学術情報ソリューションセミナー特別セッション ​語り継がれる「革新」と「伝統」 

2022年9月16日、学術情報ソリューションセミナーon the Web 特別セッションを開催いたします。
昨年度をもって国際教養大学 特任教授・図書館長をご退官されました 加藤 信哉 様と
同じく昨年度をもって国立情報学研究所 オープンサイエンス基盤研究センター 特任研究員を
ご退官されました 尾城 孝一 様のお二方にご講演いただきます。

長きにわたり図書館界、学術情報流通に貢献されたお二方のお話を伺える大変貴重な機会です。
ご講演後にはフリートークセッションを予定しております。
皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げております。
2022年9月16日、学術情報ソリューションセミナーon the Web 特別セッションを開催いたします。昨年度をもって国際教養大学 特任教授・図書館長をご退官されました 加藤 信哉 様と同じく昨年度をもって国立情報学研究所 オープンサイエンス基盤研究センター 特任研究員をご退官されました 尾城 孝一 様のお二方にご講演いただきます。 長きにわたり図書館界、学術情報流通に貢献されたお二方のお話を伺える大変貴重な機会です。ご講演後にはフリートークセッションを予定しております。皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げております。

プログラム(予定)

13:00入室開始
13:30開会、挨拶
13:35セッション1 「学術雑誌と共に歩んだ40年」
  元・国立情報学研究所 オープンサイエンス基盤研究センター 特任研究員 尾城 孝一 様
14:40セッション2 「買った,読んだ,使った:図書館関係英語資料について」
  元・国際教養大学 特任教授・図書館長 加藤 信哉 様
15:40休憩
15:45フリートークセッション
  コーディネーター 日本医学図書館協会事務局長 谷澤 滋生 様
16:50終了
13:00入室開始
13:30開会、挨拶
13:35セッション1 「学術雑誌と共に歩んだ40年」
  元・国立情報学研究所 オープンサイエンス基盤研究センター 特任研究員 尾城 孝一 様
14:40セッション2 「買った,読んだ,使った:図書館関係英語資料について」
  元・国際教養大学 特任教授・図書館長 加藤 信哉 様
15:40休憩
15:45フリートークセッション
  コーディネーター 日本医学図書館協会事務局長 谷澤 滋生 様
16:50終了
※プログラムは変更となる場合がございます。
セッション1


学術雑誌と共に歩んだ40年

紙の時代から、電子ジャーナルの登場、コンソーシアム、
オープンアクセス、機関リポジトリ、などの話題を交えて、
尾城様と学術雑誌のかかわりについてお話しをいただきます。

元・国立情報学研究所
オープンサイエンス基盤研究センター 特任研究員
尾城 孝一 様
【略歴】
1983年,名古屋大学附属図書館に採用され図書館職員としてのキャリアを開始。 その後,東京工業大学附属図書館,国立国会図書館,千葉大学附属図書館,東京大学附属図書館,国立情報学研究所(NII),大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)事務局に勤務。主として、学術雑誌に関わる仕事に携わる。2017年4月より2022年3月まで、NIIオープンアクセス基盤研究センターにて、研究データマネジメントについての調査・研究に従事。
セッション2

買った,読んだ,使った:
図書館関係英語資料について

筑波大学図書館に1976年に入職して以来,図書館に関わる主に英語の図書や雑誌を,その時々の関心や必要に応じて購入し,利用してきました.
既にその多くは手元にありませんが,それらの資料を紹介することによって46年にわたる大学図書館生活を振り返ってみます.

元・国際教養大学
特任教授・図書館長
加藤 信哉 様
【略歴】
前国際教養大学特任教授・図書館長(2016年から2022年まで).8つの国立大学図書館に40年勤務(1976年から2016年まで).筑波大学,名古屋大学,東北大学,山形大学および熊本大学の各図書館で管理職を歴任.研究分野は大学図書館運営.主な著書に『ラーニング・コモンズ:大学図書館の新しいかたち』(勁草書房),『図書館情報学を学ぶ人のために』(世界思想社)がある。国際音楽資料情報協会(IAML),日本図書館情報学会,情報知識学会,情報メディア学会,日本出版学会の各会員。

フリートークセッション コーディネーター

日本医学図書館協会 事務局長 谷澤 滋生 様
【略歴】
1979年4月、長岡技術科学大学に採用、附属図書館勤務。1985年4月、東京大学に異動、総合図書館、医学図書館、情報基盤センター等に配属。2001年4月、東邦大学に入職、習志野メディアセンターに勤務、2016年3月定年退職。2018年4月以降、日本医学図書館協会に採用、現在に至る。東京大学医学図書館では医学図書館協会、東邦大学習志野メディアセンターでは日本薬学図書館協議会の活動に参加。各勤務先では図書館システム、情報システムの開発に携わり、システム屋を自認している。

参加申し込み方法

  • 本セミナーは【Zoom】を利用したオンラインセミナーです。
  • お申込み後、接続用URLをお送りします。接続用URLはご登録者様専用のため、他の方との共有はできません。
  • 同一メールアドレスで複数名のお申込みをいただいた場合、最初にお申込みをいただいた方のみに接続用URLをお送りします。
  • ※本セミナーに関する内容を雑誌に投稿される場合は「株式会社サンメディア主催学術情報ソリューションセミナー」の記載をお願いします。