の運びとなった。UKPMCはPMC International(PMCI)リポジトリネットワークの
一部をなし、米国国立医学図書館(NLM)とコンテンツを提供する出版社間の
共同事業の場である。UKPMCではUK Manuscript Submission Systemという論文
投稿(デポジット)の場を提供、UKPMCの資金援助グループから助成金を得た
研究者の論文がこれを通してデポジットされることになる。
UKの資金援助グループ機関は英国保健省、財団Wellcome Trust、医療審議会等
8機関からなり、マンチェスター大学でサーバーを管理、サービス自体は英国
図書館がその推進役となっている

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】WindowsのLive Search Books、Bowker社Global Books in Printを選択
http://www.bowker.com/press/bowker/2007_0116_bowker.htm
Microsoftでは著作権の切れた書籍をスキャンしてフルテキストを提供するサ
ービス、Live Search Books のベータ版を公開しているが、その書誌情報管理
としてBowkerのGlobal Books in Print データベースを選択した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】JISCとその他機関共同でEC委員会にオープンアクセスの嘆願書提出
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2007/01/news_petition.aspx
http://www.stm-assoc.org/home/eu-declines-stms-request-for-meeting.html
英国の情報システム合同委員会(JISC)は、オランダの高等教育支援機関(SU
RF)、ドイツ研究協会(DFG)、デンマークの電子研究図書館(DEFF)はSPARC E
uropeの支援を背後に、EC委員会に対してオープンアクセス方針に関する嘆願
書を提出した。この嘆願書は欧州共同体に対して、他の研究助成金団体の例に
ならってECが資金援助した研究成果としての学術論文を、一定の期間後にオー
プンアクセスアーカイブにデポジットすることを義務とするというもの。さら
に、ヨーロッパの研究結果をアクセス可能としそれに費やされた公的投資を最
大限に活用するための手段として、電子リポジトリ開発に関する欧州全体の方
針と実施も呼びかけている。
EC委員会では2006年1月に研究者、資金援助団体、出版社、図書館員との討議
の結果、今日における学術雑誌市場の分析レポートを刊行、その中で、「欧州
の研究開発の場にあって研究結果への流通とアクセスは欠かせない要素であ
る」とし、その改善のために幾つか勧告をしているが、今回の嘆願書はEC委員
会に対してその是認を迫ったもの。
これとは別に、STM(Int. Assn. of Scientific, Technical & Medical Publis
hers) のCEOであるMichael Mabe氏は、2月15−16日に開催されるEC主催の欧州
学術出版に関する会議に先駆けてEC委員会との会見を申し込んだが、委員会で
はこれを却下している。

■図書館関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】英国図書館(BL)、出版社のためにデジタル化サービス提供
http://www.bl.uk/news/2007/pressrelease20070103.html
英国図書館では学術雑誌のバックファイルのデジタル化を出版社に提供するサ
ービスを開始した。その顧客であるSAGE Publicationsは学術雑誌号数にして2
万冊、計200万頁のスキャンを去年から依頼しており、号数が増えた分だけ現
在では280万頁にも及んだ。出版社にすべてのバックファイルがあるとは限ら
ないので、BLに依頼すればすべて1箇所で処理できるというのがセールスポイ
ントになっている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】岡山大学、ProQuestと提携して機関リポジトリー公開
http://www.il.proquest.com/pressroom/pressrelease/07/20070112.shtml
岡山大学では2006年にProQuest と提携し、同社のサービスDigital Commonsを
利用した機関リポジトリーを公開し始めた。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】米国国立医学図書館、Vivisimoを選択
http://vivisimo.com/html/nlm-20070117
米国国立医学図書館(NLM)はその消費者向け医療情報サイトやMedlinePlusで
のサーチプラットフォームの十全化を図るためとしてVivisimoを選択。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】テキサス大学オースティン分校、Google Booksに参加
http://www.lib.utexas.edu/about/news/google/
Google Booksの図書館プロジェクトは2004年の12月に開始されたが、今回テキ
サス大学オースティン分校がこれに加わった。予定では同大学図書館から100
万冊がデジタル化される。著作権のある書物に関してはユーザー側では書誌情
報とともに所蔵先図書館或いはどこで購入できるかという情報をアクセスでき
る。デジタル化を希望しない著者ないし出版社はこの企画から除外される。

■インターメディアリー関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】「ProQuest CSA 」社スタート
http://www.il.proquest.com/promos/product/proquestupdate.pdf
ProQuest社とCSA社は、正式に合併し「ProQuest CSA」社としてスタートした。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】Knovel、AIAAと共同事業
http://www.knovel.com/knovel/mediakit/pressreleases/Knovel_AIAA_Final_Release.htm
Knovel社では顧客の要望に応じて、AIAA(Am. Inst. Of Aeronautics and Ast
ronautics)とそのコンテンツに関して共同事業をおこない、航空宇宙学分野
の情報強化に取り組むことになった。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】EBSCO、Live Search AcademicをEBSCO A-toZサービスに取り込み
http://www.ebsco.com/home/whatsnew/ebsco_inst.asp
EBSCOは顧客サービスとしてLive Search AcademicをOpenURLソースとして取り
込み、顧客側ではその検索結果らかリンクリゾルバーを通してそのオンライン
リソースにリンクできるようになったと発表

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】EBSCO、DynaMedデータベースを通じてCME修得提供
http://www.ebsco.com/home/whatsnew/physicians.asp
医療関係者の継続教育目的のため、EBSCOは医学継続教育(CME)をDynaMedデー
タベースを通して継続教育の履修獲得ができるようになったと発表した。この
CMEでは米国家庭医学学会(AAFP)と米国医学協会(AMA)提供のプログラムが選
択できるようになっている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】Swets Information Services、2007年の学術雑誌価格増加率レポート
公開
http://informationservices.swets.com/web/show/id=52169
Swetsでは雑誌刊行先を世界で12地域に分け、人文学、医学、科学、社会科学、
テクノロジーの5分野において2007年の雑誌価格増加率を割り出したレポート
を公開した。調査ではできる限り出版社導入の価格増加からその割合を出そう
としているが、為替相場もそれに関連すると記している。12地域の平均上昇率
は国内価格で6.63%、国外価格で6.66%、五分野において一番上昇率が高いの
はアメリカで次にイギリス…の順になっている

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】Ingenta、2006年に40出版社加入
http://www.ingenta.com/corporate/company/news/trade/double_signings.htm
IngentaはIngentaConnectに41社加入しており、すべてその提携契約を延長し
たこと、さらに、2006年には新たに40社が加わったと発表。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】CSA、学術論文の表やグラフを索引化した商品公開
http://www.csa-japan.com/
Illustrataは、学術文献に含まれているテーブル、写真、イラストレーション、
地図、グラフなどのイメージファイルを索引化して、Webでアクセスできるよ
うにした。



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.


投稿日時: 2007-01-11 11:57:00 (2348 ヒット)



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

★★ サンメディア:e-Port World Flash No.1 ★☆★

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 2007/1/11

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
創刊にあたって

学術情報流通の世界では、新しい商品やシステムの開発、流通インフラや出版
者・流通業者の再編、出版者と著者との関係の変化、著作権のあり方について
の新しい考えや動き、図書館の役割の変化など絶えず大きな変化を遂げながら
発展しつつあります。

「e-Port World Flash」は、こういった学術情報流通の世界での動きをサンメ
ディアの視点から収集し、利用者の皆様にお知らせすることを目的に創刊され、
毎月メールニュースとして配信いたします。
お届けするニュースは、論説を加えずに出来る限り客観的な事実の報道を行う
という観点で編集されています。また、ニュースの内容についての責任は弊社
では負いませんので、各ニュースに明示されたソース先にて詳しい内容をご確
認ください。

「e-Port World Flash」がみなさまのご関心やお仕事、研究に役立つことを願
っております。

株式会社サンメディア e-Port 取締役部長 松下 茂

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎コンテンツ◎

■出版社関連■
【 1 】Oxford University Press、SIMIDと提携
【 2 】Science誌、投稿論文の虚偽防止のための査読手順上の変更を提案
【 3 】Oxford Journals、メタデータ収集にOAI-PMHの機能提供
【 4 】Wiley、過去のBook Seriesのデジタル化を2007年に着手
【 5 】Lippincott Williams & WilkinsのJournal Legacy Archive、Journals
@Ovidからアクセス可能
【 6 】Oxford Journals、PubMed Centralとの提携
【 7 】Mary Ann Liebert社、世界エイズデーにちなんで2雑誌無料公開
【 8 】Thomson Micromedex、PDAを通して医薬情報提供
【 9 】NPG、2オンラインリソースを無料提供
【 10 】Scirus、香港大学と提携
【 11 】Nature誌、Open Peer Review実験中断に決定

■オープンアクセス関連■
【 1 】BioMed Central、Chinese MedicineをOA刊行
【 2 】カナダ保険研究機構(CIHR)のオープンアクセス方針草稿
【 3 】BioMed Central、オンライン査読雑誌、Journal of Medical Case Rep
ortsを2007年より刊行予定
【 4 】アメリカ心理学会、刊行雑誌のアーカイブ化にPorticoと契約

■図書館関連■
【 1 】TIB、FIZ Chemieと協力してマルチメディアのアーカイブ化を目指す
【 2 】JISCとBecta、英国アクセス管理連盟を確立
【 3 】米国図書館協会会長、12月14日の国家顧問委員会会議でEPA図書館閉鎖
の影響について言及
【 4 】Information Access Alliance、Wiley社のBlackwell Pulblishing買収
に異議申し立て
【 5 】大英図書館、Gowers Review of Intellectural Propertyの見解に賛同

■インターメディアリー/アグリゲーター関連■
【 1 】ProQuest社、Information & Learning部門(PQIL)を売却。CIG、ProQue
st Information & Learning を220億ドルで買収
【 2 】IngentaConnect,さらに8出版社と契約
【 3 】Ex Libris社、CCS GmbH社と提携して図書館のデジタルコレクションに
貢献
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■出版社関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】Oxford University Press、SIMIDと提携
http://www.oxfordjournals.org/news/2006/11/23/document_delivery_oxford_univer/document_delivery_oxford_univer.html
https://www.simid.org/smdshop/home.do
Oxford University PressではスイスのアグリゲータであるSIMIDと提携して、
幾つかの医学雑誌からのフルテキストをSIMIDから提供することを決定した。
SIMIDでは提携医学出版社からの雑誌論文書誌事項の無料サーチができ、エン
ドユーザーは各論文の要約をみて、それを購入するかどうかの選択ができる。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】Science誌、投稿論文の虚偽防止のための査読手順上の変更を提案
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2006-11/aaft-cro112806.php
Science誌に掲載された韓国ソウル大のファン・ウソク教授のクローン卵子由
来の幹細胞に関する記事捏造といった問題が今後生じないようにと、肝細胞の
トップ研究者、Science誌、Nature誌の編集者6名からなる委員会が結成された。
その結果、1.リスクの高い論文を見分ける手順の確立、2.著者及び共著者
全員の役割と貢献を明確にすること、3.1次データをもっと出版すること、
4.Nature誌のような著名な雑誌と協力して或る基準を設けること、が助言さ
れた。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】Oxford Journals、メタデータ収集にOAI-PMHの機能提供
http://www.oxfordjournals.org/news/2006/11/27/oxford_journals_offers_faster_an/oxford_journals_offers_faster_an.htmlOxford
Journalsでは出版する180誌名対象に、その抄録やメタデータはメタデータ・
ハーベスティング・プロトコル(The Open Archives Initiative Protocol fo
r Metadata Harvesting (OAI-PMH))を利用して収集できるようになったと発
表を行った。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】Wiley、過去のBook Seriesのデジタル化を2007年に着手
http://www.wiley.com/WileyCDA/Section/id-101310,newsId-2281.html
John Wiley & Sons社ではWiley Interscienceプラットフォーム上で、21に
わたる書籍シリーズ、全750巻を2007年にデジタル化する意図を表明した。そ
の理由は同社が提供するOnlineBooksのフルテキストダウンロード数が劇的に
増加しているためである。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】Lippincott Williams & WilkinsのJournal Legacy Archive、Journals@Ovidか らアクセス可能
http://www.ovid.com/site/about/press_release2006-11-28.jsp?top=42&mid=52
LWW Journal Legacy Archiveは同社刊行の雑誌、1巻1号から1999年まで計3万5
千号数からの100万論文をデジタル化したものだが、Journals@Ovid.を通じて
アクセスできるようになった。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 6 】Oxford Journals、PubMed Centralとの提携
http://www.oxfordjournals.org/news/2006/11/28/new_open_access_agreement_for_ox/new_open_access_agreement_for_ox.html
これまでOxford Openに参加した著者の論文はセルフアーカイブか機関リポジ
トリにデポジットされるだけだったが、今回NLMとの契約の結果、Oxford Jour
nalsから直接PubMed Centralに出版後まもなくデポジットされることに変更さ
れた。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 7 】Mary Ann Liebert社、世界エイズデーにちなんで2雑誌無料公開
http://www.liebertpub.com/prdetails.aspx?pr_id=538
12月1日の世界エイズデーにちなみ、Mary Ann Liebert社では同社が刊行する
エイズ関連2誌、AIDS Patient Care and STDsとAIDS Research and Human Ret
rovirusesをオンライン上で12月一杯無料公開すると発表した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 8 】Thomson Micromedex、PDAを通して医薬情報提供
http://www.thomson.com/content/pr/tsh/Launch_of_TCX
Thomson MicromedexではPDA(携帯情報端末)用に開発したソフトC
linical Xpertを無料提供し、同社が提供するPDR(Physician's Des
k Reference)からの医薬情報に医療関係者が自由にアクセスできる
ことを実現した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 9 】NPG、2オンラインリソースを無料提供
http://www.nature.com/press_releases/NPG_gateways_launches.pdf
Nature Publishing Groupでは学術機関と協力の上、今回、ふたつのオンライ
ンリソースの無料提供を開始した。ひとつは糖鎖科学コンソーシアムとの提携
で打ち立てたThe Functional Glycomics Gateway、もうひとつは米国国立癌研
究所との協力によるPathway Interaction Database

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 10 】Scirus、香港大学と提携
http://www.elsevier.com/wps/find/authored_newsitem.cws_home/companynews05_00579
Scirusでは香港大学と提携して、その学位論文オンライン(HKUTO)とオンライ
ンフルテキスト12,000を含む機関リポジトリを索引化することになった。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 11 】Nature誌、Open Peer Review実験中断に決定
http://www.nature.com/nature/peerreview/debate/nature05535.html
Nature誌では今年の6月1日から実験としてOpen Peer Reviewを試みてきたが、
少数を除いて参加者が少なかったため、その試みを中断することに決定した。

■オープンアクセス関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】BioMed Central、Chinese MedicineをOA刊行
http://www.biomedcentral.com/info/about/pr-releases?pr=20061123
BioMed Centralでは国際中国医学協会と提携して、その公式刊行雑誌であるCh
inese Medicineをオープンアクセス、査読誌として出版することを公表した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】カナダ保険研究機構(CIHR)のオープンアクセス方針草稿
http://www.cihr-irsc.gc.ca/e/32326.html
http://www.medicalnewstoday.com/medicalnews.php?newsid=57671&nfid=rssfeeds
カナダ保険研究機構(CIHR)が作成したOA方針草稿を、SPARCとCARL(カナダ研
究図書館協会)が指示する表明を行った。この方針に拠れば、CIHRが資金援助
した研究結果としての査読論文は、刊行後すぐにPubMed Cenralや機関リポジ
トリ等にデポジットする必要があるというもの。出版社のアクセス禁止期間は
6ヶ月以内であれば、許容できるとしている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】BioMed Central、オンライン査読雑誌、Journal of Medical Case Rep
ortsを2007年より刊行予定
http://www.biomedcentral.com/info/about/pr-releases?pr=20061206
BioMed Centralでは2007年より新しい査読雑誌、Journal of Medical Care Re
portsを刊行する予定だが、この雑誌は症例報告に出版が限られ、世界ではじ
めての試みとなる

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】アメリカ心理学会、刊行雑誌のアーカイブ化にPorticoと契約
http://www.portico.org/news/120506.html
アメリカ心理学会(American Psychological Association)では、同学会が出
版する雑誌のアーカイブ化のためにPorticoと契約を行った。APA雑誌を加える
と、Portocoアーカイブの雑誌数は5,300誌名に及んだことになる

■図書館関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】TIB、FIZ Chemieと協力してマルチメディアのアーカイブ化を目指す
http://www.fiz-chemie.de/en/aktuelles/pm/2006-11-23.html
TIB(German National Library of Science and Technology)とFIZ Chemie(G
erman Chemistry Information Centre)は、マルチメディアのアーカイブ化の
協力体制を行っていくことに決定した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】JISCとBecta、英国アクセス管理連盟を確立
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2006/11/news_federation.aspx
イギリスのJISCとBecta では共同で英国アクセス管理連盟を確立し、コンテン
ツプロバイダーごとのIDとパスワード設定を単一化できるユーザー認証シス
テムであるShibbolethを、高等教育機関(HE)と継続教育機関(FE)に導入し
ていくつもりであることを表明した。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】米国図書館協会会長、12月14日の国家顧問委員会会議でEPA図書館閉鎖
の影響について言及
http://www.ala.org/Template.cfm?Section=pressreleases&template=/contentmanagement/contentdisplay.cfm&ContentID=144749
米国図書館協会会長であるLeslie Burger女史は、12月14日開催の国家顧問委
員会会議の場で、EPA図書館が閉鎖がもたらす影響力について語る予定だ。200
7年度の予算案では、EPA図書館ネットワークはこれまでの予算額の80%である2
億ドルがカットされることになり、いくつかのEPA図書館は閉館を余儀なくさ
れている

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 4 】Information Access Alliance、Wiley社のBlackwell Pulblishing買収
に異議申し立て
http://www.informationaccess.org/wiley.blackwell.pdf
SPARCを筆頭に、米国を代表する7図書館協会からなるInformation Access Al
lianceでは、Wiley社のBlackwell社買収によりSTM雑誌価格が高騰化するとし
て、米国司法省への異議申し立て書簡を公開した

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 5 】大英図書館、Gowers Review of Intellectural Propertyの見解に賛同
http://www.bl.uk/news/2006/pressrelease20061207.html
大英図書館では英国での知的財産権に関する独立調査団がまとめた報告書であ
るGowers Review of Intellectural Propertyに対して賛同の意を表した。大
英図書館では以下の6ポイントに関してもっと具体的な勧告を期待している。
1.デジタルだからといって変わりはないこと、2.フェアユース、3.アー
カイブする権利、4.コピーライトの期限、5.著作権者不明の作品、6.未
出版作品

■インターメディアリー/アグリゲーター関連■
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 1 】ProQuest社、Information & Learning部門(PQIL)を売却。CIG、ProQue
st Information & Learning を220億ドルで買収
http://www.csa.com/news/csa-pressrelease.php
http://www.proquest.co.uk/promos/product/proquestupdate.pdf
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=93447&p=irol-newsArticle&ID=942563&highlight=

ProQuest社はそのInformation & Learning 部門を、Cambridge Scientific Ab
stracts社(CSA)の親会社であるCambridge Infromation Groupに222億ドルで売
却することになったと発表。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 2 】IngentaConnect,さらに8出版社と契約
http://www.ingenta.com/corporate/company/news/trade/new_pubs_nov06.htm
IngentaConnectでは四半期に入りさらに8出版社と契約したと発表。今年の
トータルでは契約を交わした出版社数は28に及び、2005年と比較して50%も伸
びている。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
【 3 】Ex Libris社、CCS GmbH社と提携して図書館のデジタルコレクションに
貢献
http://www.exlibrisgroup.com/newsdetails.htm?nid=503
Ex Libris社は自社が提供するデジタルコンテンツのアーカイブツールであるD
igiToolを、CCS GmbH社と提携してコンテンツを高品質のデジタルフォーマッ
トに変換する商品であるdocWORKSと統合化して、図書館にサービスしていくと
発表した。



*このメールは、株式会社サンメディアe-Portのお客様に配信しております。
*配信停止のご依頼はe-portnews@sunmedia.co.jp までご連絡お願い致します。
────────────────────────────────────┐
株式会社サンメディア e-Port
http://www.sunmedia.co.jp/e-port/
e-port@sunmedia.co.jp

▼東京オフィス 
〒164-0012 東京都中野区本町3−10−3 Port91
Tel: 03-3299-1575 Fax: 03-3374-1410
▼大阪オフィス
〒541-0044 大阪市中央区伏見町2-1-1三井住友銀行高麗橋ビル5F
Tel: 06-6223-0541 Fax: 06-6223-0544

内容を変更せず出所を明記していただく限り、転載は自由です。
Copyright(C)2007 SUNMEDIA CO.,Ltd. All Rights Reserved.


« 1 ... 5 6 7 (8)

カテゴリ表示[ニュース]
サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール