RefWorks:

« 2005年5月 | ホーム | 2006年1月 »

2005年8月 アップデート情報

My List
「マイリスト(My List)」は一時的なフォルダとしてレコードを保存できる機能です。(一度ログアウトするとマイリストの内容は消去されます)

通覧画面や検索結果画面などからマイリストにレコードを追加することができます。複数にわたるページからマイリストに追加する時は
次ページに移動する前にマイリストに追加してください。
レコードをリストに追加するには、「マイリストに追加する」ボタンをクリックして下さい。マイリストの内容は「通覧」から「マイリスト」を選択して見ることができます。

マイリストからも参考文献リストを作成できます。また同様にマイリストからグローバル編集やレコードの削除、レコードのエクスポートを行うことができます。

ユーザーは読み取り専用パスワードでRefWorksにアクセスした時も、マイリストを作ることができます。


Output Style Preview
「出力フォーマットプレビュー(Output Style Preview)」 はツール(Tools)からご利用いただけます。
出力フォーマットプレビューではレファレンスが文中や巻末でどのように表示されるかをユーザーのアカウントの出力形式(またはサンプル出力形式)で見ることができる。
ユーザーのアカウントの出力形式でプレビューする場合、利用可能なレファレンスタイプでサンプルが表示されます。
RefWorksのデータを利用してプレビューする場合は全てのレファレンスタイプのサンプルが表示されます。

この機能はその出力形式にどのような情報が使われているか確認するのに非常に便利です。
さらに、参考文献リストが文中や巻末にどのように表示されるかも確認できます。

Write-N-Cite for Windows (version2.0)
Write-N-Cite for Windows (version2.0)では文中の書誌や脚注をプレビュー,修正できるようになりました。
Write-N-Citeを利用中に文中に書誌を挿入した後、レファレンスをプレビューできる書誌エディタにアクセスすることができます。
さらに、下記の項目について書誌をどのように表示させるか訂正することができます。
・書誌情報全体を非表示
・著者を非表示
・出版年を非表示
・文中の書誌の前にテキストを追加
・文中の書誌の後ろにテキストを追加
・特定のページ番号を追加
  *この機能は利用しようとしている出力形式が文中の書誌や脚注にページ番号を用いている場合のみ有効です。

Miscellaneous Modifications
・グローバル編集を行うとき、フィールドのリストがアルファベット順になりました。
・ディスクリプタの追加をグローバル編集機能を用いて行うことができまるようになりました。
・Z39.50検索は一回の検索で1,000件のレコードを検索、表示させることができるようになりました。

Administrator Tool Additions
管理者機能へのリンクがメニューバーに変更されました。
管理者画面のインターフェイスがRefWorksのユーザーインターフェイスに似たものになり、使いやすくなりました。

今回のリリースでAdministrator Central を立ち上げました。ここでRefWorks管理者の方は下記の情報を得ることができます。
・管理者機能の利用
・RefWorksの広報
・ユーザーのトレーニング
・RefWorksの表示をカスタマイズ

Posted by e-port : 2005年8月 8日