ヘッドライン


新着リスト
血液および血液疾患を語る(22)造血幹細胞の体外増... 最新医学オンライン
V.泌尿器癌とNCCNガイドライン 癌と化学療法オンライン
院内における血液細胞処理のための指針の概要 医学のあゆみオンライン
日常診療として行われる造血幹細胞移植にかかわる細胞の処理(赤血球除去,血漿除去,凍結,解凍など)に対するガイドライン(“院内における血液細胞処理のための指針”,以下“指針”)が,わが国ではじめて作成された.この“指針”は,欧米の細胞プロセシングのガイドラインである“FACT−JACIE Standards, 3rd edition”をもとに,わが国の実情に合わせて簡素化され,作成された.この“指針”を順守することによって,細胞製剤への汚染を防ぎ,高い品質の細胞製剤を製造することができる.また,製造された細胞製剤に不備が生じた場合には原因を調査することも可能である.“指針”には細胞処理の一般的事項,赤血球除去,血漿除去,細胞の凍結などに対する作業手順書が添付され,どの施設でも利用できるように便宜が図られている.
食道癌術後13 年目に胃管気管支瘻を形成した1 例 臨床雑誌外科オンライン
薬物治療と食の相互作用 Biotherapyオンライン
薬物と食の相互作用は,大きく分けて次の3カテゴリーに分類できる。I.薬物あるいは食の有害作用が増強する場合,II.薬物あるいは食の有効作用が減弱する場合,III.薬物と食の成分が類似していて有害作用が集積する場合である。I.のメカニズムとしては,食の成分が薬物の代謝・輸送に阻害的に働き,薬物の血中濃度が増加し有害事象が起こる場合と,逆に薬物が食の成分の代謝に影響し,食の有害事象が起こる場合が知られている。また,効果標的部位において薬物と食が相乗的,相加的に作用を増強する場合もある。II.のメカニズムとしては,食の成分が薬物の消化管吸収に阻害的に働き,薬物の血中濃度が低下する場合と,食の成分が薬物の代謝を促進して薬物の血中濃度が低下する場合などがある。また,効果標的部位において食の成分が相乗的,相加的に薬物の作用を減弱する場合もある。III.の例としては,薬物,食品や健康食品などに含まれる同一ビタミンの重複摂取が問題となる場合がある。臨床上問題となるビタミンとしては,脂溶性ビタミンのビタミンAとビタミンD である。また,薬物と同類の構造をもった食の成分の同時摂取によっても,有害事象などの問題が発生することがある。
超音波ネブライザーの消毒 DO NOT&エビデンス 5 インフェクションコントロールオンライン
術前化学療法後の肝実質変化を Gd?EOB?DTPA MRI にて... Liver Cancerオンライン
糖尿病治療の新しいパラダイムシフト? インクレチン... 最新医学オンライン
DPP-4 阻害薬とGLP-1 受容体作動薬のインクレチン関連薬が日本で使用され始めた.これらの薬剤は,従来の薬剤にはなかったβ細胞保護作用やグルカゴン分泌抑制作用など,新しい薬剤効果や糖尿病の病態の本質を改善する可能性を秘めている.さらに心血管系の保護作用も期待されること,また治療に伴う低血糖が少ないことから,糖尿病治療薬として全く新しい位置を占めることが期待される.本稿では総論として,インクレチン関連薬による2型糖尿病の治療戦略を論ずる.
IV.精巣腫瘍化学療法の最新の知見 癌と化学療法オンライン
輸血関連急性肺障害(TRALI)の病態解明と対策 医学のあゆみオンライン
輸血関連急性肺障害(TRALI)は輸血に伴う重篤な副作用のひとつである.輸血に伴う副作用で死亡する患者のなかで TRALI によるものが多くを占めていることが判明してきており,対策が喫緊の課題となってきている.製剤中に含まれる白血球抗体(HLA 抗体,HNA 抗体など),活性脂質(Lyso PC)などの生理活性物質と患者側の素因が TRALI の発症に関与していることが徐々に明らかになってきている.原因のひとつである白血球抗体は経産婦の血液に含まれることが多いため,血漿成分を多く含む製剤やその一部(新鮮凍結血漿,プール血小板製剤の浮遊血漿)をできるだけ男性由来の血液から製造するという対策が,血液の供給にそれほど支障なく簡便であることから,イギリスをはじめとして欧米各国で導入され,TRALI の予防に一定の効果をあげている.日本でも血漿製剤については同様の取組みが行われつつある.しかし,血小板製剤をすべて成分献血から製造している日本では,女性由来の血小板製剤を製造しないことは血小板製剤の供給不足に陥る可能性が高く,あらたな対策が必要となってきている.
連載開始にあたって 臨床雑誌外科オンライン
家族性腫瘍研究の理念?日本家族性腫瘍学会の設立 Biotherapyオンライン
職員満足度が上がれば患者満足度もアップ!−職員健... インフェクションコントロールオンライン
胆嚢癌合併が疑われ組織診断に苦慮した多発肝腫瘤の ... Liver Cancerオンライン
糖尿病合併症とインクレチン 最新医学オンライン
III.前立腺癌治療のアップデート 癌と化学療法オンライン
輸血関連急性肺障害(TRALI)の病態解明と対策 医学のあゆみオンライン
術後5 年目に両側卵巣転移をきたした原発性小腸癌の1... 臨床雑誌外科オンライン
家族性腫瘍研究?最近の話題から 2)家族性大腸癌タ... Biotherapyオンライン
経腸栄養剤投与容器・哺乳びんの消毒 DO NOT&エビデ... インフェクションコントロールオンライン
症例検討会で感じること Liver Cancerオンライン
糖尿病とインクレチン 最新医学オンライン
II.膀胱癌(尿路上皮癌)治療のアップデート 癌と化学療法オンライン
輸血療法委員会による適正な輸血療法の推進―患者に... 医学のあゆみオンライン
血行再建を行わず動脈瘤切除のみで脾温存を試みた脾... 臨床雑誌外科オンライン
家族性腫瘍研究?最近の話題から 1)遺伝性褐色細胞... Biotherapyオンライン
目次 インフェクションコントロールオンライン
早期濃染を呈した肝内胆管癌の 1 例 Liver Cancerオンライン
序論 最新医学オンライン
I.分子標的治療の時代における腎細胞癌に対するPre... 癌と化学療法オンライン
輸血療法の有害事象の検索:ヘモビジランス―その現... 医学のあゆみオンライン
虫垂炎と腹痛 臨床雑誌外科オンライン
家族性腫瘍における遺伝カウンセリングの必要性 Biotherapyオンライン
環境・廃棄物?-先月のチャレンジ宿題の解答と解説- インフェクションコントロールオンライン
実のある症例検討会にするための病理からの依頼 Liver Cancerオンライン
メトホルミン,α-グルコシダーゼ阻害薬とインクレチ... 最新医学オンライン
高用量Toremifene投与が著効したAromatase阻害剤耐性... 癌と化学療法オンライン
輸血用血液の廃棄削減―社会の財産としての血液 医学のあゆみオンライン
緩やかな経過をとり術前診断が困難であった絞扼性イ... 臨床雑誌外科オンライン
家族性腫瘍?遺伝子診断の実施の方法と問題点 Biotherapyオンライン
環境の消毒 DO NOT&エビデンス 5 インフェクションコントロールオンライン
増大傾向を示し, 早期肝細胞癌との鑑別が困難であっ... Liver Cancerオンライン
トップランナーに聞く(1)難治性がんの撲滅を目指し... 最新医学オンライン
進行再発結腸直腸癌に対するFirst-Line Bevacizumab... 癌と化学療法オンライン
輸血実施管理体制―輸血療法に関する全国アンケート... 医学のあゆみオンライン
広範な閉塞性大腸炎を合併した食餌性イレウスの1 例 臨床雑誌外科オンライン
バフェチニブ Biotherapyオンライン
東京医療保健大学大学院 公開講座 参加レポート−感... インフェクションコントロールオンライン
原発性肝平滑筋肉腫の 1 切除例 Liver Cancerオンライン
スルホニル尿素薬とインクレチン 最新医学オンライン

サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール