社内データベース構築
db


社内データベース構築

様々なノウハウが必要とされる「社内データベース構築」
近年、お客様の製品関連情報や研究情報の社内文献データベース構築についてご相談をいただくことが増えてまいりました。社内文献データベースの構築には、関連文献情報の収集からデータ加工、インデキシング、システム構築まで様々なノウハウが必要です。

弊社ではお客様の要望をよくお聞きし、お客様にとって最も経済効果が高く、かつ利便性の高いご提案を行っております。また、併せて既存保有データのクリーニング、学術著作物の電子的保存における適切な著作権対応、検索結果からの電子ジャーナルリンクなどにより、社内データベースを起点とした新しい電子配信ソリューションの実現を目指します。

1.学術文献情報の収集(遡及検索/SDIサービス※)

検索技術者検定1級のサーチャーがご要望をお聞きし、データベース選定、検索条件、優先するポイント等をコンサルティングいたします。

※SDIサービス:Selective Dissmination of Information(最新文献情報提供サービス)

■情報収集のためのステップ

データソースの選定
 →JDream?、MEDLINE等の商用データベース、電子ジャーナルサイトの調査等

キーワード選定と検索条件の確定
 →事前の該当件数調査等により概算件数や、SDIでの毎月の件数の見積を作成

検索結果のデータ加工
 →ご指定形式によるデータ作成(csvファイル、Excel等)


2. インデキシング・抄録作成

医学・薬学の知識を持つ専任スタッフが、お客様の意向、索引方針、利用されるエンドユーザーの背景などを事前にインタビューし、ニーズに合わせた様々なサービスをご提案いたします。

■サービス内容

オリジナル抄録作成
 →論文からご要望に応じた日本語でのオリジナル抄録作成

インデキシング
 →ご指定の製品、テーマに特化したキーワードを付与

論文タイトルの翻訳、著者抄録より要約作成
 →論文概要を把握するためのタイトル翻訳、著者抄録からの要約を作成


3. データクリーニング

社内文献データベースシステムの変更、リプレイスの際に、既存の社内文献データベースに収録されている書誌データ等を新システムで有効にご利用いただけるよう、データクリーニングをサポートいたします。雑誌名の統一や基本情報の付加、ファイル加工等を行い、社内データの検索効率向上と有効活用をはかります。

■クリーニング対象項目

雑誌名情報
 →雑誌名の統一に加え、出版社、ISSN、DOIなどの基本情報の付与が可能

著作権情報
 →著作権管理団体、著作権料実額などの情報を付与

※雑誌マスタデータの提供(リース契約)も可能ですのでご相談ください。


4. 社内文献データベースの著作権処理

学術著作物について著作権の意識が急速に高まってきており、社内文献データベースに関する著作権処理のご要望を多数いただいております。学術論文の活用にかかわる問題を解決します。

■サービス内容

検索結果の電子的保存
 →商用データベースの検索結果の電子的保存の許諾を取得

学術文献の電子的保存
 →著作権管理団体、権利者との交渉による「印刷目的の電子化許諾」を取得


5. システム構築

社内文献データベースのコンテンツまでを考慮し、「学術情報の有効活用」の視点に立ったシステム構築をお手伝いいたします。

■サービス内容

社内データベースの構築
 →収集したデータを既存のアプリを活用してデータベース化をサポート

学術ポータルサイト構築
 →PubMed等を活用してカスタマイズした検索画面(インターフェース)を作成

学術文献の有効活用のご提案
 →既存システムの有効活用とコンプライアンスを両立する新しいソリューション






メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール