ヘッドライン


New Publications are available for 最新医学
  最終更新日  
要旨 New Publications are available now online for this publication. Please follow the links to view the publication.
ウェブマスター  
カテゴリ  
作成  
言語  
血液および血液疾患を語る(22)造血幹細胞の体外増幅?iPS 細胞の応用も含めて?
糖尿病治療の新しいパラダイムシフト? インクレチン治療は糖尿病治療を変革するか?
要旨: DPP-4 阻害薬とGLP-1 受容体作動薬のインクレチン関連薬が日本で使用され始めた.これらの薬剤は,従来の薬剤にはなかったβ細胞保護作用やグルカゴン分泌抑制作用など,新しい薬剤効果や糖尿病の病態の本質を改善する可能性を秘めている.さらに心血管系の保護作用も期待されること,また治療に伴う低血糖が少ないことから,糖尿病治療薬として全く新しい位置を占めることが期待される.本稿では総論として,インクレチン関連薬による2型糖尿病の治療戦略を論ずる.
糖尿病合併症とインクレチン
要旨: 近年,インクレチン(GLP-1 およびGIP)には,膵β細胞以外の細胞あるいは組織に対する作用,すなわち膵外作用のあることが明らかになってきた.一方で,糖尿病合併症は糖尿病患者のQOL を著しく低下させる要因となっており,その新たな治療薬の開発が切望されている.本稿では,糖尿病治療薬として注目されているインクレチン関連薬が糖尿病合併症に及ぼす効果について概説したい.
糖尿病とインクレチン
要旨: 近年,DPP-4 阻害薬やGLP-1 アナログ製剤などインクレチンをターゲットとした糖尿病治療が注目されている.日本人は欧米人と比較してGLP-1 分泌が少なく,またDPP-4 によるインクレチンの不活化が亢進していることが示唆される.したがって,日本人にとってインクレチンをターゲットとした治療はより大きな効果が期待される.本稿では糖尿病患者におけるインクレチン分泌動態について,新しい知見を含めて概説する.
序論
メトホルミン,α-グルコシダーゼ阻害薬とインクレチン
要旨: 肝臓からの糖放出抑制作用を有するビグアナイド薬と,消化管よりのブドウ糖吸収を遅延させるα-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)は,ともに膵β細胞におけるインスリン分泌機構へは直接影響せず,抗糖尿病効果を発揮する.また,両薬剤は共通して内因性インクレチンホルモンの血中動態に影響を及ぼすことが示されており,メトホルミンはGLP-1 の分解を抑制し,一方でα-GI にはGIP 分泌抑制とGLP-1 分泌促進の2つの作用の存在が示唆されている.これらの薬剤の効果は,インクレチンホルモンのエンハンサーあるいはサプレッサーとして末梢ならびに中枢にて機能的に発揮されることから,インクレチン関連薬との併用療法により,糖尿病治療の効率を引き上げる可能性が期待されている.
トップランナーに聞く(1)難治性がんの撲滅を目指して
スルホニル尿素薬とインクレチン
要旨: 近年,糖尿病の新たな治療薬としてインクレチン関連薬が注目されている.インクレチンは膵β細胞のcAMP 産生を増加させることによって,プロテインキナーゼA(PKA)依存性経路およびPKA 非依存性経路を介してインスリン分泌を増強する.最近筆者らは,PKA 非依存性経路を担うEpac2A が,インスリン分泌促進薬として広く使用されているスルホニル尿素(SU)薬によって活性化されることを新たに見いだし,また,Epac2A を欠損させたマウスではSU 薬によるインスリン分泌作用や血糖降下作用が減弱することを明らかにした.これらの結果は,Epac2A がSU 薬とインクレチンの共通の作用標的であることを示している.臨床的に,多くの2型糖尿病患者に対してSU 薬とインクレチン関連薬の併用が血糖改善に効果があり,またある種の症例では重篤な低血糖を招来することも報告されていることから,Epac2A を介したインスリン分泌機構の解明は重要な課題であると考えられる.
インクレチン研究の歴史
要旨: 近年,2型糖尿病のインスリン分泌障害に対する新たな治療戦略として,「インクレチン」と呼ばれる消化管ホルモンが脚光を浴び,最近の知見の蓄積により,インクレチン関連薬として臨床応用が可能になった.我が国でも2009 年12 月にインクレチン関連薬であるDPP-4 阻害薬が初めて保険収載され,2010 年6月にはGLP-1 受容体作動薬が続いた.本稿では,インクレチンの概念と今日までの歴史について述べる.
インクレチン研究と創薬への展開

サイト内検索
採用情報
メールニュース配信登録
資料請求
メニュー

サンメディア取扱い商品




Attention

クリックして検証
当サイトはGMOグローバルサイン社発行のSSL電子証明書を使用しています。 個人情報はGMOグローバルサイン社のSSLにより保護しております。どうぞ安心してご利用ください。
SSL GMOグローバルサインのサイトシール